前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1083件中 1 - 10件表示
  • 国立天文台

    国立天文台から見た天文学天文学

    国立天文台(こくりつてんもんだい、)は、理論・観測の両面から天文学を研究する日本の研究所・大学共同利用機関である。大学共同利用機関法人自然科学研究機構を構成する研究所の1つでもある。国立天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 坂戸城の戦い

    坂戸城の戦いから見た天文天文学

    坂戸城の戦い(さかとじょうのたたかい)は、坂戸城主長尾政景と長尾景虎(上杉謙信)との間で天文20年(1551年)12月から同年(1551年)8月にかけての越後国坂戸城での戦い。坂戸城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • フェルディナント・フェルビースト

    フェルディナント・フェルビーストから見た天文学天文学

    ヨーロッパの天文学、地理学など科学技術を中国に紹介、また中国の習慣を身につけて中国語で書物を著し、日本を含め近世初期の中国および周辺諸国の科学技術に大きな影響を与えた。フェルディナント・フェルビースト フレッシュアイペディアより)

  • 年

    から見た天文学天文学

    なお、天文学においては「年」は通常、ユリウス年をいい、それは正確に31 557 600秒=365.25 d ( フレッシュアイペディアより)

  • 科学

    科学から見た天文学天文学

    ここでいう理論数学とは、議論の出発点に諸原理(定義や公理)を置き、そこから何らかの命題が真であることを論証してゆく形態の数学のことであり、演繹的に命題群を証明してできた体系を「公理論的数学」という。このような数学を、キオスのヒポクラテスが体系づけはじめ、紀元前300年ころには、ユークリッドが『原論』を編纂し、集大成した。ユークリッドの『原論』を幾何学の書とするのは誤解であり、算術を含んでいた。当時の純粋数学は、離散量についての理論的学科としての算術と、数直線から構成される連続量についての幾何学を含んでいた。離散量を扱う算術の応用に音階学(現在の音楽)があった。当時すでに幾何学は平面幾何学と立体幾何学を含んでおり、立体幾何学の応用部門として天文学が存在していた。科学 フレッシュアイペディアより)

  • アンティキティラ島の機械

    アンティキティラ島の機械から見た天文学天文学

    フランスの海洋学者ジャック=イヴ・クストーは1978年に最後に沈没船を訪れているが、「アンティキティラ島の機械」の残りの部分を発見するには至らなかった。アンティキティラ島の機械に関する最新の研究を指導しているカーディフ大学のマイケル・エドマンド教授は「この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確に出来ている。機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。歴史的にまた希少価値から見て、私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない」としている。アンティキティラ島の機械 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・タウンズ

    チャールズ・タウンズから見た天文学天文学

    1961年、マサチューセッツ工科大学の学長兼物理学教授に就任。学長として同大学の教育および研究プログラム全般の監督責任を担うことになった。1966年には同大学の研究所教授となり、同年末までに学長の職を退いて研究に専念するようになった。このころの研究分野は量子エレクトロニクスと天文学である。1967年にはカリフォルニア大学教授(ユニバーシティ・プロフェッサー)に就任。同大学の各キャンパスの教育、研究全般に関与するようになったが、本人はバークレー校に在籍している。チャールズ・タウンズ フレッシュアイペディアより)

  • バースのアデラード

    バースのアデラードから見た天文学天文学

    バースのアデラード(羅: Adelardus Bathensis、英:Adelard of Bath、1080年頃 ? 1152年頃)は12世紀イングランドの自然哲学者で、自身の著作の他に、占星術、天文学、哲学、数学などの古代ギリシア語で書かれアラビア語に訳された作品やもともとアラビア語で書かれた作品をラテン語へ翻訳したことで知られる。アデラードが翻訳した著作はそれまで西欧では知られていないものであった。彼はインドの数体系をはじめてヨーロッパに紹介したことでも知られる。彼は、フランスの伝統的な学派、南イタリアに残っていたギリシア文化、東方のアラブ人の学問という三つの知的伝統の交差点に立っていたといえる。バースのアデラード フレッシュアイペディアより)

  • 岡山天体物理観測所

    岡山天体物理観測所から見た天文学天文学

    天文学解説などの一般展示は、観測所に隣接している岡山天文博物館で行っている。岡山天体物理観測所 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・キルシュナー

    ロバート・キルシュナーから見た天文学天文学

    ロバート・キルシュナー(Robert Kirshner、1949年8月15日 - )は、アメリカ合衆国の天文学者、ハーバード大学のハーバード・スミソニアン天体物理学センターのクロウズ科学講座教授(the Clowes Professor of Science)。キルシュナーの業績は、超新星や超新星残骸の物理学、観測可能な宇宙の大規模構造、新星を用いた宇宙の拡張の計測など、天文学の様々な領域に及んでいる。ロバート・キルシュナー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1083件中 1 - 10件表示

「天文学」のニューストピックワード