天文学 ニュース&Wiki etc.

天文学(てんもんがく、英:, 独:, , 蘭: (), (), 仏:)は、天体や天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。主に位置天文学・天体力学・天体物理学などが知られている。宇宙を研究対象とする宇宙論(うちゅうろん、英:)とは深く関連するが、異なる学問である。 (出典:Wikipedia)

「天文学」Q&A

  • Q&A

    ドイツ語にしてください。 職員たちは、季節の星やさまざまな天文学の話題を取り上げま…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年11月25日 23:54

  • Q&A

    今から、16年前の2000年の頃7歳で小学校1年生の私は天文学が好きで、NHKの天体…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月25日 19:54

  • Q&A

    UFOは、ずばり実在しますか? 80年代の頃、小学生の時でしたがUFOにはまりました…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月24日 00:09

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「天文学」のつながり調べ

  • 日本教育史

    日本教育史から見た天文学

    歴史学の分野では、1657年に徳川光圀が大義名分論に基づく紀伝体の『大日本史』編纂を開始し、1906年(明治39年)に完成した。中国歴代の正史の体裁を採用した史書で幕末の尊王論に大きな影響を与えた。国文学では、真言宗の僧であった契沖が下河辺長流の影響をうけ、万葉集を初めとする古典の研究に専念し、国学の基礎を築いた。天文学の分野では、幕府の碁方であった暦学・天文学者の渋川春海(安井算哲)は平安時代以来使われていた宣明歴の誤差を、元の授時暦と天体観測によって修正した貞享暦を1684年(貞享元年)に幕府に建言して採用され、初の天文方に任命された。貞享暦にかな書きされた注は人々が生活するうえでも参考になった。数学(和算)の分野では、関孝和が筆算を創始し、円周率の研究などに業績を挙げた関流和算を完成させた。算額は、各地の和算家たちが神社に奉納した自作問題の絵馬を飾り、回答を絵馬にして答えたりした。和算の入門書とも言える『塵劫記』は吉田光由が完成させ、1627年に刊行された。平易な例題で実生活における数量計算や解法を示した。本草学の分野では、和漢洋の1362種類の動物・植物・鉱物を分類、解説した書である『大和本草』を貝原益軒が記し、1709年に刊行された。観察や経験を重視した益軒は日本の博物学発展の先駆けとなり、実用書としての価値も高かった。(日本教育史 フレッシュアイペディアより)

  • ジャマールッディーン

    ジャマールッディーンから見た天文学

    ジャマールッディーン(アラビア語・ペルシア語:???? ????? Jamāl al-Dīn, ? - 1301年)は、モンゴル帝国時代のイラン出身の天文学者。『元史』漢字表記は札馬剌丁。モンゴル皇帝モンケ、クビライに仕え、元の首都大都(現在の北京)にイスラム天文学の様式による天文台・回回司天台を建設した。(ジャマールッディーン フレッシュアイペディアより)

「天文学」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「天文学」のニューストピックワード