160件中 31 - 40件表示
  • 天文学

    天文学から見たソユーズ

    宇宙医学 - 宇宙飛行士による、長期滞在実験(ソユーズ計画、スカイラブ計画、サリュート計画、ミール計画、スペースシャトル計画、国際宇宙ステーション(ISS))によって、現在も研究が進められている。この目的は、当面は月への恒久基地建設に伴う長期滞在、火星への有人探査計画であるが、将来的には人類の宇宙活動が、生産や居住等にまで拡大した時代を見越して研究が進められている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見たニュートリノ

    ニュートリノ天文学 (2007年までにニュートリノで観測された天体は太陽とSN 1987Aの2天体のみ)天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た超新星

    中世の時代、天文学は少なくとも13世紀にまるまでヨーロッパでは停滞し、替わってイスラム世界など他の地域で発展した。イスラムでは、9世紀初頭までに建設された最初の天文台が寄与した。964年にはアブド・アル・ラフマン・アル・スーフィーによって局部銀河群最大の銀河であるアンドロメダ銀河が天の川の中から発見され、著作『』に記録された。1006年、非常に明るい等級で輝いた超新星SN 1006は、エジプトのアラビア人天文学者アリ・イブン・リドワンや、中国の天文学者らによって記録された。バッターニー、サービト・イブン・クッラ、アブド・アル・ラフマン・アル・スーフィー、アブー=マーシャル、アブー・ライハーン・アル・ビールーニー、アッ=ザルカーリー、らイスラム世界の天文学者(ほとんどがペルシャやアラブ人)や、、などは、科学の発展に大きく寄与した。彼らが用いた星の名は、おおくが現在に引き継がれている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た月食

    数学的または科学的な天文学は、初期段階における非常に重要な進展だった。これらはバビロニア人によってもたらされ、後に多くの文明へと展開してゆく天文学の潮流を創り上げたものだった。バビロニアの天文学では、月食が一定の期間で再度起こることをサロス周期として発見した。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見たスペースシャトル

    宇宙医学 - 宇宙飛行士による、長期滞在実験(ソユーズ計画、スカイラブ計画、サリュート計画、ミール計画、スペースシャトル計画、国際宇宙ステーション(ISS))によって、現在も研究が進められている。この目的は、当面は月への恒久基地建設に伴う長期滞在、火星への有人探査計画であるが、将来的には人類の宇宙活動が、生産や居住等にまで拡大した時代を見越して研究が進められている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た天体観測

    本分類は、歴史的発展に基づき作成したものである。天文学分野で最初に研究が行われたのは、暦を研究する暦学であり、そこから、海上を移動する際に現在位置を知るために発展した位置天文学へと繋がる。そして、その位置天文学に基づく観測の結果から天体力学へと発展を遂げたものである。また、宇宙論は、神話や宗教等によって、それらは様々な伝承などの形で現在に至っている。宇宙論が、きちんと物理学的に探求されるようになったのは、近代に入ってからである。その他の、観測分野にしても同様であり、天体観測が系統的に行われるようになってからのことである。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た反射望遠鏡

    ケプラーは初めて太陽を中心とした惑星の各運動について、その詳細を説明することに挑んだが、理論を構築するまでには至らなかった。これは、アイザック・ニュートンが天体力学と重力の法則を導き出し、最終的に成立した。ニュートンはまた反射望遠鏡も発明した。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見たマヤ文明

    天文学は最古の科学のひとつである。先史時代の文化は、古代エジプトの記念碑やヌビアのピラミッドなど、天文学に関係する遺物を残した。発生間もない文明でも、バビロニアや古代ギリシア、古代中国や古代インドなど、そしてイランやマヤ文明などでも夜空の入念な観測が行われた。しかし、天文学が現代科学の仲間入りをするためには、望遠鏡の発明が欠かせなかった。歴史的には、天文学の学問領域は位置天文学や天測航法また観測天文学や暦法などと同じく多様なものだが、近年では天文学の専門家とはしばしば天体物理学者と同義と受け止められる。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た天王星

    さらなる発見には、望遠鏡の大きさと性能の向上が寄与した。大規模な星の一覧はニコラ・ルイ・ド・ラカーユが作成した。ウィリアム・ハーシェルは星雲と星団の詳細な一覧を纏め上げ、1781年には天王星新発見を成し遂げた。。初めて星までの距離測定は、1839年にフリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルが視差を用いてはくちょう座61番星までの距離を求めたことに遡る。18-19世紀には、レオンハルト・オイラー、アレクシス・クレロー、ジャン・ル・ロン・ダランベールが三体問題へ取り組み、月や惑星の動きに関する予測精度が増した。この仕事はジョゼフ=ルイ・ラグランジュとピエール=シモン・ラプラスによってより洗練され、月や惑星の摂動からこれらの質量を計算可能とした。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た疑似科学

    以上、通例、単に天文学と言えば数理天文学のことを指すが、学際的な分野、文科的 (cultural) な分野、史的 (historical) な分野も存在する。こうした文科的・史的天文学は、数理天文学に対して天文学の傍径 (byway astronomy) と扱われており、占星術や天文考古学、天文民俗学のように、数理天文学者からは疑似科学とみなされている分野もある。天文学 フレッシュアイペディアより)

160件中 31 - 40件表示

「天文学」のニューストピックワード