86件中 51 - 60件表示
  • 天山広吉

    天山広吉から見たG1 TAG LEAGUE

    10月13日、飯塚高史と2度目のデスマッチ、チェーン・デスマッチで激突。セコンドの介入も小島が阻止したが、飯塚にチェーンで首を絞め上げるとレフェリーが危険とみなしTKO負けを喫した。後日行われたG1 TAG LEAGUEでは小島と組み「天コジ」として挑む。初戦こそ飯塚高史、石井智宏組相手に黒星を飾るものの、その後は無傷の連勝を重ねAブロック1位通過。決勝戦で真壁刀義、矢野通組と対戦。小島の大流血、飯塚の乱入などで窮地に追い込まれたが、最後はアナコンダクロスで矢野をギブアップさせ、7年ぶり2度目の優勝を果たした。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た世界最強タッグ決定リーグ戦

    2006年はG1 CLIMAXを初日から全勝を続け、決勝で小島聡を破り3度目の優勝を果たした。そして、全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に天コジで初挑戦する。序盤は武藤敬司、川田利明組に敗れるが決勝進出決定戦でリベンジし、そして優勝を果たした。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たIWGPヘビー級王座

    その後IWGPヘビー級タイトル奪取と、これまでタッグ中心だったがシングルプレーヤーとしての確固たる地位を築いた。さらに2004年のG1 CLIMAXでは当時成長著しかった新三銃士の中邑真輔、柴田勝頼、棚橋弘至を決勝トーナメントで順に3タテして連覇を成し遂げた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たIWGPタッグ王座

    小島聡とのタッグは「天コジ」と呼ばれ、当時の日本人タッグでは日本1、2を争えるほどで、IWGPタッグ王座獲得やG1タッグリーグ戦優勝という輝かしい実績を残したが、2002年1月、小島の全日本プロレス移籍によりタッグを解消した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たボクシング

    他に適任者のいない場合、シングル王座戦線に出て獲得し、次の王者に良い試合を経て渡す役目を負うことが多い。そのため「リリーフ王者」と揶揄されることもある。しかし、角海老宝石ジムでのボクシング練習、2006年契約更改時の「嫁が怖い」と硬軟織り交ぜたアングルを展開する幅の広さを持ち、さらに今のヘビー級では数少ない受けの名手であり、危険な技も数多く受けている。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たボディビル

    京都市立北野中学校、京都府立山城高等学校卒業、学生時代にボディビルとバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂にて本名の「山本広吉」として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビュー。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たバスケットボール

    京都市立北野中学校、京都府立山城高等学校卒業、学生時代にボディビルとバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂にて本名の「山本広吉」として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビュー。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たテイクダウン

    アナコンダバイス: 2003年にカルガリー遠征中、大剛鉄之助の元で身につけた変型の腕極め式袈裟固め。この技への布石として使用されるのが、ロックボトムの形で組み付き、前にジャンプして尻餅をついて着地するアナコンダスラム。アナコンバイスをこらえ立ち上がろうとする相手を強引にテイクダウンを取る投げをアナコンダバスターという名称で知られている。また、相手の左腕を相手の首の前に巻き付けるように固定した、変形アナコンダバイスをアナコンダクロスと称されている。2011年のG1では更なる進化系(相手の片腕の手首を自らの一方の腕で掴み捻りながら、もう一方の腕を袈裟固めの要領で相手の頭部に巻きつけるように回し、そこから自らの両腕を相手の後頭部辺りで交差させるように極める)アナコンダXを披露した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た頸椎

    2007年はG・B・Hのリーダーとして軍団を引っ張っていたが5月から6月にかけ再三にわたり休場勧告。さらに昨年12月に負傷した首の状態が最悪であることも発覚した。このせいがあり、8月のG1 CLIMAXでは昨年の優勝者とは思えない不本意な成績に終わり、なおかつ越中のG・B・H脱退により本人も「もうアカン、気力だけで通用せぇへん」と休場とも思われる発言をしている。そして10月8日、かつての付き人後藤洋央紀と下克上マッチに敗北。この試合で、後藤が放った変形バックブリーカー(牛殺し)によってとうとう頸椎を損傷し長期欠場に追い込まれた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たヒール (プロレス)

    長らく「蝶野の子分」「No.2」と揶揄されてきたが、その状況を打破するために、2006年10月、真壁刀義、越中詩郎らと共に、新たなヒール軍団G・B・H(グレート・バッシュ・ヒール)を立ち上げる。ただし、前述の世界最強タッグリーグにおいてはヒールキャラを封印している。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「天山広吉」のニューストピックワード