1226件中 101 - 110件表示
  • ヴィルヘルム・ベーア

    ヴィルヘルム・ベーアから見た天文学天文学

    ベーアの主たる業績である天文学は、最初は趣味として始められたものであった。ベーアはベルリンのティーアガルテンに、9.5cm屈折望遠鏡を備えた私設の天文台を建設した。ベーアはヨハン・ハインリッヒ・メドラーとともに、1834年から1836年にかけて世界最初の精密な月面図を作成し、1837年には月に関する論文"Der Mond"を刊行した。これらの著作は、月に関する最も詳細な文献として評価を受け、数十年以上にわたって多くの研究者から参照された。ヴィルヘルム・ベーア フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ハーゲン

    ヨハン・ハーゲンから見た天文学天文学

    ヨハン・ハーゲン(Johann Georg Hagen, 1847年3月6日 - 1930年9月5日)は、オーストリア出身の天文学者ヨハン・ハーゲン フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・J・グラドマン

    ブレット・J・グラドマンから見た天文学天文学

    ブレット・ジェイムズ・グラドマン(Brett J(ames). Gladman、1966年4月19日 - )はカナダの天文学者。カナダのアルバータ州出身。ブレット・J・グラドマン フレッシュアイペディアより)

  • 時角

    時角から見た天文学天文学

    時角(じかく、hour angle)とは天文学で天球上での天体の位置を表すのに用いられる値の一つ。ある天体の時角 h は、その観測位置での地方恒星時 (LST) と天体の赤経 (\alpha) との差で定義される。時角 フレッシュアイペディアより)

  • ヨスト・ビュルギ

    ヨスト・ビュルギから見た天文学天文学

    スイスのザンクト・ガレン州トッケンブルク(Toggenburg)に生まれた。1579年から1604年の間ドイツのカッセルで活躍した。時計や観測機器の製作で評価を得た。天文学の観測に、ゲオルク・プールバッハの三角関数表を用い、1588年に対数を用いて計算を行った。(対数の発見者はより早く対数について発表したジョン・ネイピアの業績とされる)1604年から1630年の間はルドルフ2世にプラハに招かれ、ヨハネス・ケプラーの計算係を務めた。1631年にカッセルに戻りカッセルで没した。ヨスト・ビュルギ フレッシュアイペディアより)

  • ディジット

    ディジットから見た天文学天文学

    古代から少なくとも18世紀までの天文学で、 を表す割合の単位として、蝕の割合を表すのに使われた。つまり、太陽や月の視直径(見た目の直径)を12ディジットとして、日食や月食で欠けた割合を表した。ディジット フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・ライエ

    ジョルジュ・ライエから見た天文学天文学

    ボルドーに生まれた。高等師範学校を卒業し、1863年からパリ天文台ではたらいた。天文学の他、気象学の研究を行った。パリ天文台で1866年に出現した新星のスペクトルの観測中に、従来見られていないスペクトルを検出した。ライエとウォルフは同様なスペクトルを定常的に発している恒星を探し、1867年にはくちょう座の銀河の中にいわゆるウォルフ・ライエ星を発見した。ウォルフ・ライエ星は大質量星の一生の末期の姿であり、やがて超新星爆発を起こすものと考えられている。ジョルジュ・ライエ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙誌

    宇宙誌から見た天文学天文学

    近世以前のヨーロッパでは、重要な科学の一分野として地球や宇宙の様子を知る・研究する上で欠かせない分野であったが、やがて天文学・地球科学・地理学などの発達により、こうした非科学的なスタンスによる描写は過去の産物となっていった。現在では当時の人々の地球や宇宙や科学に対する見方を知る「史料」として認識・活用されている。現在では専ら、天文学など科学的なスタンスではなく、宗教的な世界像を表す概念として使われている。宇宙誌 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アジア競技大会の開会式

    2006年アジア競技大会の開会式から見た天文学天文学

    後半は探求者がその息子に、アラブ文明の現代科学への貢献を教える。数学や天文学など、過去から現代、未来に亘りアラブ社会の発展を示す。2006年アジア競技大会の開会式 フレッシュアイペディアより)

  • デービッド・ダンラップ天文台

    デービッド・ダンラップ天文台から見た天文学天文学

    天文台はトロント大学で物理学を教えたクラレンス・チャントの尽力により創立された。1892年シャントが会員となったトロント天文学、物理学会(Astronomical and Physical Society of Toronto)は1902年にカナダ王立天文学会 (Royal Astronomical Society of Canada) に改称され、チャントは1904年と1907年に会長となった。天文学の研究環境の不足に対してシャントは新しい天文台の建設を推進した。1910年にいったんは天文台の設置場所を決めたが第一次世界によって計画は中断された。カナダの実業界から資金を求める努力は難航したが、1921年にチャントの行った7P/ポン・ウイネッケ彗星に関する公開講座を聞いた実業家デービッド・ダンラップは天文学に興味を持ち、チャントの計画に興味を示した。ダンラップは1924年に没するが、未亡人によって現在の天文台の設立費用が寄贈された。デービッド・ダンラップ天文台 フレッシュアイペディアより)

1226件中 101 - 110件表示