前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 空間創研

    空間創研から見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    2007年 第23回都市公園コンクール 設計(小規模)部門:国土交通大臣賞(大阪市天王寺動物園「アフリカ・サバンナ草食動物/肉食動物ゾーン」)空間創研 フレッシュアイペディアより)

  • ゾウの糞のリサイクル

    ゾウの糞のリサイクルから見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    大阪市の大阪市天王寺動物園では、2004年から、有機たい肥「エレファント・ダン」(ぞうさんのうんち)を製造している。2002年から糞の堆肥化に取り組み、有機性廃棄物堆肥化装置(高速発酵処理機)を導入した。生産は、ゾウ 2 頭の 1 日分の糞 120 Kg を納豆菌や乳酸菌をなどを混ぜ、高温で1日発酵させ、乾燥させて堆肥化する。製造量は1日 20 - 30 キロ。入場者に配布される。ゾウの糞のリサイクル フレッシュアイペディアより)

  • 天王寺公園

    天王寺公園から見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    上町台地の西端に位置しており、総面積は約28万m2。園内には大阪市天王寺動物園や植物温室、大阪市立美術館、慶沢園を擁する大阪を代表する都市公園である。かつては天王寺図書館や天王寺公会堂、野外音楽堂もあった。池上四郎第6代大阪市長の銅像が園内に建つ。天王寺公園 フレッシュアイペディアより)

  • 夕刊7チャンネル

    夕刊7チャンネルから見た天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    テレビ大阪の本社がある大阪市の天王寺動物園では、第二次世界大戦の爪痕が残る1950年に、タイからアジアゾウの春子が来園。来園最初の日曜日に6万以上の人々が押し寄せるほど熱烈な歓迎を受けると、以降も60年以上にわたって、大阪の人々に愛されてきた。夕刊7チャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 甲子園阪神パーク

    甲子園阪神パークから見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    ゾウやサル、キリンなどの動物やフラミンゴなどの鳥類を飼育していた。戦前には「ペンギンの海」と呼ばれる日本最大級の展示があり、ケープペンギン100羽余りを氷山を模した島で展示していた。また戦後には、ヒョウとライオンを異種交配した「レオポン」と呼ばれる珍獣も飼育しており、海外からも注目されたことがある。5頭が生まれ、うち1頭は1985年まで生存した。閉鎖後はゾウ2頭が千葉県の市原ぞうの国に移住したほか、大阪市天王寺動物園などいくつかの動物園に移籍している。甲子園阪神パーク フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立動物園

    大阪市立動物園から見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    大阪市立動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 天王寺動物園

    天王寺動物園から見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動植物公園

    大阪市天王寺動植物公園から見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動植物公園 フレッシュアイペディアより)

  • あげは

    あげはから見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    動物が苦手。それを克服するために1人で大阪市天王寺動物園に行ったことがある。あげは フレッシュアイペディアより)

  • くまたんち

    くまたんちから見た大阪市天王寺動物園大阪市天王寺動物園

    キャラクターデザインを行ったシガタケは、自身のサイトで「にぎわい動物園のモチーフが大阪市天王寺動物園」であるなどの開発裏話を語っている。くまたんち フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「天王寺動物園」のニューストピックワード