137件中 31 - 40件表示
  • 若狭湾

    若狭湾から見た天橋立天橋立

    若狭湾は日本海の大陥没湾となっており、リアス式海岸が発達している。湾内には敦賀湾や世久見湾、小浜湾、矢代湾、内浦湾、舞鶴湾、宮津湾などの支湾があり、観光名所として日本三景の一つ天橋立、日本三大松原の一つ気比の松原を含む。その風光明媚な地形は1955年に笙の川以西の全湾岸周辺が若狭湾国定公園の大部分に、また1968年には東岸周辺の一部が越前加賀海岸国定公園の一部に指定されていたが、2007年8月3日に若狭湾国定公園のうち由良川以西が分離独立し、大江山などを加えて新たに丹後天橋立大江山国定公園となり、3つの国定公園を有することになった。若狭湾 フレッシュアイペディアより)

  • 加悦谷

    加悦谷から見た天橋立天橋立

    加悦谷を南北に流れる野田川が、日本三景の一つである天橋立の内海(阿蘇海)に注ぎ込む。その豊かな水源を用い、丹後ちりめんや稲作が基幹産業になっている。2006年(平成18年)3月には加悦谷3町が対等合併し、与謝野町が誕生した。加悦谷 フレッシュアイペディアより)

  • 林鵞峰

    林鵞峰から見た天橋立天橋立

    寛永20年(1643年)の著書『日本国事跡考』のなかで「松島、此島之外有小島若干、殆如盆池月波之景、境致之佳、與丹後天橋立、安藝嚴島爲三處奇觀」(松島、この島の外に小島若干あり、ほとんど盆池月波の景の如し、境致の佳なる、丹後天橋立・安芸厳島と三処の奇観となす)と記し、これが現在の「日本三景」の由来となった。2006年(平成16年)、林鵞峰の誕生日にちなみ、7月21日が「日本三景の日」と制定された。林鵞峰 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生君平

    蒲生君平から見た天橋立天橋立

    京都では歌人小沢蘆庵の邸に滞在して、天皇陵(古墳)を研究する。父・正栄の喪が明けた32歳の時、すべての天皇陵を実際に調べあげる旅に出る(寛政11年11月28日 - 寛政12年5月24日)。佐渡島の順徳天皇陵までの歴代天皇陵を旅する。伊勢松阪の本居宣長を訪れ、大いに激励を受ける。この調査の旅において、友人である僧・良寿の遺骨を携えて天橋立に行き、日本海に散骨したという話は有名である。帰途、師の鈴木石橋にあいさつに行ったが、身なりは粗末でくたくたに疲れ切っていたという。蒲生君平 フレッシュアイペディアより)

  • 花山院長親

    花山院長親から見た天橋立天橋立

    南朝末期には吉野を離れて流浪していたらしく、元中9年/明徳3年(1392年)の南北朝合一以前に上洛して妙光寺で出家し、臨済宗法燈派の聖徒明麟に就いて子晋明魏と号した。応永2年(1395年)東山如住院へ移り、同5年(1398年)その付近に耕雲庵を結んで南禅寺の塔頭とし、その庵号をもって耕雲とも称する。またこの前後に明麟の開いた同寺塔頭の禅栖院にも住する傍ら、『両聖記』・『霊巌寺縁起』・『衣奈八幡宮縁起』を執筆した。長親の歌人としての名声は京都でも聞こえ、やがて足利将軍の歌道師範となり、同14年(1407年)12月足利義満の十首歌へ批点を加え、翌15年(1408年)3月には歌論書『耕雲口伝』を執筆。同18年(1411年)大内盛見に『古今集』を講じ、同20年(1413年)将軍足利義持に『孟子』を進講した。同21年(1414年)2月義持の命で冷泉為尹・宋雅とともに北野社十五首歌を詠進し、同年冬には足利満詮邸で「七百番歌合」(散佚)の判者を務めている。またこれ以降、義持の没する応永35年(1428年)まで厚遇を受け、奈良・天橋立などの遊覧、北野・男山・清水寺への参宮・参籠などにしばしば随行したが、同25年(1418年)9月の伊勢参宮に随行した際の紀行文が『耕雲紀行』である(翌春執筆)。その他、同26年(1419年)伏見宮貞成親王の仙洞歌会や歌合に参会し、同29年(1422年)5月『日御碕社造営勧進記』を記し、同32年(1425年)頃には正徹とも親交を得るなど、晩年まで幅広く活躍した。花山院長親 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿百景

    近畿百景から見た天橋立天橋立

    52位 天橋立(京都府)近畿百景 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立鋼索鉄道

    天橋立鋼索鉄道から見た天橋立天橋立

    京都丹後鉄道宮豊線の天橋立駅から日本三景の天橋立、傘松公園を経て成相山成相寺へ至る参詣ルートの途中にある。リフトが併設してあり乗車券は共通となっている。天橋立鋼索鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府道616号笠松公園線

    京都府道616号笠松公園線から見た天橋立天橋立

    天橋立北側の山上にある路線で、沿線には股のぞきで著名な傘松公園があるが、本路線名の笠松公園とは別地点にある別の公園である。京都府道616号笠松公園線 フレッシュアイペディアより)

  • 股のぞき

    股のぞきから見た天橋立天橋立

    堀麦水の『三州奇談』などにも紹介されているように、この世ならざる異界の風景を想像したり、遠く離れた異国の情景を見たりする手法として股のぞきがある。『三州奇談』で紹介されている富山県唐島の股のぞきの他、後述する天橋立での股のぞきがよく知られている。股のぞき フレッシュアイペディアより)

  • 廻旋橋

    廻旋橋から見た天橋立天橋立

    廻旋橋 フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示

「天橋立」のニューストピックワード