126件中 71 - 80件表示
  • 局名告知

    局名告知から見た天草諸島天草諸島

    現行 : オープニングは熊本市の電車通り(通町筋電停・水道町電停界隈)を走る路面電車、下通入口、熊本駅の自動改札などの通勤通学者の日常風景をバックに、クロージングは「ケービィー」が三角西港(宇城市)より天草を眺める。BGMは、オープニングが辛島美登里の『とっておきの朝』、クロージングが小田和正の『ためらわない、迷わない』。局名告知 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤民吉

    加藤民吉から見た天草諸島天草諸島

    胤臣は民吉らが瀬戸の陶工であったことを知り、かねて入手していた清国の『陶説』に書かれていた染付磁器(南京石焼)の製法を教えるとともに80両の資金を与え、熱田新田の古い堤防を利用して窯を築くなどして試作させた。瀬戸以外に窯場ができることを知った瀬戸村の反発は凄まじく、民吉の親類で瀬戸の庄屋でもあった四代 加藤唐左衛門は藩への請願を行い、最終的に窯を瀬戸に移して民吉らが試作を続けることになる。「新製焼」として尾張藩の御用も受けたが、有田などの磁器の品質に届かぬことから九州に人を送って学ばせることが考えられる中、法輪寺10世・学道祖英から幕府の直轄地である天草にも磁器の窯があること、また天草の東向寺15世・上藍天中が菱野村(現在の瀬戸市菱野町)出身であることが伝えられ、天中を頼って民吉を送り出すことになった。加藤民吉 フレッシュアイペディアより)

  • 択捉型海防艦

    択捉型海防艦から見た天草諸島天草諸島

    天草(あまくさ)- 艦名は熊本県の天草諸島にちなむ。1943年11月20日、日立造船桜島造船所で竣工。1945年8月9日、イギリス空母フォーミダブル搭載機の攻撃により、女川湾にて喪失。(:en:Japanese escort ship Amakusa)択捉型海防艦 フレッシュアイペディアより)

  • 仰木彬

    仰木彬から見た天草諸島天草諸島

    現役時代から、かなりの遊び人として知られていた。選手時代は「グラウンドの外ではいくらでもムチャやってくれたらいい」と選手に言っていた三原監督から「仰木と豊田だけは遊びに制限をかけんといかん」とこぼされるほどだった。西鉄の島原キャンプの休日に船で天草まで遊びに行ったものの、海が荒れてその日のうちに帰れず、翌日の昼過ぎにコッソリと帰ってきたら、三原監督からバントの練習だけをするように命令されたという。仰木彬 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢野島

    大矢野島から見た天草諸島天草諸島

    大矢野島(おおやのじま)は、熊本県の天草諸島の北端にあり、天草の玄関口になる島である。同諸島では天草下島・天草上島についで三番目に大きい。人口は14,729人(2005年国勢調査)で、上天草市の全人口の半数近くが住む。面積は29.88km2。大矢野島 フレッシュアイペディアより)

  • 御所浦島

    御所浦島から見た天草諸島天草諸島

    御所浦島(ごしょうらじま)は、天草諸島の島の一つである。八代海に面している。御所浦島 フレッシュアイペディアより)

  • 湯島 (天草諸島)

    湯島 (天草諸島)から見た天草諸島天草諸島

    島原半島と天草諸島のほぼ中間に位置する周囲約6.5kmの島。アコウ樹の群生が広がる。島原の乱ではリーダーたちがこの島に集まり、作戦を練ったことから、「談合島」の別名がある。島民の姓は「松尾」と「森」、「渡邊」、「高橋」で大半を占める。起伏が激しく、坂が多いため島内の移動手段は原動機付自転車が多い。湯島 (天草諸島) フレッシュアイペディアより)

  • のってみゅうかー

    のってみゅうかーから見た天草諸島天草諸島

    これまで、天草諸島の路線バスは産交バスによって一手に引き受けられ、複雑な路線網を構成していた。これを整理してわかりやすくするとともに、スクールバスの路線バスへの統合なども行い、通学にも便利なダイヤとした。のってみゅうかー フレッシュアイペディアより)

  • トライアル (スーパーマーケット)

    トライアル (スーパーマーケット)から見た天草諸島天草諸島

    熊本県天草諸島の一部店舗は、トライアルのフランチャイズで「スーパーセンタータイヨー」という名称で営業している。トライアル (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

  • シラヌヒ

    シラヌヒから見た天草諸島天草諸島

    その後、熊本県宇土郡不知火町(現・宇城市)に伝わり、品種名を「不知火」として栽培の取り組みが始まった。古くから甘夏の産地として知られていた不知火町および周辺地域では1975年頃から甘夏に代わる柑橘を模索していたという事情も重なって、不知火海(八代海)沿岸の宇土半島、天草諸島、葦北地方などを中心に広がり、その後、愛媛県(八幡浜市、伊方町、松山市など)や広島県、佐賀県、和歌山県、静岡県等の全国へと普及していった。シラヌヒ フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示