前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 天童よしみ

    天童よしみから見た讀賣テレビ放送

    1972年、讀賣テレビ『全日本歌謡選手権』で10週連続勝ち抜き、7代目グランドチャンピオンに輝く。レギュラー審査員のルポライター竹中労が作詞した「風が吹く」で、天童よしみとしてキャニオンレコードからプロデビュー。芸名の「天童」は、「天」から授かった「童(わら)」に由来するものであり、命名も竹中であった。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見た西川きよし

    かんさい特集・きよしとよしみの浪速ナイトショー(NHK大阪) - 西川きよしと進行のバラエティー。月1回放送天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見た上沼恵美子

    上沼恵美子とは子供時代、数々ののど自慢に出ていた頃ライバルであった。出たのど自慢では常に天童が優勝で、上沼が準優勝だったと言う。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見たやしきたかじん

    なお美空ひばりのシングル曲としては、第50回(1999年)と第56回(2005年)にひばりが生涯最後のシングルだった「川の流れのように」を2回歌唱。ほか第56回(2011年)に「愛燦燦」と、第66回(2015年)に「人生一路」を歌唱し、合計では4回ひばりの曲を紅白で披露している。また、第65回(2014年)では、2014年1月に逝去の天童と同じ関西(大阪)出身で生前親交が有った、やしきたかじんの代表曲「やっぱ好きやねん」を歌唱披露していた。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見た美空ひばり

    なお美空ひばりのシングル曲としては、第50回(1999年)と第56回(2005年)にひばりが生涯最後のシングルだった「川の流れのように」を2回歌唱。ほか第56回(2011年)に「愛燦燦」と、第66回(2015年)に「人生一路」を歌唱し、合計では4回ひばりの曲を紅白で披露している。また、第65回(2014年)では、2014年1月に逝去の天童と同じ関西(大阪)出身で生前親交が有った、やしきたかじんの代表曲「やっぱ好きやねん」を歌唱披露していた。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見たフジテレビジョン

    フジテレビ系『日清ちびっこのどじまん』への出演を機に番組プロデューサーから日本コロムビアへの紹介があり、フジテレビ系アニメ『いなかっぺ大将』の主題歌である「大ちゃん数え唄/いなかっぺ大将」を録音。1970年9月10日に吉田よしみ名義でシングル発売。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見たポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカ クリスタルブラック(ポッカコーポレーション)(「大都会」を歌うところだった田中昌之からマイクを奪って「川の流れのように」を歌う場面にインパクトを受けている。)天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見た日本コロムビア

    フジテレビ系『日清ちびっこのどじまん』への出演を機に番組プロデューサーから日本コロムビアへの紹介があり、フジテレビ系アニメ『いなかっぺ大将』の主題歌である「大ちゃん数え唄/いなかっぺ大将」を録音。1970年9月10日に吉田よしみ名義でシングル発売。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見たポニーキャニオン

    1972年、讀賣テレビ『全日本歌謡選手権』で10週連続勝ち抜き、7代目グランドチャンピオンに輝く。レギュラー審査員のルポライター竹中労が作詞した「風が吹く」で、天童よしみとしてキャニオンレコードからプロデビュー。芸名の「天童」は、「天」から授かった「童(わら)」に由来するものであり、命名も竹中であった。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

  • 天童よしみ

    天童よしみから見たテイチクエンタテインメント

    しかし、その後、10年に亘る長い低迷を経験、一旦は引退も決意するが、両親の説得で思いとどまる。その後、1985年12月にテイチクレコード移籍第一弾シングル「道頓堀人情」を発売するにあたり、北は北海道から南は福岡県まで1か月で300件もの営業をこなし、有線からじわじわと人気が出、結果ヒット作となった。天童よしみ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「天童よしみ」のニューストピックワード