前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • 天草諸島

    天草諸島から見た九州旅客鉄道

    諸島内には鉄道路線はない。天草五橋の手前にあるJR三角線三角駅が最寄りとなる。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た肥後国

    元来、全域が肥後国天草郡だったが、1581年、長島・獅子島などが薩摩国出水郡に編入された(参照)。これにより現在も、これらの島々は鹿児島県長島町に属している。このため、これらの島々を天草諸島に含めないこともある。なお、天草諸島に隣接する宇城市三角町戸馳の戸馳島は天草諸島に含まれない。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た鈴木重成

    乱後、山崎家治が富岡藩4万2千石で入封し、富岡城の再建、離散した領民の呼び戻し、新田開発などに当たった。1641年、家治はその功績により讃岐丸亀藩5万3千石に加増移封され、天草は天領となった。代官鈴木重成は天草の復興に努める一方、再検地の結果に基づき石高を実収に見合うよう半減すべきと幕府に訴えた。しかし、再三の訴えも聞き入れられなかったため、重成は上表文を残して自刃したという。この主張は1659年になって認められ、天草の表高は2万1千石となった。天草の本渡には重成を祀る鈴木神社が建立され、名代官として今も人々に慕われている。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た小西行長

    戦国時代の1566年、修道士ルイス・デ・アルメイダが天草五人衆の1人志岐鎮経(麟泉)(下島・志岐城主)に招かれ、キリスト教がもたらされた。志岐には教会が建てられ、トルレス、ヴィレラ、オルガンチノらの宣教師も来島し、1568年、1570年には宗教会議も行われた。信仰は広まり、信者は1万5000人、教会堂は30あまりにも達したという。豊臣政権の下で天草はキリシタン大名小西行長の領地となり、キリシタンはその保護を受けることになった。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た志岐鎮経

    戦国時代の1566年、修道士ルイス・デ・アルメイダが天草五人衆の1人志岐鎮経(麟泉)(下島・志岐城主)に招かれ、キリスト教がもたらされた。志岐には教会が建てられ、トルレス、ヴィレラ、オルガンチノらの宣教師も来島し、1568年、1570年には宗教会議も行われた。信仰は広まり、信者は1万5000人、教会堂は30あまりにも達したという。豊臣政権の下で天草はキリシタン大名小西行長の領地となり、キリシタンはその保護を受けることになった。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見たグネッキ・ソルディ・オルガンティノ

    戦国時代の1566年、修道士ルイス・デ・アルメイダが天草五人衆の1人志岐鎮経(麟泉)(下島・志岐城主)に招かれ、キリスト教がもたらされた。志岐には教会が建てられ、トルレス、ヴィレラ、オルガンチノらの宣教師も来島し、1568年、1570年には宗教会議も行われた。信仰は広まり、信者は1万5000人、教会堂は30あまりにも達したという。豊臣政権の下で天草はキリシタン大名小西行長の領地となり、キリシタンはその保護を受けることになった。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見たルイス・デ・アルメイダ

    戦国時代の1566年、修道士ルイス・デ・アルメイダが天草五人衆の1人志岐鎮経(麟泉)(下島・志岐城主)に招かれ、キリスト教がもたらされた。志岐には教会が建てられ、トルレス、ヴィレラ、オルガンチノらの宣教師も来島し、1568年、1570年には宗教会議も行われた。信仰は広まり、信者は1万5000人、教会堂は30あまりにも達したという。豊臣政権の下で天草はキリシタン大名小西行長の領地となり、キリシタンはその保護を受けることになった。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た山崎家治

    乱後、山崎家治が富岡藩4万2千石で入封し、富岡城の再建、離散した領民の呼び戻し、新田開発などに当たった。1641年、家治はその功績により讃岐丸亀藩5万3千石に加増移封され、天草は天領となった。代官鈴木重成は天草の復興に努める一方、再検地の結果に基づき石高を実収に見合うよう半減すべきと幕府に訴えた。しかし、再三の訴えも聞き入れられなかったため、重成は上表文を残して自刃したという。この主張は1659年になって認められ、天草の表高は2万1千石となった。天草の本渡には重成を祀る鈴木神社が建立され、名代官として今も人々に慕われている。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見たガスパル・ヴィレラ

    戦国時代の1566年、修道士ルイス・デ・アルメイダが天草五人衆の1人志岐鎮経(麟泉)(下島・志岐城主)に招かれ、キリスト教がもたらされた。志岐には教会が建てられ、トルレス、ヴィレラ、オルガンチノらの宣教師も来島し、1568年、1570年には宗教会議も行われた。信仰は広まり、信者は1万5000人、教会堂は30あまりにも達したという。豊臣政権の下で天草はキリシタン大名小西行長の領地となり、キリシタンはその保護を受けることになった。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た寺沢広高

    関ヶ原の戦いの後、敗れた小西行長は斬首され、天草は唐津藩の飛び地となる。領主寺沢広高は現在の苓北町に富岡城を築いて城代を置き、検地を行い天草の石高を4万2千石とした。しかしこれは実際の生産高の倍にあたり、そのため過酷な税の取り立てとキリシタンの弾圧が行われた。さらに飢饉が続いたことも要因となって、1637年、島原・天草の乱が勃発した。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示