103件中 61 - 70件表示
  • 日本クリニック

    日本クリニックから見た天橋立天橋立

    同社の工場は日本三景の一つに数えられる天橋立が所在する京都府宮津市に位置し、瀬戸内産のカキを使用し1984年からこの地で脈々と生産が続けられている。日本クリニック フレッシュアイペディアより)

  • 南京玉すだれ

    南京玉すだれから見た天橋立天橋立

    日本三景 天橋立 浮かぶ白帆にさも似たり南京玉すだれ フレッシュアイペディアより)

  • 遊覧船

    遊覧船から見た天橋立天橋立

    天橋立・丹後半島 - 宮津?天橋立?一の宮、かもめ1号、かもめ1号、かもめ11号、かもめ12号遊覧船 フレッシュアイペディアより)

  • 花山院長親

    花山院長親から見た天橋立天橋立

    南朝末期には吉野を離れて流浪していたらしく、元中9年/明徳3年(1392年)の南北朝合一以前に上洛して妙光寺で出家し、臨済宗法燈派の聖徒明麟に就いて子晋明魏と号した。応永2年(1395年)東山如住院へ移り、同5年(1398年)その付近に耕雲庵を結んで南禅寺の塔頭とし、その庵号をもって耕雲とも称する。またこの前後に明麟の開いた同寺塔頭の禅栖院にも住する傍ら、『両聖記』・『霊巌寺縁起』・『衣奈八幡宮縁起』を執筆した。長親の歌人としての名声は京都でも聞こえ、やがて足利将軍の歌道師範となり、同14年(1407年)12月足利義満の十首歌へ批点を加え、翌15年(1408年)3月には歌論書『耕雲口伝』を編む。同18年(1411年)大内盛見に『古今集』を講じ、同20年(1413年)将軍足利義持に『孟子』を進講した。同21年(1414年)2月義持の命で冷泉為尹・宋雅とともに北野社十五首歌を詠進し、同年冬には足利満詮邸で「七百番歌合」(散佚)の判者を務めている。またこれ以降、義持の没する応永35年(1428年)まで厚遇を受け、奈良・天橋立などの遊覧、北野・男山・清水寺への参宮・参籠などにしばしば随行したが、同25年(1418年)9月の伊勢参宮に随行した際の紀行文が『耕雲紀行』である(翌春執筆)。その他、同26年(1419年)伏見宮貞成親王の仙洞歌会や歌合に参会し、同29年(1422年)5月『日御碕社造営勧進記』を記し、同32年(1425年)頃には正徹とも親交を得るなど、晩年まで幅広く活躍した。花山院長親 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府

    京都府から見た天橋立天橋立

    中部では、保津峡や湯の花温泉のある亀岡市、北部では天橋立などのある丹後半島で観光業の振興が行われている。京都府 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府道803号加悦岩滝自転車道線

    京都府道803号加悦岩滝自転車道線から見た天橋立天橋立

    通過する一帯は野田川が流れ、終点から程近い阿蘇海の対岸には日本三景に数えられ、丹後天橋立大江山国定公園に含まれる天橋立を望むなど自然が溢れ、製織町として重要伝統的建造物群保存地区に選定されている旧加悦町と野田川下流側に位置する旧野田川町は丹後ちりめんの特産で知られる歴史と文化の豊かな地である。起点には往時の様子を現代に伝える加悦SL広場や地域の情報発信拠点として活用されている道の駅シルクのまち かやのほか、大江山運動公園や野田川親水公園も整備されており、自然公園、名勝、観光施設、レクリエーション施設等を結ぶという国土交通省が掲げる大規模自転車道の目的を担っている。京都府道803号加悦岩滝自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府道802号田井大垣自転車道線

    京都府道802号田井大垣自転車道線から見た天橋立天橋立

    通過する若狭湾沿岸域は丹後天橋立大江山国定公園に含まれ、沿線には日本を代表する景勝地である日本三景の天橋立が控えており、天橋立を望む展望台をはじめとした観光施設のほか、智恩寺(文殊堂)や丹後国分寺跡、籠神社(元伊勢神社)といった神社・仏閣も点在している。また、宮津市街地の島崎公園周辺には文化ホールや体育館が立地し、天橋立ビューランドや与謝野町の阿蘇シーサイドパークなどのレクリエーション施設も充実しており、自然公園、名勝、観光施設、レクリエーション施設等を結ぶという国土交通省が掲げる大規模自転車道の目的を担っている。京都府道802号田井大垣自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • 松島型防護巡洋艦

    松島型防護巡洋艦から見た天橋立天橋立

    松島型防護巡洋艦は3隻建造され、それぞれ松島(まつしま)、厳島(いつくしま)、橋立(はしだて)と命名されたが、日本三景である陸奥松島、安芸厳島(宮島)、丹後天橋立から名を取ったことが三景艦と呼ばれた所以である。松島型防護巡洋艦 フレッシュアイペディアより)

  • 清河八郎

    清河八郎から見た天橋立天橋立

    安政2年(1855年)3月から9月にかけて、母親を連れて、清川村を出発。善光寺、名古屋、伊勢、奈良、京都、近江、大坂、宮島、岩国、天橋立、鎌倉、江戸、日光などをめぐる大旅行をする。その記録『西遊草』は、幕末の旅行事情を知るうえでは貴重な資料である。内容は各国の名士との出会いなどを中心に書かれているが、清河の性格からか辛辣で手厳しい批評が多い。清河八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北近畿タンゴ鉄道宮福線

    北近畿タンゴ鉄道宮福線から見た天橋立天橋立

    福知山駅 - 宮津駅間を短絡し、京都・大阪方面から日本三景の天橋立を始めとする丹後半島への観光アクセス路線となっている。福知山駅 - 大江駅間は由良川に沿って進み、大江駅 - 宮津駅間は全長3,215 mの普甲トンネルを始めとするトンネルの連続で山を越える。北近畿タンゴ鉄道宮福線 フレッシュアイペディアより)

103件中 61 - 70件表示

「天橋立」のニューストピックワード