1226件中 91 - 100件表示
  • 天文密奏

    天文密奏から見た天文学天文学

    古代中国においては、天上の星は地上にある国家を象徴しており、その動きに異常があれば、政治的な異変が発生する前兆現象であるととらえられていた(上天思想)。そのため、それを一刻も早く君主が把握する事は、国政の運営上重要な事であると考えられていた。また、君主が天文現象に現れる天の意思を把握してその運行に基づいた正しい暦・時法を定めて民に授けることは「天子」としての責務であると考えられていた。律令制下の日本でも天文道・暦道の教科書として用いられていた『晋書』天文志には「天文異変には吉兆もあるが、多くが災異の前兆である」と記されている。このため、異常な天文現象に対しては、天文学と占星術に通じた者が君主に対してその事実と占いの結果を報告することが求められた。これが天文密奏である。天文密奏 フレッシュアイペディアより)

  • パレオロゴス朝ルネサンス

    パレオロゴス朝ルネサンスから見た天文学天文学

    科学の面でも、古代ギリシャの天文学がイスラム経由で逆輸入され、復興を遂げた。13世紀には後のグレゴリウス暦に近い暦法が考案されるまでになったが、実施されることはなかった。パレオロゴス朝ルネサンス フレッシュアイペディアより)

  • 透明少年

    透明少年から見た天文天文学

    書記局員、天文部所属の1年生。透明少年 フレッシュアイペディアより)

  • 宝暦・天明文化

    宝暦・天明文化から見た天文学天文学

    学問の世界でも国学と蘭学が隆盛を見せる。前者は賀茂真淵の学問を継承した本居宣長による『古事記伝』が知られている。また、有職故実の分野では裏松光世が大内裏の復元のための考証を行い、裏松を補佐して考証を助けた藤貞幹は上田秋成とともに記紀の記述を巡って本居宣長と論争を繰り広げた(日の神論争)。蘭学はまず医学や天文学の分野から受容され、杉田玄白や前野良沢らが医学書『ターヘル・アナトミア』を翻訳した『解体新書』を刊行した。また、医学と密接な関係にあった本草学の世界では田村藍水およびその弟子でエレキテルで知られる平賀源内が活躍した。宝暦・天明文化 フレッシュアイペディアより)

  • 信号処理

    信号処理から見た天文学天文学

    天文学:各種望遠鏡の信号解析など信号処理 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ建国紀元

    ローマ建国紀元から見た天文学天文学

    具体的なローマ建国の年は、ウェッレイウス・パテルクルス(『ローマ史』VIII, 5)によれば、イーリオス陥落(紀元前1182年、推定)の437年後であり、紀元前745年となる。またローマ建国の年にローマで日食が観測されたとされており、天文学的に逆算すると、この日食は紀元前745年6月25日に起きたものであり、16時38分に欠け始め、17時28分に最大となり、18時16分に終了し、食の最大は50.3%であった。ローマ建国紀元 フレッシュアイペディアより)

  • 天球座標系

    天球座標系から見た天文学天文学

    天球座標系(てんきゅうざひょうけい)とは、天文学で空の中での位置を表現するための座標系である。天球座標系 フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・カウフマン

    スチュアート・カウフマンから見た天文学天文学

    2004年から2009年までカルガリー大学の生物学科・物理学科・天文学科で教鞭を執りながら、iCORE(Informatics Research Circle of Excellence)の議長、the Institute for Biocomplexity and Informaticsの所長を勤めた。スチュアート・カウフマン フレッシュアイペディアより)

  • 表面輝度

    表面輝度から見た天文学天文学

    表面輝度(surface brightness) とは、天文学で、銀河や星雲などの広がりを持った天体の明るさを表すために用いられる概念である。表面輝度 フレッシュアイペディアより)

  • 差動回転

    差動回転から見た天文学天文学

    差動回転(さどうかいてん、differential rotation)とは、主に天文学で、天体の各部分が異なる角速度で回転する様子を指す言葉である。微分回転とも言う。これに対して各部分が同じ角速度で一体となって回転することを剛体回転と呼ぶ。差動回転 フレッシュアイペディアより)

1226件中 91 - 100件表示