161件中 11 - 20件表示
  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た筒井嘉隆

    筒井嘉隆 - 元園長。天王寺動物園の商業主義を批判した。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たタイマイ

    主な飼育動物- ミシシッピワニ、ヨウスコウワニ、ワニガメ、アルダブラゾウガメ、タイマイ、ミズオオトカゲ、グリーンイグアナ、ミドリニシキヘビ、インドニシキヘビ、オオサンショウウオ大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た姫路セントラルパーク

    2013年: 姫路セントラルパークからキリン(雄)の幸弥(こうや)を借受したことにより、キリンの展示が再開される。エランドのルナが死亡。コアラのタラオ(雄)が死亡。南紀白浜アドベンチャーワールドからライオンのルナ、モナカ、ガオウが来園大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た大阪芸術大学

    1995年(平成7年)に大阪芸術大学教授の若生謙二主導のもと、爬虫類生態館「アイファー」、1997年(平成9年)にカバ舎、1998年(平成10年)にサイ舎を開設。2000年(平成12年)には「アフリカサバンナゾーン草食動物エリア」、2004年(平成16年)1月31日には「アジアの熱帯雨林ゾーン」、2006年(平成18年)9月には「アフリカサバンナゾーン肉食動物エリア」が開設され、従来の系統分類展示型から環境デザインが一変した。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た浜松市動物園

    2011年:浜松市動物園からホッキョクグマの「バフィン」(雌)が来園。日本経済新聞の「生態がよくわかる動物園ランキング」で1位に選ばれる。あべのキューズモールがケープハイラックス3匹寄贈。ケープハイラックスの展示が再開される。ライオンのカスピ(雌)が死亡。コヨーテの福子(雌)が死亡。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たレッサーパンダ

    この他にも、チュウゴクオオカミやホッキョクグマ、カリフォルニアアシカ、コアラ、アムールトラ、ジャガー、レッサーパンダ、ニホンコウノトリ、マレーグマ、メガネグマなどを飼育している。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たコウノトリ

    このような商業路線は1970年代まで続いていたが、現在は、ニュージーランド以外では世界的にも珍しいキーウィの飼育展示を日本で唯一行っているほか、シシオザル、ドリル、アムールトラ、クロサイ、ツル類、ニホンコウノトリ、ホオアカトキ、ヨウスコウワニなどの希少動物の繁殖に力を入れるなど、動物園本来の姿に転換している。特にナベヅルについては、飼育繁殖実績があることから、国際血統登録を担当している。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たトラ

    このような商業路線は1970年代まで続いていたが、現在は、ニュージーランド以外では世界的にも珍しいキーウィの飼育展示を日本で唯一行っているほか、シシオザル、ドリル、アムールトラ、クロサイ、ツル類、ニホンコウノトリ、ホオアカトキ、ヨウスコウワニなどの希少動物の繁殖に力を入れるなど、動物園本来の姿に転換している。特にナベヅルについては、飼育繁殖実績があることから、国際血統登録を担当している。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た札幌市円山動物園

    1993年:キーウィが初めて産卵する。ホッキョクグマのユキコがユキミを出産(ユキミは、その後札幌市円山動物園に出園、1995年に死亡)。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た大阪大空襲

    1945年:大阪大空襲で園内に焼夷弾2,000発落下。猛禽舎焼失、オオワシなど多数の動物が死亡。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

161件中 11 - 20件表示

「天王寺動物園」のニューストピックワード