203件中 101 - 110件表示
  • 羊角湾

    羊角湾から見た天草諸島天草諸島

    天草は16世紀後半にキリスト教が広まった土地で、湾奥の河浦地区には天草コレジヨ(大学・学林)が建てられて神学・哲学・語学教育が行われた。またグーテンベルク式印刷機によって『平家物語』『伊曾保物語』『羅葡日辞典』等の印刷物(天草本)も刊行されるなど、天草キリシタン文化の中心であったとされる。羊角湾 フレッシュアイペディアより)

  • タルト (郷土菓子)

    タルト (郷土菓子)から見た天草諸島天草諸島

    なお、熊本県の天草地方旧牛深市や、隣接する鹿児島県長島町には、このタルトの上に赤に着色したすあまを巻いたあかまきと呼ばれる菓子があるが、こちらはカステラ生地ではなくスポンジ生地であり、また「の」の字でない。タルト (郷土菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 天草種元

    天草種元から見た天草諸島天草諸島

    肥後天草諸島の国人衆である天草五人衆の一氏である天草氏の分家の出身で、種元は一時、瀬戸氏とも称す。別名は瀬戸十郎兵衛種元。天草尚種の子・鎮尚の義兄弟であるが、尚種が種元の父あるいは鎮尚の別名が久武として種元は嗣子とする異説もある。天草種元 フレッシュアイペディアより)

  • コスメ・デ・トーレス

    コスメ・デ・トーレスから見た天草諸島天草諸島

    日本地区の布教責任者として、各地を転々としての宣教に疲れ果てたトーレスは、1560年代のおわりにインドの上長に新しい布教長の派遣を依頼。これに答えて派遣され、1570年6月に天草に到着したのがフランシスコ・カブラル神父である。1570年10月2日(元亀元年9月3日)、天草志岐(熊本県天草郡苓北町)で死去。コスメ・デ・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・カブラル

    フランシスコ・カブラルから見た天草諸島天草諸島

    スペイン系貴族の子としてアゾレス諸島のサンミゲル島に生まれたカブラルは、コインブラで学び、インドで軍人として働いていたときにイエズス会と出会った。1554年に入会したが、すでに高等教育を受けていたため、1558年には司祭に叙階されている。インド各地で要職を歴任したのち、コスメ・デ・トーレスの後継者として日本に派遣された。1570年(永禄13年)6月、天草志岐に到着。同行した会員の中にはグネッキ・ソルディ・オルガンティノもいたが、前年度に手違いからインド管区長代理の権限がカブラルとオルガンティノに重複してしまい、これが原因で両者は諍いを起こしていた。2人の対立は日本でも尾を引くことになる。フランシスコ・カブラル フレッシュアイペディアより)

  • 湯島 (天草諸島)

    湯島 (天草諸島)から見た天草諸島天草諸島

    島原半島と天草諸島のほぼ中間に位置する周囲約6.5kmの島である。アコウ樹の群生が広がる。島原の乱ではリーダーたちがこの島に集まり、作戦を練ったことから、「談合島」の別名がある。島民の姓は「松尾」と「森」、「渡邊」、「高橋」「古賀」で大半を占める。起伏が激しく、坂が多いため島内の移動手段は原動機付自転車が多い。湯島 (天草諸島) フレッシュアイペディアより)

  • 御船インターチェンジ

    御船インターチェンジから見た天草諸島天草諸島

    (鹿児島方面)御船 山都 天草 高千穂御船インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • グネッキ・ソルディ・オルガンティノ

    グネッキ・ソルディ・オルガンティノから見た天草諸島天草諸島

    。ロレートの大神学校、ゴアの大神学校で教えた後で日本に派遣された。来日は1570年6月18日(元亀元年5月15日)で、天草志岐にその第一歩をしるした。着任後まず日本語と日本の習慣について学び、1573年(天正元年)から1574年(天正2年)にかけて法華経を研究した。グネッキ・ソルディ・オルガンティノ フレッシュアイペディアより)

  • 安田産業汽船

    安田産業汽船から見た天草諸島天草諸島

    長崎(大波止) - 天草(高浜) - 串木野新港(いちき串木野市)安田産業汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 本渡バスセンター

    本渡バスセンターから見た天草諸島天草諸島

    本渡バスセンター(ほんどバスセンター)は、熊本県天草市南新町5-1(旧本渡市)にある、九州産交バス・産交バスのバスターミナル。天草市の中心部にあり、天草諸島におけるバス交通の結節点となっている。本渡バスセンター フレッシュアイペディアより)

203件中 101 - 110件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード