172件中 61 - 70件表示
  • 天草諸島

    天草諸島から見た廃藩置県

    廃藩置県後1871年(明治4年)までは長崎県に属したが、その後、肥後国天草郡は熊本県、薩摩国出水郡は鹿児島県に属し、現在に至る。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た検地

    関ヶ原の戦いの後、敗れた小西行長は斬首され、天草は唐津藩の飛び地となる。領主寺沢広高は現在の苓北町に富岡城を築いて城代を置き、検地を行い天草の石高を4万2千石とした。しかしこれは実際の生産高の倍にあたり、そのため過酷な税の取り立てとキリシタンの弾圧が行われた。さらに飢饉が続いたことも要因となって、寛永14年(1637年)、島原・天草の乱が勃発した。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た普請

    豊臣秀吉が九州平定を成し遂げると、豊臣政権の下で天草五人衆は佐々成政の与力とされたが、肥後国人一揆により成政が失脚、代わって肥後南半国の領主としてキリシタン大名の小西行長が下向するとその与力とされた。しかし天正17年(1589年)、五人衆は行長の宇土城普請の命に背いて反乱に及んだ末に敗れて降伏、逃走した志岐氏を除く4氏が行長の家臣に組み入れられた。その後、行長は志岐にキリシタンの家臣日比屋了荷(受洗名はヴィセンテ。ヴィンセンゾとも)を置いた。天草のキリシタンは行長の庇護を受けることになったのである。また、乱の翌年には上津浦氏もキリスト教に受洗している。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た南朝 (日本)

    南北朝時代になると、この頃の志岐氏当主である志岐隆弘は北朝につき、本砥のみならず亀川の地頭職にも任じられる。しかし、天草氏の庶流河内浦氏、更に宮地氏が南朝について、城や柵を構えて激しく抵抗した。また、北朝方の天草豪族として上津浦氏・長島氏の名が、この頃に催された犬追物の参加者の中に見える。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た本渡瀬戸

    上島と下島とは、天草の中心地である本渡の市街(下島)の近くで幅約100m、長さ約3Kmの細長い本渡瀬戸によって隔てられているが、ここも1974年(昭和49年)に開通した天草瀬戸大橋と 本渡瀬戸歩道橋で結ばれている。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た御所浦町

    2006年3月27日 - 本渡市、牛深市、有明町、御所浦町、倉岳町、栖本町、新和町、五和町、天草町、河浦町が合併し、天草市が発足。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た阿久根駅

    (鹿児島県側)南国交通の運行エリアである。肥薩おれんじ鉄道の阿久根駅や九州新幹線の出水駅から運行されている。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た讃岐国

    乱後、山崎家治が富岡藩4万2千石で入封し、富岡城の再建、離散した領民の呼び戻し、新田開発などに当たった。寛永18年(1641年)、家治はその功績により讃岐丸亀藩5万3千石に加増移封され、天草は天領となった。代官鈴木重成は天草の復興に努める一方、再検地の結果に基づき石高を実収に見合うよう半減すべきと幕府に訴えた。しかし、再三の訴えも聞き入れられなかったため、重成は上表文を残して自刃したと伝承されてきたがこれは近代になってから作られた話で、公文には全く記載されておらず、慰霊碑にも病死と記録があり石高も重成存命中に半減されているが、当時の一般的な税率は4公6民であり変わらず島民は重税に苦しんだ。また、キリシタン弾圧のための寺檀制度の確立と一向一揆を恐れて浄土真宗寺院門徒の監視の為に曹洞宗の僧侶であった重成の兄により曹洞宗寺院が多数建立し、逆に一向一揆を警戒する歴代代官は浄土真宗寺院の建立は認めず寺地を強制的に移転させたり、門徒を強制的に曹洞宗に改宗させて弾圧した。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見た都市雇用圏

    金本良嗣・徳岡一幸によって提案された都市圏(10%通勤圏)。細かい定義等は都市雇用圏に則する。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 天草諸島

    天草諸島から見たカンゾウ属

    漢名は苓州・苓洲(れいしゅう)。天草を甘草(かんぞう、あまくさ)にかけ、その漢名「苓」から採っている。天草諸島 フレッシュアイペディアより)

172件中 61 - 70件表示

「天草のできごと」のニューストピックワード