1226件中 41 - 50件表示
  • ユリウス通日

    ユリウス通日から見た天文学天文学

    ユリウス通日は二時点の間の日数や秒数を計算するのに便利で、天文学やなどで使われている。小数を付けることにより時・分・秒数(と更に、その小数)を表現することができる。ユリウス通日 フレッシュアイペディアより)

  • フェルディナント・フェルビースト

    フェルディナント・フェルビーストから見た天文学天文学

    ヨーロッパの天文学、地理学など科学技術を中国に紹介、また中国の習慣を身につけて中国語で書物を著し、日本を含め近世初期の中国および周辺諸国の科学技術に大きな影響を与えた。フェルディナント・フェルビースト フレッシュアイペディアより)

  • 日本教育史

    日本教育史から見た天文学天文学

    歴史学の分野では、1657年に徳川光圀が大義名分論に基づく紀伝体の『大日本史』編纂を開始し、1906年(明治39年)に完成した。中国歴代の正史の体裁を採用した史書で幕末の尊王論に大きな影響を与えた。国文学では、真言宗の僧であった契沖が下河辺長流の影響をうけ、万葉集を初めとする古典の研究に専念し、国学の基礎を築いた。天文学の分野では、幕府の碁方であった暦学・天文学者の渋川春海(安井算哲)は平安時代以来使われていた宣明暦の誤差を、元の授時暦と天体観測によって修正した貞享暦を1684年(貞享元年)に幕府に建言して採用され、初の天文方に任命された。貞享暦にかな書きされた注は人々が生活するうえでも参考になった。数学(和算)の分野では、関孝和が筆算を創始し、円周率の研究などに業績を挙げた関流和算を完成させた。算額は、各地の和算家たちが神社に奉納した自作問題の絵馬を飾り、回答を絵馬にして答えたりした。和算の入門書とも言える『塵劫記』は吉田光由が完成させ、1627年に刊行された。平易な例題で実生活における数量計算や解法を示した。本草学の分野では、和漢洋の1362種類の動物・植物・鉱物を分類、解説した書である『大和本草』を貝原益軒が記し、1709年に刊行された。観察や経験を重視した益軒は日本の博物学発展の先駆けとなり、実用書としての価値も高かった。日本教育史 フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス暦

    ユリウス暦から見た天文学天文学

    ただし、イエス・キリストの処刑と復活の記事は、新約聖書において太陰太陽暦であるユダヤ暦に基づいて記述されているため、復活祭の期日は、太陽暦であるユリウス暦のみでは決定できず、季節(太陽年)と月齢(太陰月)の双方に合わせる作業が必要となった。第一次ニケーア公会議は325年に、「春分日であるユリウス暦3月21日の後の最初の満月の次の日曜日」を復活の主日とするように定めた。このように規定した結果、ユリウス暦の誤差が、復活祭の期日制定に直接影響することになった。確かに4世紀にはユリウス暦3月21日頃にあったと想定される実際の天文学的な春分日は、16世紀後半になると、10日も前のユリウス暦3月11日頃に到来するようになっていた。カトリック教会はこの事態を受けて、3月21日を天文学的春分日に出来る限り近づける暦法を制定して改暦することとなった。これがグレゴリオ暦である。1582年2月24日、グレゴリウス13世によってグレゴリオ暦が発布され、ユリウス暦1582年10月4日木曜日の翌日を以って、グレゴリオ暦同年10月15日金曜日とし、以降グレゴリオ暦を実施することとした。しかし、改暦はローマ教皇の独断専行であってニケーア公会議の決定に反するとして、西ヨーロッパでも、プロテスタント地域を中心に、グレゴリオ暦をすぐには採用しない地域が多くあった。それでも、天文学的優秀性から、プロテスタント地域でも徐々に広まっていき、最後まで残ったイギリスが1752年に採用したことで、西ヨーロッパの全ての地域が公式にグレゴリオ暦を使用するようになった。更に正教会圏や、他の宗教の地域でもグレゴリオ暦が使われるようになっており、今でもユリウス暦を用いているのは、正教会の一部等となっている(詳しくは後述。またグレゴリオ暦の記事を参照)ユリウス暦 フレッシュアイペディアより)

  • ギャレット・P・サービス

    ギャレット・P・サービスから見た天文学天文学

    ギャレット・パットナム・サーヴィス(Garrett Putnam Serviss、1851年3月24日 - 1929年5月25日)はアメリカ合衆国の天文学者、科学解説家、そして初期のSF作家である。ギャレット・P・サービス フレッシュアイペディアより)

  • アムンゼン・スコット基地

    アムンゼン・スコット基地から見た天文学天文学

    基地で研究しているのは氷河学、地球物理学、気象学、上層大気学、天文学、天体物理学、生物医学的研究など。大半は低周波天文学の研究で、2743メートル以上の高度と極地に位置することによる湿気の低さによって生まれた観測のしやすさ、また数ヶ月間暗闇に包まれることから精密観測機器が継続的に動作しやすいことなどが南極における観測のメリットである。アムンゼン・スコット基地 フレッシュアイペディアより)

  • 真夜中

    真夜中から見た天文学天文学

    現代では、どの文化や分野でも、公式には1日の始まりを正子(夜の正12時)とすることがほとんどであるが、天文学ではかつては正午(昼の12時)が1日の起点であった(天文時)。ユリウス日における日の起点が正午であるのもこのためである。真夜中 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム美術

    イスラム美術から見た天文学天文学

    遅くとも9世紀にはクルアーンの写本が存在した。クルアーン写本には挿絵は描かれなかったが、6書体による美麗なカリグラフィー、幾何学・植物文による装飾、芸術的な装幀が施された。中世に科学がよく発達したイスラーム圏では天文学や力学など科学書の写本も盛んに作られ、イスラム美術 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た天文学天文学

    しかしながら、学問としての化学の成立は遅い。数学、物理学、天文学などが2000年前の古代ギリシアで構築され始めたのに対し、科学の一分野として扱うことができる近代的化学のほうは、18世紀末にフランスのアントワーヌ・ラヴォアジエ(1743年 - 1794年)の質量保存の法則(1774年発見)やジョン・ドルトン(1766年 - 1844年)の原子説が正しい方向付けをした事に始まってから、未だ200年程度しか経過していない(、化学の歴史も参照)。これは近代物理学の最初の到達点であるニュートン力学がプリンキピアに書かれた年(1687年)と比べ、化学の興隆が100年程度時代が下る事を意味する。化学 フレッシュアイペディアより)

  • ♂

    から見た天文学天文学

    ♂は、火星を表す占星術記号である。かつては天文学でも使われた。 フレッシュアイペディアより)

1226件中 41 - 50件表示