161件中 61 - 70件表示
  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た天王寺公園

    大阪市天王寺動物園(おおさかしてんのうじどうぶつえん)は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある大阪市立の動物園。1915年(大正4年)1月1日に開園した、日本で3番目に長い歴史をもつ動物園。面積約11ヘクタールの園内に、約200種1000点の動物が飼育されている都市型総合動物園。通称・天王寺動物園。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たニュージーランド

    このような商業路線は1970年代まで続いていたが、現在は、ニュージーランド以外では世界的にも珍しいキーウィの飼育展示を日本で唯一行っているほか、シシオザル、ドリル、アムールトラ、クロサイ、ツル類、ニホンコウノトリ、ホオアカトキ、ヨウスコウワニなどの希少動物の繁殖に力を入れるなど、動物園本来の姿に転換している。特にナベヅルについては、飼育繁殖実績があることから、国際血統登録を担当している。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た戦時猛獣処分

    その代表が1932年に来日したチンパンジーの「リタ」(愛称:リタ嬢)で、三輪車や竹馬に乗ったり、フォークとナイフを使って食事をするなどの芸を披露し、一躍人気者となった。しかし第二次世界大戦中には軍服やガスマスク姿などで戦意高揚の広告塔となり、同園でも空襲に備えた動物たちの殺処分(戦時猛獣処分)が行われた。これらの事をふまえ、現在同園では動物に芸を仕込むことは一切行っていない。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た宝塚ファミリーランド

    天王寺動物園は開園当初から、「動物の研究」と「種の保存」という動物園本来の目的から離れ、商業主義的なレクリエーション性を重視していた。この背景には、阪急の宝塚動植物園、阪神の浜甲子園阪神パーク、大軌の菖蒲池遊園地など、動物園を併設した遊園地が大阪周辺に相次いで開業したため、「動物を見せること」以外の付加価値をもって対抗する必要があった。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たスマトラサイ

    1921年:スマトラサイ来園(4年後に死亡)。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た白雪姫

    1979年:ヤブシチメンチョウ来園。国内で初めてベニジュケイの繁殖に成功する。大阪信用金庫が園内に「白雪姫時計台」を寄贈。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た関西本線

    JR西日本関西本線(大和路線)・大阪環状線、南海本線・高野線 「新今宮駅」大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た上海動物園

    1974年:日中国交回復を記念して上海動物園と動物交流を開始し、クロオオカミが来園。北京動物園からモウコガゼルが来園。ホッキョクグマ(雌)が、回虫症で死亡。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たマイドームおおさか

    1884年:府立大阪博物場(大阪市東区内本町橋詰町、現在のマイドームおおさか)に附属動物檻を設置。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たエランド (動物)

    主な飼育動物-カバ、コフラミンゴ、クロサイ、ブチハイエナ、コビトマングース、ライオン、グラントシマウマ、エランド、ダチョウ、ケープハイラックス、ホロホロチョウ、ボールニシキヘビ、アフリカハゲコウ、アミメキリン大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

161件中 61 - 70件表示

「天王寺動物園」のニューストピックワード