137件中 61 - 70件表示
  • 可動橋

    可動橋から見た天橋立天橋立

    日本では有名観光地の天橋立にあるものが知られている。東京都大田区海老取川には「羽田可動橋」(首都高速羽田線)があるが、1998年以降は使用されていない。富山県黒部市生地には橋の片側を軸として回転する旋回式可動橋「生地中橋」がある(元々は昇降式可動橋であった)。また大阪港には非常時の際に大型船舶が通れる様に浮体式の「夢舞大橋」があり、兵庫県尼崎市にある尼崎閘門(尼ロック)内には作業用車両が通行する際に使用する管理橋が左右に開く旋回橋となっている(普段は開橋状態になっている)。可動橋 フレッシュアイペディアより)

  • デネブ

    デネブから見た天橋立天橋立

    天の川の中に見える星であることから、岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲や京都府宮津市の天橋立などであまのがわぼしという和名が伝わっている。また、七夕に遅れて上ってくることから、京都府京丹後市の一部では「ふるたなばた」「へたのたなばた」、舞鶴市では「たなばたのあとぼし」、福井県敦賀市では「あとたなばた」などとも呼ばれていた。デネブ フレッシュアイペディアより)

  • 松島型防護巡洋艦

    松島型防護巡洋艦から見た天橋立天橋立

    松島型防護巡洋艦は3隻建造され、それぞれ松島(まつしま)、厳島(いつくしま)、橋立(はしだて)と命名されたが、日本三景である陸奥松島、安芸厳島(宮島)、丹後天橋立から名を取ったことが三景艦と呼ばれた所以である。松島型防護巡洋艦 フレッシュアイペディアより)

  • 橋立丸

    橋立丸から見た天橋立天橋立

    本船は、太平洋戦争における日本の第1次戦時標準船のうち大型タンカー規格である1TL型戦時標準船の18番船として、川崎重工業神戸造船所で建造された。1944年(昭和19年)5月10日に起工、173日間で竣工に至っている。1TL型戦時標準船のうち戦時中に竣工したものとしては最終にあたる。船名は天橋立に由来し、船主の日本水産(戦時中は日本海洋漁業統制株式会社)が所有する石油タンカー「厳島丸」(戦前建造の川崎型油槽船)および「松島丸」(2TL型戦標船)と合わせて日本三景にちなむ船名が揃っている。橋立丸 フレッシュアイペディアより)

  • 高浜町

    高浜町から見た天橋立天橋立

    豊臣期の領主は、変遷したが、関ヶ原後、徳川家康の論功行賞により、京極氏の兄弟が、それぞれ若狭、丹後の国持大名となった。この時期に小浜城主京極高次の弟、宮津城主京極高知の娘婿、八条 皇子が丹後・若狭を遊覧し青葉山にちなむ和歌を詠んだ。「はちじょう の みこ」とは八条宮智仁親王のことで、京都八条通りに有名な、桂離宮を造営した人物である。歌人であった親王は、親族の領国であった丹後・若狭の名所をめぐり多数の歌を残した(嫁の実家の宮津にある天橋立の歌が中でも多い)。高浜町 フレッシュアイペディアより)

  • 養浜

    養浜から見た天橋立天橋立

    侵食傾向にない近隣の砂浜から移送するのが最も原始的かつ確実であるが、根本的な解決は潮の移動による侵食を押さえることが必要。日本では海岸線から直角方向の沖合に向かって消波ブロックを並べる突堤、または海岸線と並行に消波ブロックを並べる離岸堤が設置されることが多い。近年では天橋立や遠州灘において、海水と一緒に砂を吸い上げてパイプで移動させるサンドバイパスという手法も開発されている。養浜 フレッシュアイペディアより)

  • 薄田兼相

    薄田兼相から見た天橋立天橋立

    薄田兼相の前身が岩見重太郎であるという説は有名である。それによるならば、小早川隆景の剣術指南役・岩見重左衛門の二男として誕生したが、父は同僚の広瀬軍蔵によって殺害されたため、その敵討ちのために各地を旅したとされる。その道中で化け物退治をはじめとする数々の武勇談を打ち立て、天正18年(1590年)天橋立にてついに広瀬を討ち果たした。その後、叔父の薄田七左衛門の養子となったとされる。薄田兼相 フレッシュアイペディアより)

  • 生駒 (巡洋戦艦)

    生駒 (巡洋戦艦)から見た天橋立天橋立

    7月5日朝、東郷平八郎東宮御学問所総裁、同幹事小笠原長生、伏見宮博恭王第二戦隊司令官との対面を終えた皇太子は、「生駒」より舞鶴鎮守府(名和又八郎司令長官)に上陸。舞鶴海軍工廠で建造中の駆逐艦2隻(檜、樫)を見学、籠神社(国幣中社)参拝、天橋立見学等の行事を終え、夕刻に「生駒」へ戻った。生駒 (巡洋戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 宮津駅

    宮津駅から見た天橋立天橋立

    宮津市は天橋立を抱える日本を代表する観光都市であるが、天橋立へは隣駅の天橋立駅があるため、観光客はそれほど多くない。しかし宮津市の玄関駅で、市役所などの官公庁も近いため、市民の利用やビジネス客の利用は多い。当駅から西舞鶴方面へ向かう宮津線、京都・大阪方面へ向かう宮福線が分岐しているが、定期利用者数は宮津線が多い反面、宮福線は長距離利用者が多いのが特徴である。宮津駅 フレッシュアイペディアより)

  • はしだて (特務艇)

    はしだて (特務艇)から見た天橋立天橋立

    艦名は天橋立に因み、大日本帝国海軍以来用いられてきた伝統ある名である。松島型防護巡洋艦3番艦「橋立」、橋立型砲艦1番艦「橋立」に続き日本の艦艇としては3代目。はしだて (特務艇) フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「天橋立」のニューストピックワード