43件中 31 - 40件表示
  • 戦時猛獣処分

    戦時猛獣処分から見た天王寺動物園天王寺動物園

    その後、1944年(昭和19年)前半から、日本各地の他の動物園でも本格的に戦時猛獣処分が行われた。1944年3月に宝塚動植物園、天王寺動物園(10種25頭処分)、京都市動物園(13頭処分)が実施したほか、仙台市立動物園や福岡市記念動物園(6月6日)も続いた。愛知県の東山動物園では、1943年10月-11月にライオン2頭(うち1頭は試射用)とクマ1頭だけは軍の要請と市長の指示によって殺処分されたが、残りの多くは立地条件の良さや北王英一園長など当時の園関係者の努力と懇願によって猛獣飼育が続けられた。しかし、警備に協力する猟友会からは激しく非難されていた。その東山動物園でも、1944年12月13日の名古屋空襲に至り、「内務省からも射殺命令が出た」とする猟友会からの強硬な要請を受けて、ついにライオン2頭・ヒョウ2頭・トラ1頭・クマ2頭を銃殺した。数日後にも、残るクマ8頭が処分された。動物園以外のサーカスなどで飼育されていた猛獣に関しても、ひと足早く1943年10月には警視庁から処分命令が出され、ライオン52頭などが処分対象となった。戦時猛獣処分 フレッシュアイペディアより)

  • チンパンジー

    チンパンジーから見た天王寺動物園天王寺動物園

    日本では1927年に天王寺動物園で初めて飼育された。日本では1962年に福岡市動植物園が初めて飼育下繁殖、1982年に京都大学霊長類研究所が人工授精(動物園では1985年に恩賜上野動物園)、1998年に広島市安佐動物公園が死亡したオスの冷凍精子を用いた人工授精に成功した。チンパンジー フレッシュアイペディアより)

  • コウノトリ

    コウノトリから見た大阪市天王寺動植物公園天王寺動物園

    多摩動物公園では、中国から譲り受けて人工飼育を続けていた結果、1988年4月6日に国内初の人工繁殖に成功した。豊岡市のコウノトリ飼育場でも、この国内繁殖野生個体群の絶滅の約7ヶ月前である1985年7月27日に当時の旧ソ連から幼鳥6羽をもらい受けており、多摩動物公園の人工繁殖初成功の翌年5月16日に、人工繁殖に成功している。これ以後、毎年の繁殖に成功している。また、大阪市天王寺動植物公園、豊橋総合動植物公園でも繁殖が成功し、国内飼育数を増やしている。コウノトリ フレッシュアイペディアより)

  • 恵美須町駅

    恵美須町駅から見た天王寺動物園天王寺動物園

    島式1面2線ホームの地下駅。改札口は南北1ヶ所ずつ。でんでんタウンへは北改札(日本橋駅寄り・8号車付近)、阪堺線乗り換えや通天閣・天王寺動物園新世界ゲートへは南改札(動物園前駅寄り・1号車付近)の方が便利である。日本橋駅寄りのホームにはホーム階と北改札階を結ぶエレベータがある。また、北改札階と地上階を結ぶエレベータ(1-B号出入口)もある。動物園前駅寄りのホームには南改札階へのエスカレータがあり、南改札階と地上階を結ぶエレベータ(3号出入口)がある。恵美須町駅 フレッシュアイペディアより)

  • キーウィ (鳥)

    キーウィ (鳥)から見た大阪市天王寺動植物公園天王寺動物園

    日本で飼育する動物園は大阪の天王寺動物園のみである。キーウィ (鳥) フレッシュアイペディアより)

  • 新世界 (大阪)

    新世界 (大阪)から見た天王寺動物園天王寺動物園

    通天閣及びルナパークの開業により、新世界には芝居小屋や映画館、飲食店が集まり出し、1915年(大正4年)には東に隣接する天王寺公園西部に天王寺動物園が開園、1918年(大正7年)には南東に隣接して飛田遊廓( - 1958年)が開設、1919年(大正8年)には新世界に大阪国技館が建設され、周辺地域を含め一大歓楽街として認識されるようになる。そんな中でルナパークは振るわず、1923年(大正12年)に閉園となり、跡地は大阪市電天王寺車庫に転用された。新世界 (大阪) フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市営バス住之江営業所

    大阪市営バス住之江営業所から見た天王寺動物園天王寺動物園

    西成東ループ 地下鉄玉出→地下鉄岸里→天下茶屋駅東→阿さひ保育園→動物園前→新今宮駅前→地下鉄花園町→天下茶屋駅→阿部野神社→地下鉄玉出大阪市営バス住之江営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 東山動植物園

    東山動植物園から見た大阪市天王寺動植物公園天王寺動物園

    第二次大戦前には、ゾウ・キリン・ライオン・トラなど700種1200点という動物数を誇る大動物園となる。戦中、上野動物園や天王寺動物園と同様、空襲によって暴れだしたら問題だということで多くの動物が殺されたり(戦時猛獣処分)、餌不足により餓死するなどし、終戦まで生き延びたのは5種26点(ゾウ2頭、チンパンジー1頭、カンムリヅル2羽、カモ20羽、白鳥1羽)だけであった。しかし北王英一園長などの努力があり、日本国内では唯一ここの2頭のゾウだけが終戦時まで生き延びたため、戦後になるとゾウを見ようと全国から小中学生団体が詰め掛けた(象列車の項目も参照)。東山動植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪環状線

    大阪環状線から見た天王寺動物園天王寺動物園

    新今宮駅は南海本線・高野線、大阪市営地下鉄御堂筋線・堺筋線および、阪堺線との接続駅である。島式2面4線のうち、外側2線を大阪環状線の列車が、内側2線を関西本線および大阪環状線と直通運転する列車が使用している。新今宮駅を出ると、左手に通天閣や天王寺動物園といった主要ランドマークが立ち並び、天王寺駅に着く。この間、外回り線は高架橋で関西本線を越えるが、2012年6月まで、この交点付近に大阪環状線で最後の踏切となる一ツ家踏切があった。その踏切跡付近から天王寺駅にかけては、1993年に廃止された南海天王寺支線の廃線跡が南側に並行して残っている。大阪環状線 フレッシュアイペディアより)

  • レオポン

    レオポンから見た大阪市天王寺動植物公園天王寺動物園

    5頭すべてが剥製にされた。阪神パーク閉園後は、「レオ吉」と「ポン子」は国立科学博物館、「チェリー」と「ディジー」は天王寺動物園に引き取られた。「ジョニー」は西宮市が管理し、市営リゾート施設のリゾ鳴尾浜で展示されている。レオポン フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「天王寺動物園」のニューストピックワード