前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 京都府道・兵庫県道2号宮津養父線

    京都府道・兵庫県道2号宮津養父線から見た天橋立天橋立

    起点から与謝野町の四辻中交差点までは、1970年に国道176号の一部へ昇格した府道福知山宮津線(当時)との重複区間であり、概ね同国道の旧道となっている。このうち、天橋立南側の文殊周辺は1994年2月の宮津バイパス開通によって国道指定が解除されて府道の単独区間となっているが、現在でも自動車による天橋立へのアクセスルートとして重要な路線となっている。また、終点附近の大屋橋交差点から上野南交差点は、八鹿バイパスが2000年4月に全通するまでは国道9号の一部であった。京都府道・兵庫県道2号宮津養父線 フレッシュアイペディアより)

  • 岩滝町

    岩滝町から見た天橋立天橋立

    京都府北部に位置し、東と北を宮津市に接し、北西に京丹後市と、南西に野田川町と接している。加悦谷の入り口に位置し、日本三景の一つである天橋立も眺めることができる。岩滝町 フレッシュアイペディアより)

  • 傘松公園

    傘松公園から見た天橋立天橋立

    傘松公園(かさまつこうえん)は、京都府宮津市にある公園。丹後海陸交通が運営している。天橋立の北西にあり、展望台は観光名所のひとつになっている。麓の府中からケーブルカー(天橋立鋼索鉄道)かリフトで登ることができる。傘松公園 フレッシュアイペディアより)

  • 厳島

    厳島から見た天橋立天橋立

    松島・天橋立とならび、日本三景のひとつとして知られる景勝地である。古代から島そのものが自然崇拝の対象だったとされ、平安時代末期以降は厳島神社の影響力の強さや海上交通の拠点としての重要性からたびたび歴史の表舞台に登場した。江戸時代中期からは、日本屈指の観光地として栄えてきた。現在では人口1800人余りの島に国内外から、年間300万人を超える参拝客及び観光客が訪れており、2011年には、世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor(R)」の日本法人・トリップアドバイザーが「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20の第1位と発表した。原爆ドームとならんで広島県の代名詞的存在の一つとなっている。厳島 フレッシュアイペディアより)

  • 北近畿

    北近畿から見た天橋立天橋立

    北近畿は、山陰海岸国立公園や城崎温泉、日本三景の一つ天橋立などの名勝を抱えており、夏には海水浴を、冬にはカニ料理を目的とした観光客が多く訪れている。京都府北部と兵庫県北部の自治体は、観光事業の促進のために北近畿広域観光連盟を結成している。北近畿 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立駅

    天橋立駅から見た天橋立天橋立

    日本三景の一つに数えられ、全国的に有名な観光地、天橋立への鉄道での玄関口であり、丹後観光の拠点ともなる駅である。また、2000年に、第1回近畿の駅百選にも選ばれている。天橋立駅 フレッシュアイペディアより)

  • 天の橋立

    天の橋立から見た天橋立天橋立

    天の橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 斜め一文字

    斜め一文字から見た天橋立天橋立

    斜め一文字 フレッシュアイペディアより)

  • 飛龍観

    飛龍観から見た天橋立天橋立

    飛龍観 フレッシュアイペディアより)

  • 丹後国風土記

    丹後国風土記から見た天橋立天橋立

    数多くある風土記逸文の中でも比較的長文が残されており、最古の部類に入る浦島伝説、羽衣伝説の記述は万葉仮名書きの和歌が入っている点も含めて特筆すべきものである。他に、天橋立の伝承もある。(下に挙げる和歌は漢字仮名交じり文で記す)丹後国風土記 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「天橋立」のニューストピックワード