1226件中 11 - 20件表示
  • タイ国立天文学研究所

    タイ国立天文学研究所から見た天文学天文学

    タイ国立天文学研究所 (タイ語: 、英語:National Astronomical Research Institute of Thailand:NARIT)は、タイ王国 内閣 科学技術省の天文学研究所。2004年設置。 「タイ国立天文研究所」とも呼ばれる。タイ国立天文学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ブルゼフスキ

    アルベルト・ブルゼフスキから見た天文学天文学

    アルベルトは優れた先生として人気があった。数学と天文学を主に教えていたが、それにくわえて文学に詳しいことで学生たちを魅了した。知的好奇心が旺盛で、40代半ばだった1490年には神学の学士号も取得している。アリストテレスの哲学の講座も受け持っていた。アルベルトの講義に通った学生たちのなかには、1491年に入学してきたニコラウス・コペルニクスがいた。天文学では最新の資料を入手して学生たちに紹介するなど、近代的な教授法を確立したことで大いに評価された。アルベルト・ブルゼフスキ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジェームス

    アレックス・ジェームスから見た天文学天文学

    学生時代から物理学、化学、天文学に大きな関心を持っており、特に天文学はマイケル・A・シーズの『天文学の基礎』を5年間読み続け、ツアーには望遠鏡を無理をしてまで持ち運び、英国天文学協会に入会するほど魅了される。天文学者のパトリック・ムーアとの対談をきっかけに火星に大きな興味を持つようになり、同じく天文学に興味のあったデイヴと共にオープン大学のコリン・ピリンジャー教授の火星探査プロジェクトに参加。ビリンガー教授から火星探査機マーズ・エクスプレスに搭載された着陸機であるビーグル2が火星に着陸した際のコールサインの制作を依頼される。楽曲制作にはデーモン、グレアムも参加し、完成した曲のタイトルは機体同様「ビーグル2」と名付けられた。2003年12月25日、母船のマーズ・エクスプレスからビーグル2が切り離され火星表面に向かっていることが確認されるも着陸のコールサインである「ビーグル2」が聞こえてくることはなかった。アレックス・ジェームス フレッシュアイペディアより)

  • 異世代

    異世代から見た天文学天文学

    なお歴史的人物は人気タレントとはかなり違うが、単なる学者としてばかりではなく、天文学分野の利益確保のための活動にも生涯尽くした事で知られる、天体力学者の古在由秀元国立天文台台長が、アイザック・ニュートンについて誉め言葉を口頭で述べたのを聞かないが、ガリレオ・ガリレイについては、「高く評価している」と公然口頭で、感嘆をこめて述べられた事がある。古在由秀・ガリレオ・ガリレイ共に著書は著名な為、執筆のタッチをよく比較してみるのも良いだろう。議論の繰り返しの多さや、原論者をそのつど几帳面には示さない点等、共通のタッチ(同世代性)が感じられる。なお、ガリレオ・ガリレイについては、広瀬秀雄氏の「天文学史の試み」でのネガティブな評価が特に有名である。異世代 フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・コーツ

    ロジャー・コーツから見た天文学天文学

    レスターシャー州のバービッジに生まれた。天文学を研究し、1707年に26歳でケンブリッジ大学の天文学・実験物理学のプルミアン教授職に任じられると、トリニティ・カレッジに天文台を建設しようとした。しかし完成は彼の没後となり、さらに1797年に天文台は取り壊された。ニュートンと協力して、時計仕掛けで鏡が回転するヘリオスタット式の望遠鏡を設計した。ジョヴァンニ・カッシーニとジョン・フラムスティードによる太陽と惑星の運動表を再計算し、ニュートンの法則に基づいて月の運動の表の作成を試みた。1709年から1713年に『プリンキピア』第2版の校正をニュートンと3年半かけて行った。コーツの主な業績は数学、特に積分法や対数、数値解析の分野にあり、区分求積法に関するニュートン・コーツの公式に名前が残されている。1716年に33歳で病没した。ロジャー・コーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・キルシュナー

    ロバート・キルシュナーから見た天文学天文学

    ロバート・キルシュナー(Robert Kirshner、1949年8月15日 - )は、アメリカ合衆国の天文学者、ハーバード大学のハーバード・スミソニアン天体物理学センターのクロウズ科学講座教授(the Clowes Professor of Science)。キルシュナーの業績は、超新星や超新星残骸の物理学、観測可能な宇宙の大規模構造、新星を用いた宇宙の拡張の計測など、天文学の様々な領域に及んでいる。ロバート・キルシュナー フレッシュアイペディアより)

  • 織田信長 初陣

    織田信長 初陣から見た天文天文学

    織田信長の初陣(おだのぶながのういじん)は、天文16年(1547年)に織田信長と今川軍との間に起こった戦国時代の戦いのことである。織田信長 初陣 フレッシュアイペディアより)

  • 東京のプリンスたち

    東京のプリンスたちから見た天文学天文学

    田中正夫は渡辺の二階の部屋でエルヴィスを聞きながら、「原子爆弾ノ実験ト実在」という天文学の本を読み、エルヴィスの噂話をしているうちに時間が過ぎ、母親から頼まれていた用事をすっぽかす。次の日の朝、正夫はテンコとのデート代を母親から貰い、映画を見るがぐずぐずした恋愛映画に退屈し途中で出た。正夫は女なら誰でもいい下半身の重苦しさからテンコを休憩旅館に連れていくが、テンコは抵抗をみせた。そのとき階下のラジオからエルヴィスの「マネー・ハネー」が流れてきた。正夫はリズムに乗って踊るうちに気分が爽快になり、重苦しさから解放され、すぐにテンコとそこを出て音楽喫茶へ行った。店には他の連中もいた。渡辺がエルヴィスの新譜ドーナツ盤「アイ・ニード・ユア・ラブ・トゥナイト」を買って来た。今夜はこの新曲を思う存分聴こうと、秋山洋介は思ったが、配達の仕事で疲れ、壁に寄りかかり倒れそうになり、眠ってしまってはダメだと肱で壁を突いた。東京のプリンスたち フレッシュアイペディアより)

  • エリック・パルメン

    エリック・パルメンから見た天文学天文学

    エリック・ヘルベルト・パルメン(Erik Herbert Palmén, 1898年8月31日 - 1985年3月15日)はフィンランドの気象学者、海洋学者、天文学者。友人や学友、大学の同僚からは「マエストロ」と呼ばれていた。エリック・パルメン フレッシュアイペディアより)

  • バースのアデラード

    バースのアデラードから見た天文学天文学

    バースのアデラード(羅: Adelardus Bathensis、英:Adelard of Bath、1080年頃 ? 1152年頃)は12世紀イングランドの自然哲学者で、自身の著作の他に、占星術、天文学、哲学、数学などの古代ギリシア語で書かれアラビア語に訳された作品やもともとアラビア語で書かれた作品をラテン語へ翻訳したことで知られる。アデラードが翻訳した著作はそれまで西欧では知られていないものであった。彼はインドの数体系をはじめてヨーロッパに紹介したことでも知られる。彼は、フランスの伝統的な学派、南イタリアに残っていたギリシア文化、東方のアラブ人の学問という三つの知的伝統の交差点に立っていたといえる。バースのアデラード フレッシュアイペディアより)

1226件中 11 - 20件表示