前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
126件中 1 - 10件表示
  • 苓北町

    苓北町から見た天草諸島天草諸島

    苓北町(れいほくまち)は、熊本県の西部、天草諸島の北西部にある町で、天草郡に属する。苓北町 フレッシュアイペディアより)

  • 三角港

    三角港から見た天草諸島天草諸島

    しかし、1966年(昭和41年)に天草五橋が開通して九州本土と天草諸島とが自動車で往来できるようになり、天草への貨物・客船航路は次第に廃止されていった。また、八代港、熊本港等の他の港の機能整備が進展したことにより、人流・物流が分散した。2006年(平成18年)には三角島原フェリーも廃止され、現在三角港から出ている船は御所浦港行きのみであったが、2009年(平成21年4月1日)より、本渡港-前島(上天草市松島)-三角港間に高速船「天草宝島ライン」が就航した。三角港 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本弁

    熊本弁から見た天草諸島天草諸島

    熊本弁は、福岡県西部・南部、佐賀県、長崎県の方言とともに、肥筑方言に属する。その中で、阿蘇地方には豊日方言的な要素があり、葦北・人吉地方と天草南部には薩隅方言の要素がある。熊本弁 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県の歴史

    熊本県の歴史から見た天草諸島天草諸島

    熊本県の風土的特色は、菊池川・白川流域を中心とし阿蘇山を含む県北部域、人吉盆地を主軸にした球磨川流域、天草諸島の三つの地域に大別することができる。この区分はそれぞれ熊本藩・人吉藩・天領天草という幕藩体制下の三つの区域と対応しており、それぞれ個別の特色を持つ。熊本県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 天草市

    天草市から見た天草諸島天草諸島

    天草市(あまくさし)は、熊本県天草地方の市で、熊本県下では熊本市・八代市に次いで3番目の人口を擁する。また、本土(北海道・本州・四国・九州)と橋で繋がっている離島自治体の中では最も人口が多い。天草市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の離島架橋

    日本の離島架橋から見た天草諸島天草諸島

    熊本県の天草諸島は、九州の有明海・八代海(不知火海)と天草灘によって囲まれた諸島で、天草上島と天草下島を主島とし、さらにいくつもの有人離島がある。そのため海上交通が盛んであり、多数のフェリー会社が存在する。しかし戦後から架橋が進み、熊本県の宇土半島先端の三角から天草上島を経て天草下島に至る国道266号で結ばれて一体化している。また、並行して熊本県本土から天草市にかけて熊本天草幹線道路という地域高規格道路が構想されており、一部区間が松島有料道路(有料)と松島有明道路(無料)として供用され、熊本市から天草への所要時間と走行距離の短縮に貢献している。日本の離島架橋 フレッシュアイペディアより)

  • 三角線

    三角線から見た天草諸島天草諸島

    宇土駅で鹿児島本線から分岐して、住吉 - 赤瀬間では宇土半島の北岸を走り、赤瀬 - 波多浦間で半島を横断して天草諸島の大矢野島に面し天草各地への船やバスが発着する宇城市三角町とを結んでいる。三角港からは三角島原フェリーにより島原港との間にカーフェリーも運航されていたが2006年8月29日限りで廃止された。三角線 フレッシュアイペディアより)

  • 牛深市

    牛深市から見た天草諸島天草諸島

    牛深市(うしぶかし)は、熊本県天草諸島南部に位置した市。牛深市 フレッシュアイペディアより)

  • 天草五橋

    天草五橋から見た天草諸島天草諸島

    天草五橋(あまくさごきょう)とは、熊本県宇土半島先端の三角(みすみ)から、天草諸島の大矢野島、永浦島、池島、前島を経て天草上島までを結ぶ上天草市内の5つの橋の総称で、1966年(昭和41年)9月24日に開通した。天草五橋 フレッシュアイペディアより)

  • 御船インターチェンジ

    御船インターチェンジから見た天草諸島天草諸島

    御船インターチェンジ(みふねインターチェンジ)は、熊本県上益城郡御船町にある九州自動車道のインターチェンジである。山都町・天草方面へ向かう場合に便利である。御船インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
126件中 1 - 10件表示