前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
203件中 1 - 10件表示
  • 板石積石棺墓

    板石積石棺墓から見た天草諸島天草諸島

    また九州島西岸や島嶼部にも分布が見られ、天草諸島の長島(鹿児島県出水郡長島町)や下島(熊本県天草市)、さらに北方の高島(長崎県佐世保市)、五島列島の宇久島(長崎県佐世保市宇久町)、小値賀島(北松浦郡小値賀町)、中通島(南松浦郡新上五島町)にも分布し、西北限となる。板石積石棺墓 フレッシュアイペディアより)

  • 苓北町

    苓北町から見た天草諸島天草諸島

    苓北町(れいほくまち)は、熊本県の西部、天草諸島の北西部にある町で、天草郡に属する。苓北町 フレッシュアイペディアより)

  • 甑島列島

    甑島列島から見た天草諸島天草諸島

    江戸時代には島津藩の直轄地となり、島津藩が採用した外城制の枠組みの中で地頭(領主)が派遣された。里・中甑・手打には地頭仮屋が置かれ、ひとつの集落の中に士族の居住地である麓、農民の居住地である在、漁民の居住地である浜が置かれた。藩政時代には下甑島東岸の金山海岸で銅・金・銀などの採掘が行なわれ、薩摩藩の南蛮貿易の中継基地にもなった。甑島列島は天草諸島や長崎と同じくキリシタン文化を受け入れた場所のひとつであり、1638年(寛永15年)には甑島列島に潜んでいた島原の乱の残党35人が処刑されて殉教した。1780年代の天明の大飢饉の際には、下甑島の百姓が出水(現出水市)に、郷士48戸が笠野原台地(現鹿屋市など)に集団移住した。江戸時代には薩摩藩が浄土真宗を禁じたため、1835年(天保6年)には下甑島の長浜村が焼き払われるという「天保の法難」が、1862年(文久2年)には下甑島全島の住民が取り調べられるという「文久の法難」が起こった。1871年(明治4年)には鹿児島県に所属。1889年(明治22年)に町村制が施行されると、上甑島7村と中甑島1村が甑島郡上甑村(かみこしきむら)となり、役場は中甑に置かれた。1891年(明治24年)には山地によって隔てられている里が上甑村から分離して里村(さとむら)となり、上甑島・中甑島はそれから1世紀以上も2村体制が続いた。下甑島も6村が合併して下甑村(しもこしきそん)となったが、1949年(昭和24年)、やはり地理的に隔てられた藺牟田が分離して単独で鹿島村(かしまむら)となった。下甑島の最高峰である尾岳北側にある分水嶺が2村の行政界となっている。明治10年代には台風・飢饉・悪疫流行などがあり、上甑島からは種子島に33戸、本土の薩摩郡高江村(現薩摩川内市)に6戸が移住し、下甑島からは395戸1732人が種子島に集団移住した。1896年(明治29年)には甑島郡が薩摩郡に編入。1901年(明治34年)には上甑島に本土からの海底電信が到達し、九州商船によって串木野航路が開かれた。甑島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 郷友会

    郷友会から見た天草諸島天草諸島

    団体の名称に「郷友会」を含む場合(例:三河郷友会、東京天草郷友会、関東宮良郷友会など)と含まない場合(関西奄美会、東京養父市会など)がある。また、地域の括りによって、下位組織をまとめている例もある(東京八重山郷友連合会、東京奄美会など)。団体の名称に複数の地名が含まれている場合、多くは前者が所在地、後者が出身地を表している(例えば、東京天草郷友会は、天草諸島出身で東京都等にいる者の団体)。郷友会 フレッシュアイペディアより)

  • 寺沢広高

    寺沢広高から見た天草諸島天草諸島

    秀吉死後は徳川家康に近づき、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与した。戦後に関ヶ原の戦功によって天草4万石を加増された。寺沢広高 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の離島架橋

    日本の離島架橋から見た天草諸島天草諸島

    熊本県の天草諸島は、九州の有明海・八代海(不知火海)と天草灘によって囲まれた諸島で、天草上島と天草下島を主島とし、さらにいくつもの有人離島がある。そのため海上交通が盛んであり、多数のフェリー会社が存在する。しかし戦後から架橋が進み、熊本県の宇土半島先端の三角から天草上島を経て天草下島に至る国道266号・国道324号で結ばれて一体化している。また、並行して熊本県本土から天草市にかけて熊本天草幹線道路という地域高規格道路が構想されており、一部区間が松島有料道路(有料)と松島有明道路(無料)として供用され、熊本市から天草への所要時間と走行距離の短縮に貢献している。日本の離島架橋 フレッシュアイペディアより)

  • 天草五橋

    天草五橋から見た天草諸島天草諸島

    天草五橋(あまくさごきょう)とは、熊本県宇土半島先端の三角(みすみ)から、天草諸島の大矢野島、永浦島、池島、前島を経て天草上島までを5つの橋で結ぶ宇城市から上天草市にかけての連絡道路である。1966年(昭和41年)9月24日に開通した。天草五橋 フレッシュアイペディアより)

  • 天草飛行場

    天草飛行場から見た天草諸島天草諸島

    天草地方の行政、商業、交通の中心地である旧本渡市の市街地より、約6kmの天草下島の北部にある高尾山の山頂付近(旧天草郡五和町と旧本渡市の境)に位置し、主に天草地方の空運を担っている。天草飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 流罪

    流罪から見た天草諸島天草諸島

    江戸時代には、追放よりも重い刑と規定されて「遠島」(えんとう)と称されており、江戸幕府では東日本の天領の流刑者を主に八丈島等の伊豆七島と佐渡島に流した(ロシアが蝦夷地への進出を図った19世紀には蝦夷地への流刑先変更が検討されたが、松前藩の反対で中止されている)。西国では天草諸島や五島列島などが流刑地となった。幕府はこのほか、改易した大名やお家騒動で処罰されたその重臣らを遠方の各藩預とする処分をしばしば下した。流罪 フレッシュアイペディアより)

  • 天草市

    天草市から見た天草諸島天草諸島

    天草市(あまくさし)は、熊本県天草地方の市で、熊本県下では熊本市・八代市に次いで3番目の人口を擁する。また、本土(北海道・本州・四国・九州)と橋で繋がっている離島自治体の中では最も人口が多い。天草市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
203件中 1 - 10件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード