153件中 51 - 60件表示
  • 天山広吉

    天山広吉から見たドリュー・ハンキンソン

    8月、G1に出場するも、7日の仙台大会にて対戦した内藤哲也戦で肋骨を骨折してしまい、以降の大会を欠場。KING OF PRO-WRESTLINGにて復帰戦を行い、渡辺高章とのタッグでK.E.S.と対戦したが敗戦。試合後にアーチャーからIWGPタッグ王座へ挑戦することをアピールされ、挑戦を受諾した。POWER STRUGGLEにて、IWGPタッグ王座 & NWA世界タッグチーム王座を賭けたダブルタイトルマッチで、K.E.S.、アイアンゴッズ(ロブ・コンウェイ & ジャックス・ダン)と変則3WAYマッチで対戦。IWGP王座から陥落し、さらにはNWA王座も奪取とはならなかった。同月23日、テンコジとしてWORLD TAG LEAGUE(以下「WTL」)に出場。決勝トーナメントに進出し、12月8日の準決勝戦でK.E.S.から勝利を収め、決勝戦でBULLET CLUB(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦したが、アンダーソンからピンフォール負けを喫して準優勝で終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た狼群団

    その後、越中詩郎率いる平成維震軍から再三に渡って勧誘を受け、2月12日、後楽園ホール大会昼興行にて、勧誘に対する返事を聞かせてほしいと、越中に呼び込まれる形で私服姿でリング上に登場。越中と握手をすると見せかけて、モンゴリアン・チョップを見舞い維震軍入りを拒否。直後に維震軍の一員である小原道由が現われ、そのまま小原とシングルマッチに流れ込む。試合を終始圧倒して勝利を収めた。そしてこの日のメインイベント終了後に再び姿を見せ、リング上にいる選手らを蹴散らかすと、直後に登場した蝶野正洋と結託。同日、後楽園大会夜興行にて、蝶野 & ヒロ斎藤とのトリオで長州力 & 橋本 & 平田淳嗣組と対戦し、ダイビング・ヘッドバットで長州からピンフォール勝ちを収めるという番狂わせを起こすと、蝶野 & ヒロ & サブゥーらと共に狼群団を結成。一躍してトップレスラーたちの仲間入りを果たした。以降、新日本本隊と抗争を繰り広げ、6月12日、蝶野とのタッグで、空位となったIWGPタッグ王座を賭けて橋本 & 平田組と対戦。この試合に勝利を収め、第25代王者組に戴冠。同年のプロレス大賞では蝶野と共に最優秀タッグ賞を受賞するに至った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たアントーニオ本多

    2010年11月18日、新木場1stRINGにて行われた若手選手中心の興行、NEVER.4を舞台に復帰戦を行い、アントーニオ本多と対戦。最後はアナコンダバイスで本多からギブアップ勝ちを収めた。試合後のバックステージでは感極まって号泣し、大会終了後に改めてコメントを発表。今後は全日本を退団しフリーランスとして新日本に参戦している小島聡を標的に定めることを宣言した。12月11日、NEW JAPAN ALIVE大阪府立体育会館大会にて外道とシングルマッチで対戦。アナコンダバイスで勝利を収めたが、試合後に飯塚からスリーパーホールドを極められ因縁が再燃した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たジョン・アンダーセン

    レスリングどんたく 2013にて、IWGPタッグ王座を保持するK.E.S.、挑戦者組のマッスルオーケストラ(中西学 & ストロングマン)、矢野 & 飯塚組を交えた4WAYマッチで対戦。最後は小島がストロングマンからピンフォール勝ちを収め、第62代王者組となった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たCHAOS (プロレス)

    8月、2年ぶりにG1に出場。最終戦を待たずに予選落ちが確定するも、14日の公式最終戦にて対戦した小島の決勝進出の阻ませ、さらに小島に右目眼窩底骨折の重傷を負わせて欠場へと追い込み、4勝5敗という戦績を残した。9月19日、右目の負傷から回復した小島が新日本所属選手として復帰することがアナウンスされ、その復帰戦の相手として逆指名を受ける。DESTRUCTION'11にて小島聡復帰戦と銘打たれた試合で小島と対戦するも、最後はラリアットでピンフォール負けを喫した。以降も小島と抗争を繰り広げ、POWER STRUGGLEにて小島と三度シングルマッチで対戦しムーンサルトプレスで勝利。試合終了後にまたしても飯塚による襲撃を受けたが、状況を見かねた小島が救出に入り飯塚を排除。その後、リング上で小島と言葉を交わしあい握手はしなかったものの、再結成への兆しを見せた。19日、小島の試合終了後に起きたCHAOSによる小島への執拗な袋叩きに耐え切れず救出に入る。返り討ちにした後、観衆からの「テンコジ」コールに圧される形で、小島と握手を交わした。27日、飯塚による襲撃を受ける中、救出に入った小島と共に飯塚を撃退。その後、小島からテンコジの今後について問いかけられ、遂にテンコジ再結成の意思を表した。12月4日、飯塚 & ヒデオ・サイトー組と対戦。テンコジカッターからアナコンダバイスを極めて、飯塚からギブアップを奪い、テンコジ復帰戦を勝利で飾ると、試合後のコメントでIWGPタッグ王座への挑戦をアピールした。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た平成維震軍

