74件中 61 - 70件表示
  • 天橋立

    天橋立から見た侵食

    近年、天橋立は侵食により縮小・消滅の危機にある。これは戦後に河川にダムなどが作られ、山地から海への土砂供給量が減少し、天橋立における土砂の堆積・侵食バランスが崩れたためであるとされてきた。しかし、最近の研究では土砂の主な供給源とされる真名井川他からの流入だけでは、砂州を形成するにはもともと不足であることや、江戸時代後期に土砂の流入がそれほど増えていないのに砂州が成長したことなどから、土砂は2200年前の巨大地震による土石流で既に海底に蓄積されたもので河川からの流入量の変化より、むしろ侵食の原因は湾内の海流の変化が原因であるとされる。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た海流

    砂嘴の幅は20メートルから最長170メートルに達し公路となっている。宮津湾の西側沿岸流により砂礫が海流によって運ばれ、天橋立西側の野田川の流れから成る阿蘇海の海流にぶつかることにより、海中にほぼ真っ直ぐに砂礫が堆積して形成されたとされている。日本では、外洋に面さない湾内の砂州としては唯一のものであり、白砂青松を具現するかのごとく一帯には約8,000本の松林が生え、東側には白い砂浜が広がる。風土記(丹後国風土記逸文)では、伊射奈芸命(いざなぎのみこと)が天に通うために梯子を作って立てため「天の橋立」といったが、大神が寝ている間に倒れて現在の姿になったとされる。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た宮津天橋立インターチェンジ

    最寄りのインターチェンジ (IC) は、京都縦貫自動車道の宮津天橋立ICである。同ICから天橋立までは、国道176号および京都府道2号を経由する。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た宮津市

    天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる砂州である。日本三景の一つ。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た名水百選

    磯清水 - 砂嘴にある井戸で両側が海であるにもかかわらず、飲んでも塩分を感じない不思議な名水とされて散策する観光客の休憩時の飲料水として古くから珍重されている。和泉式部が「橋立の松の下なる磯清水都なりせば君も汲ままし」と詠ったと伝えられている。環境省選定の名水百選に選ばれている。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た京都府道・兵庫県道2号宮津養父線

    最寄りのインターチェンジ (IC) は、京都縦貫自動車道の宮津天橋立ICである。同ICから天橋立までは、国道176号および京都府道2号を経由する。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た遊覧船

    廻旋橋 - 天橋立の大橋立と小橋立を結び、橋の中央部分が90度回転する可動橋。1923年に人力で動く橋が完成し、1957年から現在の電動式になった。当初は、遊覧船などの大型船を通すために橋を回転させていたが、その頻度が下がったため、2009年から船が通らないときも回転させるようになった。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た砂州

    天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる砂州である。日本三景の一つ。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た丹後国風土記

    砂嘴の幅は20メートルから最長170メートルに達し公路となっている。宮津湾の西側沿岸流により砂礫が海流によって運ばれ、天橋立西側の野田川の流れから成る阿蘇海の海流にぶつかることにより、海中にほぼ真っ直ぐに砂礫が堆積して形成されたとされている。日本では、外洋に面さない湾内の砂州としては唯一のものであり、白砂青松を具現するかのごとく一帯には約8,000本の松林が生え、東側には白い砂浜が広がる。風土記(丹後国風土記逸文)では、伊射奈芸命(いざなぎのみこと)が天に通うために梯子を作って立てため「天の橋立」といったが、大神が寝ている間に倒れて現在の姿になったとされる。天橋立 フレッシュアイペディアより)

  • 天橋立

    天橋立から見た傘松駅

    天橋立の南端部へは同駅から徒歩すぐに位置している。北側の傘松公園へは同駅から路線バスか観光船(丹後海陸交通)またはモーターボート(同社および天橋立遊船)、もしくは砂州を徒歩などで府中駅へ。同駅から天橋立ケーブルカーに乗車し、傘松駅から徒歩。天橋立 フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「天橋立」のニューストピックワード