137件中 81 - 90件表示
  • 京都国立博物館

    京都国立博物館から見た天橋立天橋立

    紙本墨画淡彩天橋立図 雪舟筆京都国立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • Ciao! MUSICA

    Ciao! MUSICAから見た天橋立天橋立

    海のエリア京都を野村が紹介。天橋立、舞鶴、福知山、丹波エリアの観光スポットやグルメを紹介する。Ciao! MUSICA フレッシュアイペディアより)

  • 三保の松原

    三保の松原から見た天橋立天橋立

    1922年(大正11年)3月8日、史蹟名勝天然紀念物保存法(文化財保護法の前身のひとつ)により、天橋立とともに日本初の名勝に指定された。名勝指定時の面積は339.8ha(国有地62.8ha、公有地14.3ha、民有地261.3ha)、松の本数は9万3千本(一説には12万本)あったが、第二次世界大戦中の松根油の採取による松林の伐採や、第二次世界大戦後の民有地開発などにより、1991年(平成3年)3月時点では198.2ha(国有地42.8ha、公有地14.3ha、民有地139.7ha)、松の本数も5万4千本に減少。2014年2月23日の「富士山の日」イベントで、松の本数を調査した結果3万699本と25年前に比べ2万本以上も減少していることがわかった。三保の松原 フレッシュアイペディアより)

  • もんじゅ

    もんじゅから見た天橋立天橋立

    「もんじゅ」の名は仏教の文殊菩薩に由来する。若狭湾に面する天橋立南側にある天橋山智恩寺の本尊から来ているといわれる。新型転換炉「ふげん」ともに「文殊、普賢の両菩薩は、知慧と慈悲を象徴する菩薩で、獅子と象に乗っている。それは巨獣の強大なパワーもこのように制御され、人類の幸福に役立つのでなければならない」と願いを込めて命名された。もんじゅ フレッシュアイペディアより)

  • 一色恭志

    一色恭志から見た天橋立天橋立

    血液型はO型。実家は、天橋立のほど近くにあり、丹後ちりめんのメーカー「一色テキスタイル」。一色恭志 フレッシュアイペディアより)

  • モリカミ博物館

    モリカミ博物館から見た天橋立天橋立

    第一期の庭園は、1977年に大和館の建設とともに造営されたもので、モリカミ池とその周辺が整備され、石灯籠、つくばいなどが配置された。石灯籠は1681年に徳川家綱が江戸の東照宮に寄進したものであるといい、呉の造船会社を経てウエストパームビーチの船主の手に渡り、1977年に本庭園に移された。以後1999年まで庭園は順次整備されていった。本館の西側にある「知恵の輪」(姉妹都市である宮津市天橋立にある石灯籠のレプリカ)は、1997年に宮津の市民から寄贈されたものである。モリカミ博物館 フレッシュアイペディアより)

  • はしだて (列車)

    はしだて (列車)から見た天橋立天橋立

    「はしだて」の名称は日本三景の一つで宮津市に所在する砂州「天橋立」が由来となっている。この名称は1965年より1968年まで大阪駅 - 天橋立駅間を福知山線・山陰本線・宮津線経由で運行する準急列車に使用されたのが初出とされる。この列車は1966年に急行となり、1968年に急行「丹波」に吸収されている。この列車の運転系統を踏襲している列車として比較的近いものに特急「文殊」「タンゴディスカバリー」が相当する(こうのとり (列車)の項目も参照)。はしだて (列車) フレッシュアイペディアより)

  • タンゴディスカバリー

    タンゴディスカバリーから見た天橋立天橋立

    北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つで、主に京都から日本三景の一つである天橋立がある宮津市・京丹後市などの京都府北部を結んでいた。タンゴディスカバリー フレッシュアイペディアより)

  • タンゴエクスプローラー

    タンゴエクスプローラーから見た天橋立天橋立

    北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つとして、主に大阪から日本三景の一つである天橋立がある宮津市・京丹後市などの京都府北部を結んでいた。タンゴエクスプローラー フレッシュアイペディアより)

  • 阪急三番街

    阪急三番街から見た天橋立天橋立

    北近畿方面 - 有馬温泉・舞鶴・宮津・天橋立・城崎温泉・湯村温泉・浜坂阪急三番街 フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「天橋立」のニューストピックワード