    その後、越中詩郎率いる平成維震軍から再三に渡って勧誘を受け、2月12日、後楽園ホール大会昼興行にて、勧誘に対する返事を聞かせてほしいと、越中に呼び込まれる形で私服姿でリング上に登場。越中と握手をすると見せかけて、モンゴリアン・チョップを見舞い維震軍入りを拒否。直後に維震軍の一員である小原道由が現われ、そのまま小原とシングルマッチに流れ込む。試合を終始圧倒して勝利を収めた。そしてこの日のメインイベント終了後に再び姿を見せ、リング上にいる選手らを蹴散らかすと、直後に登場した蝶野正洋と結託。同日、後楽園大会夜興行にて、蝶野 & ヒロ斎藤とのトリオで長州力 & 橋本 & 平田淳嗣組と対戦し、ダイビング・ヘッドバットで長州からピンフォール勝ちを収めるという番狂わせを起こすと、蝶野 & ヒロ & サブゥーらと共に狼群団を結成。一躍してトップレスラーたちの仲間入りを果たした。以降、新日本本隊と抗争を繰り広げ、6月12日、蝶野とのタッグで、空位となったIWGPタッグ王座を賭けて橋本 & 平田組と対戦。この試合に勝利を収め、第25代王者組に戴冠。同年のプロレス大賞では蝶野と共に最優秀タッグ賞を受賞するに至った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た渡辺高章

    8月、G1に出場するも、7日の仙台大会にて対戦した内藤哲也戦で肋骨を骨折してしまい、以降の大会を欠場。KING OF PRO-WRESTLINGにて復帰戦を行い、渡辺高章とのタッグでK.E.S.と対戦したが敗戦。試合後にアーチャーからIWGPタッグ王座へ挑戦することをアピールされ、挑戦を受諾した。POWER STRUGGLEにて、IWGPタッグ王座 & NWA世界タッグチーム王座を賭けたダブルタイトルマッチで、K.E.S.、アイアンゴッズ(ロブ・コンウェイ & ジャックス・ダン)と変則3WAYマッチで対戦。IWGP王座から陥落し、さらにはNWA王座も奪取とはならなかった。同月23日、テンコジとしてWORLD TAG LEAGUE(以下「WTL」)に出場。決勝トーナメントに進出し、12月8日の準決勝戦でK.E.S.から勝利を収め、決勝戦でBULLET CLUB(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦したが、アンダーソンからピンフォール負けを喫して準優勝で終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た小原道由

    その後、越中詩郎率いる平成維震軍から再三に渡って勧誘を受け、2月12日、後楽園ホール大会昼興行にて、勧誘に対する返事を聞かせてほしいと、越中に呼び込まれる形で私服姿でリング上に登場。越中と握手をすると見せかけて、モンゴリアン・チョップを見舞い維震軍入りを拒否。直後に維震軍の一員である小原道由が現われ、そのまま小原とシングルマッチに流れ込む。試合を終始圧倒して勝利を収めた。そしてこの日のメインイベント終了後に再び姿を見せ、リング上にいる選手らを蹴散らかすと、直後に登場した蝶野正洋と結託。同日、後楽園大会夜興行にて、蝶野 & ヒロ斎藤とのトリオで長州力 & 橋本 & 平田淳嗣組と対戦し、ダイビング・ヘッドバットで長州からピンフォール勝ちを収めるという番狂わせを起こすと、蝶野 & ヒロ & サブゥーらと共に狼群団を結成。一躍してトップレスラーたちの仲間入りを果たした。以降、新日本本隊と抗争を繰り広げ、6月12日、蝶野とのタッグで、空位となったIWGPタッグ王座を賭けて橋本 & 平田組と対戦。この試合に勝利を収め、第25代王者組に戴冠。同年のプロレス大賞では蝶野と共に最優秀タッグ賞を受賞するに至った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たロブ・コンウェイ

    8月、G1に出場するも、7日の仙台大会にて対戦した内藤哲也戦で肋骨を骨折してしまい、以降の大会を欠場。KING OF PRO-WRESTLINGにて復帰戦を行い、渡辺高章とのタッグでK.E.S.と対戦したが敗戦。試合後にアーチャーからIWGPタッグ王座へ挑戦することをアピールされ、挑戦を受諾した。POWER STRUGGLEにて、IWGPタッグ王座 & NWA世界タッグチーム王座を賭けたダブルタイトルマッチで、K.E.S.、アイアンゴッズ(ロブ・コンウェイ & ジャックス・ダン)と変則3WAYマッチで対戦。IWGP王座から陥落し、さらにはNWA王座も奪取とはならなかった。同月23日、テンコジとしてWORLD TAG LEAGUE(以下「WTL」)に出場。決勝トーナメントに進出し、12月8日の準決勝戦でK.E.S.から勝利を収め、決勝戦でBULLET CLUB(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦したが、アンダーソンからピンフォール負けを喫して準優勝で終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たデイビーボーイ・スミス・ジュニア

    下半期はタッグ王座を巡ってK.E.S.(ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミスJr.)を相手に抗争を展開。KING OF PRO-WRESTLINGにてK.E.S.と対戦したが小島がスミスからピンフォール負けを喫して王座から陥落。POWER STRUGGLEにて、K.E.S.と再び対戦したが、今度は自身がアーチャーからピンフォール負けを喫してしまった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「天山広吉」のニューストピックワード