1226件中 81 - 90件表示
  • 柱密度

    柱密度から見た天文学天文学

    柱密度(はしらみつど)とは、視線に沿ってどの程度の物質が重なり合って見えるかを表す線密度。天文学では遠方の天体の観測がどうしても一方向からしかできないことと、それと相まって奥行きの長さを測定することは難しいので観測から得られる量は柱密度であることが多い。柱密度 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋篤史

    高橋篤史から見た天文学者天文学

    小惑星発見者である天文学者については、高橋篤史 (天文学者)を参照のこと。高橋篤史 フレッシュアイペディアより)

  • …すぎなレボリューション

    …すぎなレボリューションから見た天文学天文学

    天文学の研究者で、家村やかえでにとっては大学の恩師にあたる。息子が経営するペンションに天文台を私設し、天体観測に勤しんでいる。家村が進めるイベントに協力するためすぎなと対面するが、馬が合わないのか度々辛辣な言葉をすぎなに投げかける。マリリン・モンローのような魅惑的な女性が好み。日置の2番目の姉にあたるこのみを嫁に持ち、「クソジジイ」「クソ嫁」と仲良く罵り合っている。…すぎなレボリューション フレッシュアイペディアより)

  • 天社土御門神道

    天社土御門神道から見た天文学天文学

    天文学・暦学を受け継いだ安倍氏の嫡流が、後に天皇より「土御門」と言う称号を賜い、以後は土御門家を称する堂上家として仕えた。室町中期から戦国期にかけては、都の戦乱を避け、数代にわたり、所領のある若狭国に移住していた。天社土御門神道 フレッシュアイペディアより)

  • 天文書

    天文書から見た天文学天文学

    天文書 フレッシュアイペディアより)

  • 虎と狼

    虎と狼から見た天文学天文学

    大学時代は天文学を専攻していた。美以の学校に地学の教師として赴任し、更に美以の担任となる。虎と狼 フレッシュアイペディアより)

  • 皇極暦

    皇極暦から見た天文学天文学

    皇極暦(こうきょくれき)は、隋の劉焯が編纂した太陰太陽暦の暦法。六朝時代の天文学の成果をすべて取り入れた画期的な暦であり、隋の文帝・煬帝に幾度か新暦の採用を求めたが、当時の太史令の反対にあったり、劉焯自身が死去したこともあって、結局、施行されることはなかった。しかし、採用されることはなかったものの、麟徳暦や大衍暦といった唐代の暦に大きな影響を与えた。皇極暦 フレッシュアイペディアより)

  • 天文博士

    天文博士から見た天文学天文学

    天体を観測して天文のことに異変(月食や彗星などの天文現象)が発見されれば、天文書に基づいて吉凶を占ってその内容を密封した上で天皇に奏聞する天文密奏を行うことと、天文生(定員10名)に天文のことを教授することを掌った。なお、天文書は天文生が読むことは禁じられていたことから(雑令秘書玄象条)、天文博士など限られた人しか読むことができなかった。天文博士 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレオ・モード

    アルビレオ・モードから見た天文学天文学

    藤岡が「アルビレオ」が星の名前であることを知ったのは初演当日である(地学的な分野で須川と吉松は天文に詳しかったが、藤岡が詳しいのは気象の方だった)。アルビレオ・モード フレッシュアイペディアより)

  • ギヨーム・ドリュー

    ギヨーム・ドリューから見た天文学天文学

    ギヨーム・ドリュー(Guillaume Drieu, 1520年頃 - 1570年頃)は、フランスの数学者、占星術師。エクス=アン=プロヴァンスの出身で、天文学ないし占星術に関わる2冊の著作『旧約聖書・新約聖書の主要な章句を含む天文表あるいは万年暦』(Tabulaire astronomique, ou Calendrier perpétuel, auquel Livre sont contenus les principaux passages tant du vieil que du nouveau Testament リヨン、1561年頃)、『簡略化された図で手短に示された世界の球体』(La Sphère du Monde, succinctement déclarée par brièves figures アヴィニョン、1570年?)を刊行した(これらは現存しない)。ギヨーム・ドリュー フレッシュアイペディアより)

1226件中 81 - 90件表示