161件中 71 - 80件表示
  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たアルダブラゾウガメ

    主な飼育動物- ミシシッピワニ、ヨウスコウワニ、ワニガメ、アルダブラゾウガメ、タイマイ、ミズオオトカゲ、グリーンイグアナ、ミドリニシキヘビ、インドニシキヘビ、オオサンショウウオ大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たオオサンショウウオ

    主な飼育動物- ミシシッピワニ、ヨウスコウワニ、ワニガメ、アルダブラゾウガメ、タイマイ、ミズオオトカゲ、グリーンイグアナ、ミドリニシキヘビ、インドニシキヘビ、オオサンショウウオ大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たボールニシキヘビ

    主な飼育動物-カバ、コフラミンゴ、クロサイ、ブチハイエナ、コビトマングース、ライオン、グラントシマウマ、エランド、ダチョウ、ケープハイラックス、ホロホロチョウ、ボールニシキヘビ、アフリカハゲコウ、アミメキリン大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た日本万国博覧会

    1970年:大阪万博開催を記念して、ニュージーランド政府がキーウィの「ニュージー」と「ランド」を寄贈。アジアゾウの「ラニー博子」が来園。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たタイ王国

    また、大阪ドームの建設候補地に挙げられたことに端を発する「ZOO21計画」が1990年代後半から推し進められ、以後、動物の生息地の環境を可能な限り再現した生態展示に切り替わった。これまでに、爬虫類生態館「アイファー」、日本初の水中観察プールを有するカバ舎やサバンナの環境を再現したサイ舎を含む「アフリカサバンナゾーン」、アジアゾウを飼育しているタイの国立公園を再現した「アジアの熱帯雨林ゾーン」を開設し、展示環境は一新された。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た生態的展示

    野生動物の種の保存や環境教育に貢献する、新しい動物園のあり方を確立するための計画で、古くなった動物舎を生態的展示(ランドスケープイマージョン)の施設に建て替えることが主な目的である。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た近鉄あやめ池遊園地

    天王寺動物園は開園当初から、「動物の研究」と「種の保存」という動物園本来の目的から離れ、商業主義的なレクリエーション性を重視していた。この背景には、阪急の宝塚動植物園、阪神の浜甲子園阪神パーク、大軌の菖蒲池遊園地など、動物園を併設した遊園地が大阪周辺に相次いで開業したため、「動物を見せること」以外の付加価値をもって対抗する必要があった。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見たミズオオトカゲ

    主な飼育動物- ミシシッピワニ、ヨウスコウワニ、ワニガメ、アルダブラゾウガメ、タイマイ、ミズオオトカゲ、グリーンイグアナ、ミドリニシキヘビ、インドニシキヘビ、オオサンショウウオ大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た竹馬

    その代表が1932年に来日したチンパンジーの「リタ」(愛称:リタ嬢)で、三輪車や竹馬に乗ったり、フォークとナイフを使って食事をするなどの芸を披露し、一躍人気者となった。しかし第二次世界大戦中には軍服やガスマスク姿などで戦意高揚の広告塔となり、同園でも空襲に備えた動物たちの殺処分(戦時猛獣処分)が行われた。これらの事をふまえ、現在同園では動物に芸を仕込むことは一切行っていない。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市天王寺動物園

    大阪市天王寺動物園から見た天王寺博覧会

    1987年:天王寺博覧会開催に合わせて「鳥の楽園」を開設。旧天王寺野外音楽堂跡地などを編入し、動物園の敷地を拡張(コアラ館を建設)。本州で初めてホッキョクグマの繁殖に成功(「ユキコ」が「コユキ」を出産)。国内で初めてワライカワセミの繁殖に成功する(繁殖賞受賞)。大阪市天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

161件中 71 - 80件表示

「天王寺動物園」のニューストピックワード