126件中 81 - 90件表示
  • 藍より青く

    藍より青くから見た天草諸島天草諸島

    太平洋戦争末期から敗戦後にかけての、熊本県天草を舞台にしている。藍より青く フレッシュアイペディアより)

  • 原城

    原城から見た天草諸島天草諸島

    元和の一国一城令で廃城となった原城は、1637年(寛永14年)に全国の耳目を集めることとなった。世に言う「島原の乱」が勃発したのである。島原藩主松倉重政・勝家父子は島原城建設による出費などの財政逼迫により苛政を敷き、また、過酷なキリシタン弾圧を行ったことにより農民一揆を引き起こした。この一揆は島原半島のみならず天草にも飛び火し、島原城・富岡城が襲撃された。しかし、一揆の攻城はうまく行かず、やがて一揆の群衆は天草の一揆群衆と合流し約3万7千人が廃城となっていた原城に立て籠もった。原城 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久根市

    阿久根市から見た天草諸島天草諸島

    西部は東シナ海(天草灘)に面しており、大島・桑島などの島嶼が点在する。高松川河口の市の中心地は平坦であるが全般的には山林や丘陵となっている。市の北西部は天草諸島最南の長島と黒之瀬戸を隔てて向き合っており、黒之瀬戸大橋が架橋されている。阿久根市 フレッシュアイペディアより)

  • オナジマイマイ

    オナジマイマイから見た天草諸島天草諸島

    殻高16mm・殻径29mmほど。オナジマイマイに似るが大型で、周縁に弱い角があり、臍孔が広く開く。和名の「パンダナ」はアダン(タコノキ科の常緑高木)のことである。奄美群島・沖縄諸島・大東諸島に分布するが、天草諸島・片島(牛深沖の無人島)での記録もある。オナジマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • 園田直

    園田直から見た天草諸島天草諸島

    園田 直(そのだ すなお、1913年(大正2年)12月11日 - 1984年(昭和59年)4月2日)は、日本の政治家、陸軍軍人。挺進第1連隊第2中隊長等を務める。階級は陸軍大尉。戦後一町田村助役・同村長・を経て衆議院議員に当選、内閣官房長官・外務大臣・厚生大臣等を歴任。熊本県天草島出身。弟の園田幹男は陸軍少佐、長男の博之は内閣官房副長官・衆議院議員・たちあがれ日本幹事長を務める。園田直 フレッシュアイペディアより)

  • 生目神社

    生目神社から見た天草諸島天草諸島

    鎮座地の亀井山に湧く清水が6方へと流れ、亀の頭、尾、左右手足を髣髴とさせるが、かつては眼病を患う者がこの水を掬って目を濯ぐ習わしがあり、現在も眼疾治癒を望む参詣者はこの水で沸かした茶を飲む。戦前には熊本県の天草等の眼疾患者が農閑期を選んで参拝し、平癒祈願の成就を願ってこの水を汲みつつ1箇月、3箇月と逗留し、その間は筵を打つ等して生活費を稼いだという。生目神社 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽本線優等列車沿革

    山陽本線優等列車沿革から見た天草諸島天草諸島

    「天草」(あまくさ) 目的地熊本県の「天草諸島」にちなむ。山陽本線優等列車沿革 フレッシュアイペディアより)

  • 九州横断バス

    九州横断バスから見た天草諸島天草諸島

    過去においては別府 - 熊本 - 長崎という文字通り九州を横断する長距離路線を構成しており、熊本以西では天草や雲仙などをコースに含んでいた。1991年3月当時の時刻表によれば、別府 - 熊本、熊本 - 長崎といった区間便が主体だが、一日で別府 - 長崎を走破する便、別府から阿蘇を観光して別府に戻る便もあったり、一部は途中に熊本市内遊覧(熊本城・水前寺公園)も経路上に組み込まれていた。なお、元々この路線はかつて九州国際観光バスが運行していたが、同社の解散に伴って九州産交バスが運行するようになった。九州横断バス フレッシュアイペディアより)

  • 野田朝次郎

    野田朝次郎から見た天草諸島天草諸島

    1980年代になり、園田学園女子大学教授の田辺眞人がニュージーランド国内の電話帳を調べ、朝次郎の次男であるマーティンとコンタクトをとることに成功した。マーティンは当時92歳で、オークランド市内の病院に入院していたが、田辺はマーティンから話を聞いた結果、朝次郎の出身地を熊本県の天草諸島であることを突き止めた。田辺は更に日本でも調査を行い、朝次郎の親戚が日本で健在であることも確認した。野田朝次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本キリスト教史

    日本キリスト教史から見た天草諸島天草諸島

    1637年に肥前島原と肥後天草で百姓身分の者たち(農民やかつてキリシタン大名の家臣であった元武士たちなどから構成)3万人が蜂起した事件は幕府に衝撃を与えた。これが島原の乱である。蜂起の直接的原因は島原藩と唐津藩(天草を所領)による残酷な収税制度にあったが、同地にはキリシタン大名であった有馬晴信、小西行長の統治時代に入信したキリシタンが多く、一揆の盟約結成の求心力としてキリスト教信仰を基盤においた内部統制も行われたこと、そのことが一向宗、法華宗などのような求心性の強い宗教勢力が排他的な一揆的結合の核となって強大な政治勢力を築いた事態が再来する危機を感じさせたこと、さらには幕藩体制のゆがみが明るみに出ることを幕府が恐れたことから「キリシタンによる反乱」と単純化されて規定され、原城陥落後に1名の内通者を除く参加者全員が殺害された。なお、当時の島原藩主松倉勝家は、農民の生活が成り立たないほどの収奪を行ったかどで斬首され、同様に唐津藩主寺沢堅高は天草の領地を没収されて、その後自害している(江戸期を通じて一藩の藩主が自害でなく斬首となったのはこの松倉勝家の1例のみである)。日本キリスト教史 フレッシュアイペディアより)

126件中 81 - 90件表示