1083件中 41 - 50件表示
  • イスラム美術

    イスラム美術から見た天文学天文学

    遅くとも9世紀にはクルアーンの写本が存在した。クルアーン写本には挿絵は描かれなかったが、6書体による美麗なカリグラフィー、幾何学・植物文による装飾、芸術的な装幀が施された。中世に科学がよく発達したイスラーム圏では天文学や力学など科学書の写本も盛んに作られ、イスラム美術 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジェームス

    アレックス・ジェームスから見た天文学天文学

    学生時代から物理学、化学、天文学に大きな関心を持っており、特に天文学はマイケル・A・シーズの『天文学の基礎』を5年間読み続け、ツアーには望遠鏡を無理をしてまで持ち運び、英国天文学協会に入会するほど魅了される。天文学者のパトリック・ムーアとの対談をきっかけに火星に大きな興味を持つようになり、同じく天文学に興味のあったデイヴと共にオープン大学のコリン・ビリンガー教授の火星探査プロジェクトに参加。ビリンガー教授から火星探査機マーズ・エクスプレスに搭載された着陸機であるビーグル2が火星に着陸した際のコールサインの制作を依頼される。楽曲制作にはデーモン、グレアムも参加し、完成した曲のタイトルは機体同様「ビーグル2」と名付けられた。2003年12月25日、母船のマーズ・エクスプレスからビーグル2が切り離され火星表面に向かっていることが確認されるも着陸のコールサインである「ビーグル2」が聞こえてくることはなかった。アレックス・ジェームス フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・サンダース・パース

    チャールズ・サンダース・パースから見た天文学天文学

    1887年以後、ペンシルベニア州のミルフォードに隠棲し、さまざまな事典や雑誌への寄稿と新刊書評によって生計を立てた。『ネイション(The Nation)』誌のための新刊書評を担当していたときは、莫大な数の書物を読みこなしては毎日2000語ずつ書いたと言われている。これらの仕事は、エジプト学・犯罪学・言語学・心理学・数学・力学・天文学・化学・測量・社会学・歴史・文芸評論・神学・伝記に及ぶ。チャールズ・サンダース・パース フレッシュアイペディアより)

  • 斯波氏

    斯波氏から見た天文天文学

    衰退著しい斯波氏であったが、ついに天文23年(1554年)には守護・義統が守護代の織田信友に殺される事件が起こる。この事態に義統の嫡子・義銀は弾正忠家の織田信長を頼って落ち延びることとなった。信長にとって信友(大和守家)は本家であると同時に主君筋(弾正忠家は大和守家の家老)であった。しかし、信友が尾張守護である義統を討った、すなわち守護への反逆をおこなったため、信長はこれを口実に信友を滅ぼすことに成功した。本家の大和守家を「反逆者」として討った信長は事実上織田一族の総領となった。さらに信長は諸国の目を欺くため、一時、隠居し所領のすべてを斯波氏に返上した形をとり、吉良氏、今川氏との同盟を結んだ。斯波氏 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム科学

    イスラム科学から見た天文学天文学

    法学・神学・語学・文学などのアラブ人伝来の「固有の学問」があったが、これに対し、上記のようにしてイスラム世界にもたらされた学問には哲学、論理学、幾何学、天文学、医学、錬金術などがあり、博物学、地誌学などとともに「外来の学問」と呼ばれた。ただし、外来の学問であっても正確な知識を求めることはハディースに照らしても神の意思を知るためのイスラムに相応しい行為とされ、「固有の学問」を修める学者が「外来の学問」を兼修することはまったく珍しいことではなかった。イスラム科学 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙

    宇宙から見た天文学天文学

    天文学的にみた宇宙(:en:Universe)。この意味では、「観測可能な宇宙」を指すこともあり、「観測可能な空間」の外側に広がる3次元空間的に繋がった広大な宇宙全体を指すこともある。宇宙 フレッシュアイペディアより)

  • 天文単位

    天文単位から見た天文学天文学

    天文単位(てんもんたんい,,記号:au)は天文学で用いられる長さの単位で、地球と太陽との平均距離に由来し、2012年現在 149 597 870 700 m と定義されている。天文単位 フレッシュアイペディアより)

  • 日本教育史

    日本教育史から見た天文学天文学

    歴史学の分野では、1657年に徳川光圀が大義名分論に基づく紀伝体の『大日本史』編纂を開始し、1906年(明治39年)に完成した。中国歴代の正史の体裁を採用した史書で幕末の尊王論に大きな影響を与えた。国文学では、真言宗の僧であった契沖が下河辺長流の影響をうけ、万葉集を初めとする古典の研究に専念し、国学の基礎を築いた。天文学の分野では、幕府の碁方であった暦学・天文学者の渋川春海(安井算哲)は平安時代以来使われていた宣明歴の誤差を、元の授時暦と天体観測によって修正した貞享暦を1684年(貞享元年)に幕府に建言して採用され、初の天文方に任命された。貞享暦にかな書きされた注は人々が生活するうえでも参考になった。数学(和算)の分野では、関孝和が筆算を創始し、円周率の研究などに業績を挙げた関流和算を完成させた。算額は、各地の和算家たちが神社に奉納した自作問題の絵馬を飾り、回答を絵馬にして答えたりした。和算の入門書とも言える『塵劫記』は吉田光由が完成させ、1627年に刊行された。平易な例題で実生活における数量計算や解法を示した。本草学の分野では、和漢洋の1362種類の動物・植物・鉱物を分類、解説した書である『大和本草』を貝原益軒が記し、1709年に刊行された。観察や経験を重視した益軒は日本の博物学発展の先駆けとなり、実用書としての価値も高かった。日本教育史 フレッシュアイペディアより)

  • アムンゼン・スコット基地

    アムンゼン・スコット基地から見た天文学天文学

    基地で研究しているのは氷河学、地球物理学、気象学、上層大気学、天文学、天体物理学、生物医学的研究など。大半は低周波天文学の研究で、2743メートル以上の高度と極地に位置することによる湿気の低さによって生まれた観測のしやすさ、また数ヶ月間暗闇に包まれることから精密観測機器が継続的に動作しやすいことなどが南極における観測のメリットである。アムンゼン・スコット基地 フレッシュアイペディアより)

  • 光年

    光年から見た天文学天文学

    光年(こうねん、)は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位。「年」とついているが時間の単位ではない。1981年まではSI併用単位であった。光年 フレッシュアイペディアより)

1083件中 41 - 50件表示

「天文学」のニューストピックワード