1083件中 31 - 40件表示
  • 松岡氏 (北勢48家)

    松岡氏 (北勢48家)から見た天文天文学

    桑部村東金井西谷の山上にあり、地目は山林である。土塁の金井城の跡地がある。永禄時代の城郭で天文年間に越前国丹生郡松岡の城主の松岡太郎左衛門家政の二男で朝明郡萱生城の配下だった松岡彦之進(金井氏と襲名)家勝が築城した。小山城主の高井氏、猪飼城主の小串氏、溝野城主の草薙氏と共に朝明郡の萱生城主だった春日部氏の春日部越前守の与力と従騎であった。桑名志によると1567年(永禄10年)9月に織田信長の家臣の滝川一益の攻撃で落城して、松岡彦之進は桑部村の西の天白山で自刃した。本丸・二之丸・三之丸等と思われる壇が見られて、土塁も部分的に残存している。城跡には討死した人を集めた塚がある。遺址には松岡彦乃進家勝の墓があった。住所は三重県桑名市東金井西谷から東谷の桑部地域である。金井城は、員弁川が伊勢湾の手前の約5キロ下流で大きく南へ曲折している南側に山魂の北端あった。桑部城と同じ丘陵を東側へ600mの地点で、東金井集落の南西の裏山である。遺構は曲輪・土塁・空堀・塚である。天文年間(1532年?1555年)に築城。現在の状態は山林。平山城で標高46.2m。松岡氏 (北勢48家) フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た天文学天文学

    しかしながら、学問としての化学の成立は遅い。数学、物理学、天文学などが2000年前の古代ギリシアで構築され始めたのに対し、科学の一分野として扱うことができる近代的化学のほうは、18世紀末にフランスのアントワーヌ・ラヴォアジエ(1743年 - 1794年)の質量保存の法則やジョン・ドルトン(1766年 - 1844年)の原子説が正しい方向付けをした事に始まってから、未だ200年程度しか経過していない。 (、化学の歴史も参照)化学 フレッシュアイペディアより)

  • 地球科学

    地球科学から見た天文学天文学

    一般には物理学・化学・生物学などと同様に、高校の授業科目や大学受験科目として、地球や天文に関するものを「地学」と呼ぶことが多い。大学などにおける専攻分野としての「地学」は地質学・鉱物学を主体とするものであるが、通常これに加え古生物学や自然地理学などが含まれる。さらに広義には「地球科学」とほぼ同義に用いられることがある。地球科学 フレッシュアイペディアより)

  • 十二支

    十二支から見た天文学天文学

    戦国時代の中国天文学において天球の分割方法の一つであった十二辰は、天球を天の赤道帯に沿って東から西に十二等分したもので、この名称には十二支が当てられた。また、木星が約12年で天球を西から東に一周することから、十二次という別の天球分割法における木星の位置が年の記述に利用されていたが、十二辰の方向と順序に対しては逆方向であるため、紀元前4世紀ごろ、十二辰の方向に合わせるべく木星とは一直径を境に逆回りに天球を巡る太歳という架空の星を考え、太歳の十二辰における位置で年を示す紀年法が使われるようになった。これが後漢以後に始まり現在まで使われている干支による紀年法の起源である。十二支 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺和郎

    渡辺和郎から見た天文学天文学

    渡辺 和郎(わたなべ かずろう、1955年5月1日 - )は、日本のアマチュア天文家。北海道釧路市生まれ。北海道釧路工業高等学校卒。日本天文学会・東亜天文学会会員。「北海道彗星・小惑星会議」代表。渡辺和郎 フレッシュアイペディアより)

  • タレス

    タレスから見た天文学天文学

    タレスはフェニキア人のテリダイ一族の名門の家系から生まれた。政治活動に従事したのち自然の研究に携わるようになる。彼は多才な人物であったが、特に測量術や天文学に通じており、ヘロドトスによればその知識を用いて日食を予言したといわれている。これは天文学上の計算から紀元前585年5月28日と考えられる。また地に落ちた影と自分の身長とを比較して、ピラミッドの高さを測定したとも言われている。タレス フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・コロンブス

    クリストファー・コロンブスから見た天文学天文学

    この頃、コロンブスは積極的にスペイン語やラテン語などの言語や天文学・地理そして航海術の習得に勤めた。仕事の拠点であるリスボンでパオロ・ダル・ポッツォ・トスカネッリと知り合う機会を得て、手紙の交換をしている。当時はすでに地球球体説は一般に信じられていたが、トスカネッリはマルコ・ポーロの考えを取り入れ、大西洋を挟んだヨーロッパとアジアの距離はプトレマイオスの試算よりもずっと短いと主張していた。『東方見聞録』にある黄金の国・ジパングに惹かれていたコロンブスはここに西廻りでアジアに向かう計画に現実性を見出した。また、現存する最古の地球儀を作ったマルティン・ベハイム(en)とも交流を持ち意見を交換した説もある。これらの収集情報や考察を経てコロンブスは西廻り航海が可能だとする5つの理論根拠を構築した。ラス・カサス『インディアス史』(第5章)に記載されたその内容は、クリストファー・コロンブス フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

    ハワード・フィリップス・ラヴクラフトから見た天文学天文学

    青年になると学問の道に進む事を志し、名門校であるブラウン大学を希望して勉学に励んだ。並行して16歳の時には新聞に記事を投稿するようになり、主に天文学の記事を書いていた。しかし肝心の神経症は悪化を続け、通っていた学校も長期欠席を繰り返し、成績は振るわなかった。追い打ちをかける様に唯一の理解者であった祖父が死ぬと精神的にも経済的にも追い詰められ、結局学校は卒業せずに退校している。それでも独学で大学を目指したが挫折し、18歳の時には趣味であった小説執筆をやめて半ば隠者の様に世間を避けて暮らすようになった。こうした神経症がよくなってきたのは30歳頃であるが、青年期の挫折はラヴクラフトにとって常に苦い記憶であった。ハワード・フィリップス・ラヴクラフト フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルから見た天文学天文学

    南ドイツのルター派正統神学のテュービンゲン神学校で教育を受け、哲学者シェリングや詩人ヘルダーリンと交友を結ぶ。3人とも規則に縛られた神学校の環境を好まない点で意気投合し、互いの思想に影響しあった。ギリシャ語、ラテン語、博物学などを学び天文学、物理学などを好む。だが、牧師にはならなかった。ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル フレッシュアイペディアより)

  • 等級 (天文)

    等級 (天文)から見た天文学天文学

    天文学において等級(とうきゅう、)とは、天体の明るさを表す尺度である。整数または小数を用いて「1.2等級」あるいは省略して「1.2等」などと表す。恒星の明るさを表す場合には「2等星」などと呼ぶ場合もある。等級の値が小さいほど明るい天体であることを示す。また、0等級よりも明るい天体の場合の明るさを表すには負の数を用いる。等級 (天文) フレッシュアイペディアより)

1083件中 31 - 40件表示

「天文学」のニューストピックワード