103件中 31 - 40件表示
  • 京都府道651号大宮岩滝線

    京都府道651号大宮岩滝線から見た天橋立天橋立

    京丹後市大宮町から与謝野町役場のある岩滝地区を最短距離で連絡する路線である。両町の境界線には天橋立十景のひとつで一字観の見られる大内峠がある。両地点間はより昇降の少なく道路が整備されている国道312号水戸谷峠での迂回も可能である。京都府道651号大宮岩滝線 フレッシュアイペディアより)

  • 林鵞峰

    林鵞峰から見た天橋立天橋立

    寛永20年(1643年)の著書『日本国事跡考』のなかで「松島、此島之外有小島若干、殆如盆池月波之景、境致之佳、與丹後天橋立、安藝嚴島爲三處奇觀」(松島、この島の外に小島若干あり、ほとんど盆池月波の景の如し、境致の佳なる、丹後天橋立・安芸厳島と三処の奇観となす)と記し、これが現在の「日本三景」の由来となった。2006年(平成16年)、林鵞峰の誕生日にちなみ、7月21日が「日本三景の日」と制定された。林鵞峰 フレッシュアイペディアより)

  • 宮津市立府中小学校

    宮津市立府中小学校から見た天橋立天橋立

    日本三景の一つ、天橋立が近くにあり、観光地に位置する。宮津市立府中小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府道607号天の橋立線

    京都府道607号天の橋立線から見た天橋立天橋立

    丹後天橋立大江山国定公園にあり、日本を代表する景勝地のひとつで日本三景に数えられる天橋立を渡る路線である。京都府道607号天の橋立線 フレッシュアイペディアより)

  • 橋立丸

    橋立丸から見た天橋立天橋立

    本船は、太平洋戦争における日本の第1次戦時標準船のうち大型タンカー規格である1TL型戦時標準船の18番船として、川崎重工業神戸造船所で建造された。1944年(昭和19年)5月10日に起工、173日間で竣工に至っている。1TL型戦時標準船のうち戦時中に竣工したものとしては最終にあたる。船名は天橋立に由来し、船主の日本水産(戦時中は日本海洋漁業統制株式会社)が所有する石油タンカー「厳島丸」(戦前建造)および「松島丸」(2TL型戦標船)と合わせて日本三景にちなむ船名が揃っている。橋立丸 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌浦

    和歌浦から見た天橋立天橋立

    『万葉集』にも詠まれた古からの風光明媚なる地で、近世においても天橋立に比肩する景勝地とされた。近現代において東部は著しく地形が変わったため往事の面影は見られないが2011年に漸く国の名勝に指定され、また自然海岸を残す西部の雑賀崎周辺は瀬戸内海国立公園の特別地域に指定されており、其々保護されている。和歌浦 フレッシュアイペディアより)

  • 海岸侵食

    海岸侵食から見た天の橋立天橋立

    なお、天の橋立においても侵食は問題となっており、突堤建設・サンドリサイクルなどの対策が行われている。海岸侵食 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇海

    阿蘇海から見た天橋立天橋立

    阿蘇海(あそかい、あそのうみ)は京都府宮津市、与謝郡与謝野町にまたがる、天橋立によって日本海の宮津湾から仕切られてできた内海(海跡湖)。湾奥には野田川が流入し、宮津湾とは狭い水道でのみつながる。阿蘇海 フレッシュアイペディアより)

  • 風致公園

    風致公園から見た天橋立天橋立

    日本三景である天橋立は、営造物公園である都市公園(風致公園)として設置されている一方、地域性公園である自然公園法による丹後天橋立大江山国定公園に包括指定され、かつ、文化財保護法による特別名勝に指定されている。風致公園 フレッシュアイペディアより)

  • 若狭湾

    若狭湾から見た天橋立天橋立

    若狭湾は日本海の大陥没湾となっており、リアス式海岸が発達している。湾内には敦賀湾や世久見湾、小浜湾、矢代湾、内浦湾、舞鶴湾、宮津湾などの支湾があり、観光名所として日本三景の一つ天橋立、日本三大松原の一つ気比の松原を含む。その風光明媚な地形は1955年に笙の川以西の全湾岸周辺が若狭湾国定公園の大部分に、また1968年には東岸周辺の一部が越前加賀海岸国定公園の一部に指定されていたが、2007年8月3日に若狭湾国定公園のうち由良川以西が分離独立し、大江山などを加えて新たに丹後天橋立大江山国定公園となり、3つの国定公園を有することになった。若狭湾 フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「天橋立」のニューストピックワード