137件中 41 - 50件表示
  • 日本クリニック

    日本クリニックから見た天橋立天橋立

    同社の工場は日本三景の一つに数えられる天橋立が所在する京都府宮津市に位置し、瀬戸内産のカキを使用し1984年からこの地で脈々と生産が続けられている。日本クリニック フレッシュアイペディアより)

  • 宮津湾

    宮津湾から見た天橋立天橋立

    宮津湾(みやづわん)は、若狭湾西端に位置する湾。日本三景の一つである天橋立によって、内海の阿蘇海と隔てられてている。日本海が入り込んでできた。宮津湾と阿蘇海とは狭い水路でのみ繋がっている。水産業が盛んで、タイ類やナマコなどのほか、鰆(サワラ)や鯵(アジ)、鰯(イワシ)、秋イカなど四季を通して旬の水産物が水揚げされる。宮津湾 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇海

    阿蘇海から見た天橋立天橋立

    阿蘇海(あそかい、あそのうみ)は京都府宮津市、与謝郡与謝野町にまたがる、天橋立によって日本海の宮津湾から仕切られてできた内海(海跡湖)。湾奥には野田川が流入し、宮津湾とは狭い水道でのみつながる。阿蘇海 フレッシュアイペディアより)

  • 小天橋

    小天橋から見た天橋立天橋立

    小天橋は日本海と久美浜湾を南北に隔てる湾口砂州である。小天橋という名前は、日本三景・天橋立と似ていることから名付けられた。久美浜湾と日本海との間は、かつては砂州によって封鎖されることが多かったが、1913年(大正2年)に小天橋の西側に30cmほどの人工的に開削された細い水路が開かれた。また1972年(昭和47年)にも水路の拡張開削工事などが行われている。小天橋 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉浜

    住吉浜から見た天橋立天橋立

    京都府宮津市の天橋立に擬して豊後天ノ橋立とも呼ばれ、江戸時代後期には歌川広重(安藤広重)の『六十余州名所図会』の「蓑崎」にも描かれた古くからの景勝地である。また、北側に位置する奈多海岸と合わせ、「奈多・住吉海岸」として大分百景に選ばれている。住吉浜 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府道803号加悦岩滝自転車道線

    京都府道803号加悦岩滝自転車道線から見た天橋立天橋立

    通過する一帯は野田川が流れ、終点から程近い阿蘇海の対岸には日本三景に数えられ、丹後天橋立大江山国定公園に含まれる天橋立を望むなど自然が溢れ、製織町として重要伝統的建造物群保存地区に選定されている旧加悦町と野田川下流側に位置する旧野田川町は丹後ちりめんの特産で知られる歴史と文化の豊かな地である。起点には往時の様子を現代に伝える加悦SL広場や地域の情報発信拠点として活用されている道の駅シルクのまち かやのほか、大江山運動公園や野田川親水公園も整備されており、自然公園、名勝、観光施設、レクリエーション施設等を結ぶという国土交通省が掲げる大規模自転車道の目的を担っている。京都府道803号加悦岩滝自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • 小俣氏

    小俣氏から見た天橋立天橋立

    丹後安国寺は天橋立港を見下ろす小高い丘上にあり、交通の要衝を抑えるかたちでつくられている。小俣氏 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島 (戦艦)

    鹿島 (戦艦)から見た天の橋立天橋立

    1907年(明治40年)5月13日(14日)、籠神社参拝や天の橋立見学等を終えた明治天皇皇太子(嘉仁親王。後の大正天皇)は舞鶴港で「鹿島」に乗艦。舞鶴を出発。5月15日、皇太子は境港市(鳥取県)で「鹿島」を降りた。鹿島 (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 織田杏斎

    織田杏斎から見た天橋立天橋立

    1903年(明治36年) - 天橋立、書写山等織田杏斎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡嘉敷 勝男

    渡嘉敷勝男から見た天橋立天橋立

    前述のように「たけし・逸見の平成教育委員会」では珍解答を連発。その結果、毎回のように岡本夏生と最下位争いを演じていた。しかし天然ボケ的な珍解答の多かった岡本に対し、渡嘉敷は意図的に珍解答を連発していたようである(例えば「日本三景を答えよ」という問題〔正解:天橋立、松島、宮島〕に対し、渡嘉敷は「オグラ景、谷景、マリムラ景」と、応仁の乱を「大人の乱」、◯×問題で◯ではなくうずまきを書く、×をバ2と書くなど)。そのため、正答率は毎回低いことが多い。時折難解な問題で正解すると、学級委員長の逸見政孝に「(正解を書いたのは)ウケ狙いですか?」。北野武先生には「ボケようとして、正解してしまったんですね。」と、言われる。また、実際に珍解答狙いで「切ったトイレットペーパーを円筒状にして火をつけるとどうなるか?」という問題に対して「飛ぶ」と答えたところ正解だったこともあった。また岡本には対抗意識を持っていたようで、「川柳『○○と 言われるほどの 馬鹿でなし』の『○○』に当てはまる言葉を答えよ」という問題(正解:先生)に「岡本」と解答した。ちなみに岡本もこの問題で「とかしき」と解答している。なお、他の回の川柳の問題で「荒波で 婆争ふて 昆布採る」の季節と季語を答える問題(季語:昆布採る、季節:夏)では、唯一自分だけ正解だったこともあった。渡嘉敷勝男 フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「天橋立」のニューストピックワード