126件中 21 - 30件表示
  • 庄蔵

    庄蔵から見た天草諸島天草諸島

    天保5年(1834年)自らが船頭を務める船で天草を出航し長崎へ向かうが、途中嵐に遭って船員3名とともにルソン島へ漂流する。その後現地で保護を受けて、天保8年(1837年)スペイン船でマカオに移り、同じくアメリカに漂流していた音吉ら3名と合流する。同年、帰国するためにアメリカ商船のモリソン号で浦賀へ向かうが、異国船打払令によって撤退。続いて薩摩山川港では寿三郎と上陸を果たすが、結局帰国は叶わなかった。その後はマカオで余生を送り、開国後の日本でマカオに来る日本人と交流したという。庄蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 天草県

    天草県から見た天草諸島天草諸島

    江戸時代、幕府領であった天草諸島は長崎奉行の管轄下に置かれていた。長崎奉行の後身である長崎裁判所から分立する形で富岡県が設置され、2ヶ月後に天草県に改称されたが、わずか4ヶ月で長崎裁判所の後身である長崎府に編入され廃止された。天草県 フレッシュアイペディアより)

  • 寿三郎

    寿三郎から見た天草諸島天草諸島

    天保5年(1834年)同国出身の庄蔵の船で天草を出航し長崎へ向かうが、途中嵐に遭って庄蔵ら3名とともにルソン島へ漂流する。その後現地で保護を受けて、天保8年(1837年)スペイン船でマカオに移り、同じくアメリカに漂流していた音吉ら3名と合流する。同年、帰国するためにアメリカ商船のモリソン号で浦賀へ向かうが、異国船打払令によって撤退。続いて薩摩山川港では庄蔵と上陸を果たすが、結局帰国は叶わなかった。その後はマカオで庄蔵と余生を送り、嘉永ころまでには没したという。寿三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 島津忠兼 (薩州家)

    島津忠兼 (薩州家)から見た天草諸島天草諸島

    永禄8年3月24日(1565年4月24日)、6代当主・島津義虎(実久の子)の命を受け、家臣の吉満久張らとともに肥後国天草の長島(現・鹿児島県出水郡長島町)へ出兵。堂崎城主・天草越前守を打ち破って長島・獅子島の両島を攻め取り、薩摩国の領有とした(天草諸島のうち、長島・獅子島および近接する島々は、以降、現在に至るまで鹿児島県の所属となっている)。島津忠兼 (薩州家) フレッシュアイペディアより)

  • 中九州

    中九州から見た天草諸島天草諸島

    熊本・八代平野のほぼ真ん中から西よりに突き出た宇土半島の先には天草諸島が連なっており、海産物の宝庫として、また、海洋レジャーの拠点として人気を集めている。中九州 フレッシュアイペディアより)

  • ビジターセンター

    ビジターセンターから見た天草諸島天草諸島

    天草ビジターセンター:熊本県上天草市松島町合津6311-1ビジターセンター フレッシュアイペディアより)

  • 富岡城

    富岡城から見た天草諸島天草諸島

    富岡城は天草下島の北西、砂州で繋がった陸繋島の富岡半島の南東部の丘陵上にある梯郭式の平山城である。城の南には堀の役割を果たした袋池があり、東部には砂嘴に囲まれた巴湾が天然の土塁となって海からの外敵を防衛する役割を果たしていた。また、陸からの攻撃は砂州のみしかない。極めて攻撃し難い天然の要害を形成していた。富岡城 フレッシュアイペディアより)

  • 下島 (天草諸島)

    下島 (天草諸島)から見た天草諸島天草諸島

    下島(しもしま)は、熊本県の天草諸島にある島である。面積約574.01km²と、熊本県最大で、日本の中では本州など4島を除くと面積第8位。下島 (天草諸島) フレッシュアイペディアより)

  • 志岐鎮経

    志岐鎮経から見た天草諸島天草諸島

    天草諸島の志岐城主であり、キリシタン大名でもある。諱と号は大友義鎮(宗麟)からそれぞれ一字ずつ拝領している。志岐鎮経 フレッシュアイペディアより)

  • 天草島

    天草島から見た天草諸島天草諸島

    天草島 フレッシュアイペディアより)

126件中 21 - 30件表示