172件中 101 - 110件表示
  • 天草諸島

    天草諸島から見た黒之瀬戸大橋

    また、鹿児島県に属する長島と九州本土の間にも黒之瀬戸大橋が架かり、自動車での往来が可能である。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た犬追物

    南北朝時代になると、この頃の志岐氏当主である志岐隆弘は北朝につき、本砥のみならず亀川の地頭職にも任じられる。しかし、天草氏の庶流河内浦氏、更に宮地氏が南朝について、城や柵を構えて激しく抵抗した。また、北朝方の天草豪族として上津浦氏・長島氏の名が、この頃に催された犬追物の参加者の中に見える。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た天草五橋

    熊本県の宇土半島先端の三角から大矢野島・天草松島を経て上島に至るルートは、1966年(昭和41年)に開通した天草五橋でつながっており、「天草パールライン」と呼ばれている。夏のピーク時には観光・海水浴などで自動車の通行量が1日平均2万5000台にも上り混雑する。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た丸亀藩

    乱後、山崎家治が富岡藩4万2千石で入封し、富岡城の再建、離散した領民の呼び戻し、新田開発などに当たった。寛永18年(1641年)、家治はその功績により讃岐丸亀藩5万3千石に加増移封され、天草は天領となった。代官鈴木重成は天草の復興に努める一方、再検地の結果に基づき石高を実収に見合うよう半減すべきと幕府に訴えた。しかし、再三の訴えも聞き入れられなかったため、重成は上表文を残して自刃したと伝承されてきたがこれは近代になってから作られた話で、公文には全く記載されておらず、慰霊碑にも病死と記録があり石高も重成存命中に半減されているが、当時の一般的な税率は4公6民であり変わらず島民は重税に苦しんだ。また、キリシタン弾圧のための寺檀制度の確立と一向一揆を恐れて浄土真宗寺院門徒の監視の為に曹洞宗の僧侶であった重成の兄により曹洞宗寺院が多数建立し、逆に一向一揆を警戒する歴代代官は浄土真宗寺院の建立は認めず寺地を強制的に移転させたり、門徒を強制的に曹洞宗に改宗させて弾圧した。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た八代海

    北は有明海、東・南東は八代海(不知火海)、西・南西は東シナ海の天草灘に囲まれる。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た教会堂

    永禄9年(1566年)、修道士ルイス・デ・アルメイダが志岐氏当主の志岐鎮経(麟泉)(下島・志岐城主)に招かれ、キリスト教がもたらされた。志岐には教会が建てられ、トルレス、ヴィレラ、オルガンチノらの宣教師も来島し、永禄11年(1568年)と元亀元年(1570年)には宗教会議も行われた。信仰は広まり、信者は1万5000人、教会堂は30あまりにも達したという。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た牛深市

    2006年3月27日 - 本渡市、牛深市、有明町、御所浦町、倉岳町、栖本町、新和町、五和町、天草町、河浦町が合併し、天草市が発足。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た天草町

    2006年3月27日 - 本渡市、牛深市、有明町、御所浦町、倉岳町、栖本町、新和町、五和町、天草町、河浦町が合併し、天草市が発足。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見たクルマエビ

    温暖な気候で、水産業、特にクルマエビ・真珠などの養殖業が盛ん。近年は新たに近大マグロ、岩牡蠣、トラフグ等の新たな養殖が取り組まれている。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た都市圏

    一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

172件中 101 - 110件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード