160件中 41 - 50件表示
  • 天文学

    天文学から見た占い

    中国や日本で使われていた、漢語としての「天文」という言葉には、古くから陰陽道や暦学など天体の動きの変化から未来を予測する占い分野で用いられてきたという迷信的な側面があった(天文道・暦道)。江戸期に洋学が盛んになると、オランダ語の の訳語として暦学や星学が用いられた。明治期になると、英語の やドイツ語の の訳語として「星学」が採用された。1878年には、東京帝国大学に「星学科」が設立された。大正期になると、研究対象が星のみならず宇宙空間やその他の事象にも及ぶことから、「天文学科」と改称された。ここで「天文学」が見えるが、誰がどのような理由で制定したのかわかっていない。これと同時期の1921年には、関西の京都帝国大学では新しい を講義すると言うことで、新城新造の提案でその訳語から「宇宙物理学教室」が設立された。そのため、現在でも京都大学出身の天文学者は肩書きとして「宇宙物理学者」を使用している。ただし、 は現在では天体物理学と訳されている。なお、天文学の分野以外ではしばしば「天文物理学」という表現が見られるが、そのような分野は存在しない。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た火星

    宇宙医学 - 宇宙飛行士による、長期滞在実験(ソユーズ計画、スカイラブ計画、サリュート計画、ミール計画、スペースシャトル計画、国際宇宙ステーション(ISS))によって、現在も研究が進められている。この目的は、当面は月への恒久基地建設に伴う長期滞在、火星への有人探査計画であるが、将来的には人類の宇宙活動が、生産や居住等にまで拡大した時代を見越して研究が進められている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見たスーパーコンピュータ

    天文学は、天文現象へのアプローチの仕方によって大ざっぱにいって、観測天文学と理論天文学に分けることができる。観測天文学では、天体の現象を観測し、膨大なデータを収集する。理論天文学では、それらの現象を説明するモデルや理論、原理などを発見したり、作り出したりする。1980年代以降、大学や研究所の大型計算機センターに設置されたスーパーコンピュータを用いて、惑星や銀河の生成理論などにおいてはコンピュータによるシミュレーション実験も多用される。近年は、シミュレータそのものの専用計算機が開発され、多くの研究室で実験に供されるようになってきている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た太陽

    ニュートリノ天文学 (2007年までにニュートリノで観測された天体は太陽とSN 1987Aの2天体のみ)天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た東京帝国大学

    中国や日本で使われていた、漢語としての「天文」という言葉には、古くから陰陽道や暦学など天体の動きの変化から未来を予測する占い分野で用いられてきたという迷信的な側面があった(天文道・暦道)。江戸期に洋学が盛んになると、オランダ語の の訳語として暦学や星学が用いられた。明治期になると、英語の やドイツ語の の訳語として「星学」が採用された。1878年には、東京帝国大学に「星学科」が設立された。大正期になると、研究対象が星のみならず宇宙空間やその他の事象にも及ぶことから、「天文学科」と改称された。ここで「天文学」が見えるが、誰がどのような理由で制定したのかわかっていない。これと同時期の1921年には、関西の京都帝国大学では新しい を講義すると言うことで、新城新造の提案でその訳語から「宇宙物理学教室」が設立された。そのため、現在でも京都大学出身の天文学者は肩書きとして「宇宙物理学者」を使用している。ただし、 は現在では天体物理学と訳されている。なお、天文学の分野以外ではしばしば「天文物理学」という表現が見られるが、そのような分野は存在しない。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た天体

    天文学(てんもんがく、英:, 独:, , 蘭: (), (), 仏:)は、天体や天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。主に位置天文学・天体力学・天体物理学などが知られている。宇宙を研究対象とする宇宙論(うちゅうろん、英:)とは深く関連するが、異なる学問である。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見たイスラム世界

    中世の時代、天文学は少なくとも13世紀にまるまでヨーロッパでは停滞し、替わってイスラム世界など他の地域で発展した。イスラムでは、9世紀初頭までに建設された最初の天文台が寄与した。964年にはアブド・アル・ラフマン・アル・スーフィーによって局部銀河群最大の銀河であるアンドロメダ銀河が天の川の中から発見され、著作『』に記録された。1006年、非常に明るい等級で輝いた超新星SN 1006は、エジプトのアラビア人天文学者アリ・イブン・リドワンや、中国の天文学者らによって記録された。バッターニー、サービト・イブン・クッラ、アブド・アル・ラフマン・アル・スーフィー、アブー=マーシャル、アブー・ライハーン・アル・ビールーニー、アッ=ザルカーリー、らイスラム世界の天文学者(ほとんどがペルシャやアラブ人)や、、などは、科学の発展に大きく寄与した。彼らが用いた星の名は、おおくが現在に引き継がれている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た発明

    天文学は最古の科学のひとつである。先史時代の文化は、古代エジプトの記念碑やヌビアのピラミッドなど、天文学に関係する遺物を残した。発生間もない文明でも、バビロニアや古代ギリシア、古代中国や古代インドなど、そしてイランやマヤ文明などでも夜空の入念な観測が行われた。しかし、天文学が現代科学の仲間入りをするためには、望遠鏡の発明が欠かせなかった。歴史的には、天文学の学問領域は位置天文学や天測航法また観測天文学や暦法などと同じく多様なものだが、近年では天文学の専門家とはしばしば天体物理学者と同義と受け止められる。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た国際宇宙ステーション

    宇宙医学 - 宇宙飛行士による、長期滞在実験(ソユーズ計画、スカイラブ計画、サリュート計画、ミール計画、スペースシャトル計画、国際宇宙ステーション(ISS))によって、現在も研究が進められている。この目的は、当面は月への恒久基地建設に伴う長期滞在、火星への有人探査計画であるが、将来的には人類の宇宙活動が、生産や居住等にまで拡大した時代を見越して研究が進められている。天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学

    天文学から見た小惑星

    天文学は、数ある科学のなかでもアマチュアが活発に活動している数少ない分野である。特定の天体を追跡したり、彗星や小惑星などの新たな星を発見するといった、様々な形でアマチュアによる活動が行われており、プロの研究者へのフィードバックや連携活動も珍しくない。天文学 フレッシュアイペディアより)

160件中 41 - 50件表示

「天文学」のニューストピックワード