203件中 11 - 20件表示
  • 三角港

    三角港から見た天草諸島天草諸島

    しかし、1966年(昭和41年)に天草五橋が開通して九州本土と天草諸島とが自動車で往来できるようになり、天草への貨物・客船航路は次第に廃止されていった。また、八代港、熊本港等の他の港の機能整備が進展したことにより、人流・物流が分散した。2006年(平成18年)には三角島原フェリーも廃止され、現在三角港から出ている船は御所浦港行きのみであったが、2009年(平成21年4月1日)より、本渡港-前島(上天草市松島)-三角港間に高速船「天草宝島ライン」が就航した。三角港 フレッシュアイペディアより)

  • 三角線

    三角線から見た天草諸島天草諸島

    宇土駅で鹿児島本線から分岐して、住吉 - 赤瀬間では宇土半島の北岸を走り、赤瀬 - 波多浦間で半島を横断して天草諸島の大矢野島に面し天草各地への船やバスが発着する宇城市三角町とを結んでいる。三角港からは三角島原フェリーにより島原港との間にカーフェリーも運航されていたが2006年8月29日限りで廃止された。三角線 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県の歴史

    熊本県の歴史から見た天草諸島天草諸島

    熊本県の風土的特色は、菊池川・白川流域を中心とし阿蘇山を含む県北部域、人吉盆地を主軸にした球磨川流域、天草諸島の三つの地域に大別することができる。この区分はそれぞれ熊本藩・人吉藩・天領天草という幕藩体制下の三つの区域と対応しており、それぞれ個別の特色を持つ。熊本県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和47年7月豪雨

    昭和47年7月豪雨から見た天草諸島天草諸島

    これらのうち、前半は気流や他の低気圧との接触により、後半は特異な台風形態の影響により、梅雨前線が活発となったことで豪雨災害となった。洪水被害は河川のみならず島根宍道湖の堤防が決壊した。土砂災害においては、表層の砂や泥の流出だけではなく崖錐の崩壊が全国的に見られ、これが熊本天草諸島及び高知で多大な人的被害を出してしまうことになった。豪雨は沿岸沿いよりも、山間部や河川の上流あるいは中流域で起こった事例が多かった。昭和47年7月豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 天草陶磁器

    天草陶磁器から見た天草諸島天草諸島

    天草陶磁器(あまくさとうじき)は熊本県天草地方で焼かれる陶磁器類の総称で、国の伝統的工芸品に指定された際に、新たに名付けられることになった呼び名である。内田皿山焼(うちださらやま)、高浜焼、水の平焼(みずのだいら?)、丸尾焼の四つが主な産地であり、良質の陶石が採れたことから焼き物作りが盛んになった。天草陶磁器 フレッシュアイペディアより)

  • 天草島

    天草島から見た天草諸島天草諸島

    天草島 フレッシュアイペディアより)

  • おばりよん

    おばりよんから見た天草諸島天草諸島

    恐怖心を示さない豪胆な者が富を得るという意味では、赤子を抱いた者が剛力を授かる「産女」の話や、天草諸島で武士姿の者との力比べに勝つと大金を得るという怪異「金ん主」との共通点も指摘されている。おばりよん フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木重辰 (天草代官)

    鈴木重辰 (天草代官)から見た天草諸島天草諸島

    寛永9年(1632年)、大番役。のちに御倉奉行、京都御所造営役をつとめる。寛永14年(1637年)、重辰とともに島原の乱に出陣。その後、養父重成は天草に留まり、のちに初代天草代官となった。鈴木重辰 (天草代官) フレッシュアイペディアより)

  • 森慈秀

    森慈秀から見た天草諸島天草諸島

    1966年(昭和41年)9月24日 - 九州本土と天草諸島を結ぶ5つの橋「天草五橋」の完成に天草架橋期成会副会長の一人として尽力した。森慈秀 フレッシュアイペディアより)

  • アケボノシュスラン

    アケボノシュスランから見た天草諸島天草諸島

    ツユクサシュスラン Goodyera foliosa (Lindl.) Benth. ex C.B.Clarke - 分類上の基本種。アケボノシュスランに似るが、全体に大型で茎は高さ10-30cmになる。五島列島、天草諸島、甑島列島、九州南部、屋久島、奄美大島、琉球に分布する。アケボノシュスラン フレッシュアイペディアより)

203件中 11 - 20件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード