203件中 31 - 40件表示
  • 富岡城

    富岡城から見た天草諸島天草諸島

    富岡城は天草下島の北西、砂州で繋がった陸繋島の富岡半島の南東部の丘陵上にある梯郭式の平山城である。城の南には堀の役割を果たした袋池があり、東部には砂嘴に囲まれた巴湾が天然の土塁となって海からの外敵を防衛する役割を果たしていた。また、陸からの攻撃は砂州のみしかない。極めて攻撃し難い天然の要害を形成していた。富岡城 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢野種基

    大矢野種基から見た天草諸島天草諸島

    肥後国大矢野城城主。大矢野氏は肥後天草諸島の国人衆である天草五人衆の一氏であり、種基は11代目当主であった。大矢野種基 フレッシュアイペディアより)

  • 飛岳

    飛岳から見た天草諸島天草諸島

    飛岳 (熊本県)(ひだけ) - 熊本県上天草市 (天草諸島・大矢野島)にある山。標高229m。飛岳 フレッシュアイペディアより)

  • 上津浦種直

    上津浦種直から見た天草諸島天草諸島

    上津浦氏は『本渡市史』によると大蔵氏の末裔とされ、天草諸島の国人衆「天草五人衆」の一角。上津浦種直 フレッシュアイペディアより)

  • 栖本親高

    栖本親高から見た天草諸島天草諸島

    肥後天草諸島国人衆「天草五人衆」の一角である栖本氏は菊池氏の庶流。栖本親高 フレッシュアイペディアより)

  • 栖本鎮通

    栖本鎮通から見た天草諸島天草諸島

    肥後天草諸島「天草五人衆」の一角である栖本氏は菊池氏の庶流。栖本鎮通 フレッシュアイペディアより)

  • 上津浦鎮貞

    上津浦鎮貞から見た天草諸島天草諸島

    上津浦氏は『本渡市史』によると大蔵氏の末裔とされ、天草諸島の国人衆「天草五人衆」の一角。上津浦鎮貞 フレッシュアイペディアより)

  • 万成

    万成から見た天草諸島天草諸島

    万成(まんせい、生年不詳 - 1855年)は、江戸時代後期の僧。肥後国天草に生まれ、天保4年(1833年)11月より尾張国岩作(現在の長久手市)の曹洞宗安昌寺住職となった。万成 フレッシュアイペディアより)

  • 中原義一郎

    中原義一郎から見た天草諸島天草諸島

    1942年(昭和17年)9月、第24駆逐隊司令に発令され、1943年(昭和18年)5月、海軍大佐に昇進する。第32駆逐隊司令を経て1944年(昭和19年)5月、最後の長良の艦長となり、同年8月、天草諸島の西で米潜水艦クローカーの雷撃により長良は沈没し、長良と運命を共にした。没後、2階級特進し海軍中将となり翌年4月に全軍布告された。中原義一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 九州国際観光バス

    九州国際観光バスから見た天草諸島天草諸島

    発足時から1980年代においては路線数も多く、熊本を基点に長崎・大分両県にまたがる路線も幾つかあり、熊本以西では天草や雲仙などをコースに含んでいた。1991年3月当時の時刻表によれば、別府 - 熊本、熊本 - 長崎といった区間便が主体だが、一日で別府・大分 - 阿蘇・熊本 - 島原・長崎といったまさに九州横断バスの名の如く3つの県を同時に回れる全国でも珍しい最も長い距離を堪能できる便や、別府から阿蘇を観光して別府に戻る便もあった。このため、熊本市を本社とし、長崎・大分にも営業所を置いていた。因みに熊本?長崎間はフェリーを利用する。九州国際観光バス フレッシュアイペディアより)

203件中 31 - 40件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード