203件中 91 - 100件表示
  • 熊本県民の歌

    熊本県民の歌から見た天草諸島天草諸島

    その後、1960年(昭和35年)に開催される第15回熊本国体に合わせて新しい県民歌を制作することになり、国体実行委員会の選定で新しい「熊本県民の歌」が1959年(昭和34年)11月5日に制定された。歌詞は6番まであり阿蘇山・熊本城・白川・球磨川・天草諸島と、県内の歴史と自然を歌い上げる内容となっている。熊本県民の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 中九州

    中九州から見た天草諸島天草諸島

    熊本・八代平野のほぼ真ん中から西よりに突き出た宇土半島の先には天草諸島が連なっており、海産物の宝庫として、また、海洋レジャーの拠点として人気を集めている。中九州 フレッシュアイペディアより)

  • 森国久

    森国久から見た天草諸島天草諸島

    森 国久(もり くにひさ、正字体:森國久、1912年(明治45年)7月10日 - 1961年(昭和36年)6月26日)は、日本の政治家。熊本県天草地方で首長を務め、全国の離島の振興に力を注ぎ、天草五橋の実現に尽力した。森国久 フレッシュアイペディアより)

  • 大中肇

    大中肇から見た天草諸島天草諸島

    1886年(明治19年)に熊本県の天草諸島にある天草郡楠浦村(現・天草市楠浦町)に生まれた。1908年(明治41年)に福岡県立工業学校建築科(現・福岡県立福岡工業高校)を卒業し、官営八幡製鉄所に入社して工務部の官舎建築場で働くが、半年後の1908年末には八幡製鉄所を退職して愛知県営繕係(後に営繕課)の技手に転職した。1910年(明治43年)には技手として愛知県女子師範学校を担当。1919年(大正8年)には鉄筋コンクリート造の愛知県立第八中学校(現・愛知県立刈谷高等学校)を担当し、1923年(大正12年)には刈谷町立高等女学校(現・愛知県立刈谷北高等学校)を担当した。刈谷町立高等女学校はこの時代の女学校としては珍しく鉄筋コンクリート造の建物だった。1923年委は愛知県立津島中学校(現・愛知県立津島高等学校)の設計も担当している。大中肇 フレッシュアイペディアより)

  • A列車で行こう (列車)

    A列車で行こう (列車)から見た天草諸島天草諸島

    特急「A列車で行こう」は、熊本市と天草諸島を結ぶルートの一角を形成する観光列車として2011年10月8日に運行を開始した。三角駅で、最寄りの三角港と下島にある本渡港を結ぶ定期航路「天草宝島ライン」と接続している。「A列車で行こう」の運行開始に伴い、運行区間の熊本駅 - 三角駅間に「あまくさみすみ線」の愛称が付けられ、列車の運行開始に先立ち2011年9月1日より使用している。また三角駅のリニューアルも合わせて行われた。A列車で行こう (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 複雑な動きをする台風

    複雑な動きをする台風から見た天草諸島天草諸島

    九州付近で速度が落ち、長崎県近海から天草諸島付近を3日間に渡って複雑な動きをした。当初は熊本県宇土半島に上陸したと気象庁から発表されたが事後解析の結果、上陸は取り消された。複雑な動きをする台風 フレッシュアイペディアより)

  • 女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜

    女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜から見た天草諸島天草諸島

    舞台は、熊本県天草諸島の天草市にある牛深地区。解体話が持ち上がった築100年の元遊郭「三浦屋」を、地元の女性たちが料亭として開き、町おこしする物語。女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜 フレッシュアイペディアより)

  • 園田直

    園田直から見た天草諸島天草諸島

    園田 直(そのだ すなお、1913年(大正2年)12月11日 - 1984年(昭和59年)4月2日)は、日本の政治家、陸軍軍人。挺進第1連隊第2中隊長等を務める。階級は陸軍大尉。戦後一町田村助役・同村長・を経て衆議院議員に当選、内閣官房長官・外務大臣・厚生大臣等を歴任。熊本県天草島出身。弟の幹男は陸軍少佐。後妻・よし子との間に生まれた長男の博之は内閣官房副長官・自由民主党衆議院議員。また後々妻・天光光との間に生まれた次男の直飛人は自身の議員秘書にしている。園田直 フレッシュアイペディアより)

  • 西道仙

    西道仙から見た天草諸島天草諸島

    肥後国天草(現・熊本県天草)に生まれる。17歳の時に帆足万里に学ぶが、同じ年に祖父・父とともに急逝したため学資が続かず、医家に居候しながら医術を学び、代診をつとめたりして各地を転々とする。1863年に長崎の酒屋町で医者を開業するとともに、読み書きを児童に教え生計を支える。その頃の弟子に後の漢学者・足立敬亭がいる。1873年に瓊林学館という私塾を長崎の桶屋町・光永寺に開く。瓊林学館は谷口藍田という漢学者を館長に迎えるとともに、イギリス人デントを英語教授に招き、道仙自らは督学となり、生徒300名を数えた。西道仙 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山古墳 (南さつま市)

    奥山古墳 (南さつま市)から見た天草諸島天草諸島

    また石棺の石材分析が行われ、石棺長辺の板石に、鹿児島県長島以北?天草地方で産出される砂岩(石英質アレナイト)が用いられていることが判明した。奥山古墳 (南さつま市) フレッシュアイペディアより)

203件中 91 - 100件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード