137件中 71 - 80件表示
  • 海岸

    海岸から見た天橋立天橋立

    海岸は美しい景観をしていることが多く、観光名所となっている場所がある。日本では、天橋立・三陸海岸・東尋坊などがある。海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 京都定期観光バス

    京都定期観光バスから見た天橋立天橋立

    このコースの廃止により、京都定期観光バスは八幡市への乗り入れが一旦無くなり、この当時は京都市、亀岡市、宇治市、京田辺市および滋賀県大津市の拠点を発着地とするもののみの運行となった。後に美山かやぶきの里へ乗り入れるコースも新設され南丹市へ向けても運行しているほか、2013年夏の特別拝観コース(QR・石清水八幡宮と一休寺・万福寺コース、QY・ライトアップ石清水八幡宮コース)で八幡市乗り入れが復活している。また前述のように近江鉄道と丹後海陸交通、奈良交通が新規に参入して以降は、大津市以外の滋賀県内や京都府北部の日本海側に位置する宮津市の天橋立や京都府南端の木津川市にある浄瑠璃寺にもコースを拡大している。京都定期観光バス フレッシュアイペディアより)

  • 成ヶ島

    成ヶ島から見た天橋立天橋立

    成ヶ島(なるがしま)は、兵庫県洲本市由良町由良の東側の紀淡海峡に、南北約2.5kmにわたって砂州が伸びる細長い島。瀬戸内海国立公園の一部。淡路橋立とも呼ばれる。成ヶ島 フレッシュアイペディアより)

  • 重要文化的景観

    重要文化的景観から見た天橋立天橋立

    宮津天橋立の文化的景観(京都府宮津市) - 2014年3月18日選定重要文化的景観 フレッシュアイペディアより)

  • 細川忠隆

    細川忠隆から見た天橋立天橋立

    文武に優れ、祖父・細川幽斎にも可愛がられていた。慶長4年(1599年)に幽斎が烏丸光広や中院通勝らを招いて天橋立見物の歌会をした際にも加わり、忠隆が詠んだ和歌短冊が丹後の智恩寺に現存する。細川忠隆 フレッシュアイペディアより)

  • 公園

    公園から見た天橋立天橋立

    江戸期から景勝地とされ、明治期に公園として開設された松島、天橋立、安芸の宮島(日本三景)や大名庭園である偕楽園、兼六園、後楽園(日本三名園)などの公園の一部は、1919年(大正8年)制定の旧史蹟名勝天然紀念物保存法により「著名ナル公園及庭園」として名勝に指定されていった。公園 フレッシュアイペディアより)

  • マツ

    マツから見た天橋立天橋立

    種類にもよるが、他の樹木が生えないような岩や砂だらけの荒地でもよく育つ。霧に包まれた険しい岩山に生えるマツは仙人の住む世界(仙境)のような世界を演出し、特に中国の黄山や華山の光景は見事である。海岸地帯においても時に優先種となり、白い砂と青々としたマツの樹冠の対比の美しさは白砂青松などと呼ばれる。これは特に日本で親しまれており松島、天橋立、桂浜、虹ノ松原などが有名。マツ フレッシュアイペディアより)

  • 風景

    風景から見た天橋立天橋立

    江戸時代初期に松島、宮島、天橋立が「日本三処奇観」と呼ばれ、やがて日本三景として定着した。江戸時代は各国の地理に関心が高まった時代で、『都名所図会』『江戸名所図会』などの刊行や、葛飾北斎の「富嶽三十六景」シリーズなども自然風景への関心を示していると言えよう。風景 フレッシュアイペディアより)

  • 松島町

    松島町から見た天橋立天橋立

    寛永20年(1643年) :儒学者・林春斎が『日本国事跡考』において、松島を天橋立・厳島と共に「三処奇観」と風景評価した。これが後世知られる「日本三景」の端緒とされる。松島町 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見た天橋立天橋立

    海岸:天橋立、志摩半島のリアス式海岸 など日本の地理 フレッシュアイペディアより)

137件中 71 - 80件表示

「天橋立」のニューストピックワード