1226件中 31 - 40件表示
  • フワーリズミー

    フワーリズミーから見た天文学天文学

    アル=フワーリズミー( al-Khuwārizmī)ことアブー・アブドゥッラー・ムハンマド・イブン・ムーサー・アル=フワーリズミー()は、9世紀前半にアッバース朝時代のバグダードで活躍したイスラム科学の学者である。アッバース朝第7代カリフ、マアムーンに仕え、特に数学と天文学の分野で偉大な足跡を残した。フワーリズミー フレッシュアイペディアより)

  • 常用対数

    常用対数から見た天文学天文学

    常用対数(じょうようたいすう、common logarithm)は 10 を底とする対数のことである。数の表記で通常用いられる十進法表示と親和する。工学や天文学など、十進法に基づく科学的記数法で用いられている。かつてはコンピュータでの数値計算にも用いられていたが、現在のコンピュータにおいては二進法で数値計算を行うことが主流であり、常用対数はほとんど使われていない。常用対数 フレッシュアイペディアより)

  • 子午線弧

    子午線弧から見た天文学天文学

    天文学において、2地点の天文緯度測定と子午線弧の長さとを結合することで地球の円周・半径を決定した。その始まりは、紀元前3世紀のエジプトのエラトステネスで、地球が球体であることを定量的に示した。子午線弧 フレッシュアイペディアより)

  • AdS/CFT対応

    AdS/CFT対応から見た天文学天文学

    短かな居地での重力の性質は、宇宙定数の値とはいくらか独立であるが、正の宇宙定数に対するAdS/CFTのバージョンが求められている。2001年アンドリュー・ストロミンジャーは、と呼ばれる双対のバージョンを導入した。 この双対性は、正の宇宙定数を持ったド・ジッター空間のモデルを意味する。多くの天文学者は非常に初期の宇宙はド・ジッター空間に近かったと信じているので、天文学の観点からはその双対性は非常に興味を持たれている。 我々の宇宙は、また、遠い将来はド・ジッター空間に似ているかもしれない。AdS/CFT対応 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・クレイグ・バラ

    ジョン・クレイグ・バラから見た天文学天文学

    地元のテナフライ学校で初等教育を終了し、チェリー・アカデミーに進学し、数学、天文学、土木、商業簿記などを学んだ。1846年に母校のテナフライの教師になる。後に、ミズーリ州のウエスト・ポート・アカデミーで準学長を務めた。また、教会もウェスト・ポート長老教会(West Port Presbyterian Church)に転籍する。ジョン・クレイグ・バラ フレッシュアイペディアより)

  • 光年

    光年から見た天文学天文学

    光年(こうねん、、、記号 ly)は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、正確に 、約9.5兆キロメートルである。1981年まではSI併用単位であった。光年 フレッシュアイペディアより)

  • 数学の年表

    数学の年表から見た天文学天文学

    紀元前1世紀 ? インドの天文学者ラガダが「Vedanga Jyotisha」を著す。この書籍は天文学について取り扱っており、太陽と月の運行に関するルールについて記述している他、天文学の記述に際し幾何学と三角法を使用している。数学の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス年

    ユリウス年から見た天文学天文学

    ユリウス年( ねん、Julian year)は、主に天文学で使われる時間の単位である。その名のとおりユリウス暦による年に等しく、正確に 365.25日 = 正確に31 557 600秒である。なお、ここでの「日」とは厳密に86 400秒を指しており、平均太陽日(一日の長さ:LOD)や暦日ではない。ユリウス年 フレッシュアイペディアより)

  • ファブリ・ペロー干渉計

    ファブリ・ペロー干渉計から見た天文学天文学

    天文学において、エタロンは単一の輝線を選んで撮像するために用いられる。最もよく用いられる対象は太陽のHα線である。太陽のCa-K線もエタロンを用いて撮像することが多い。ファブリ・ペロー干渉計 フレッシュアイペディアより)

  • 地球時

    地球時から見た天文学天文学

    地球時(ちきゅうじ、: TT)は、国際天文学連合(IAU)によって定義された現代の天文学の時刻系であり、主に地球表面からの天文観測の時間測定のために使用される。例えば、は、地球から見た太陽、月、惑星の位置(天体暦)の表にTTを使用している。 この役割においてTTは、暦表時 (Ephemeris Time: ET) の後継である地球力学時 (Terrestrial Dynamical Time: TDT, TD) の継続である。TTは、地球の回転の不規則さからの解放という、ETが設計された当初の目的を共有している。地球時 フレッシュアイペディアより)

1226件中 31 - 40件表示