前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た太田吉彰太田吉彰

    手倉森体制3年目。札幌から期限付き移籍中だったGK林卓人が完全移籍に移行。柏からDF鎌田次郎、鳥栖からMF高橋義希、前年7月まで磐田に在籍していた太田吉彰、大分からフェルナンジーニョがそれぞれ完全移籍、ブラジル・クルゼイロからはFWレイナルドが期限付き移籍で新加入した。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 川口信男

    川口信男から見た太田吉彰太田吉彰

    1998年、名波が在籍するジュビロ磐田に入団。同年のヤマザキナビスコカップ決勝戦では2得点を挙げて大会MVPに選出された。1999年にはアジアクラブ選手権優勝。2000年以降は主に右サイドのアタッカーとして使われることが増え、磐田黄金期のスーパーサブとして活躍。快足を生かし攻撃を活性化させたが、太田吉彰らの台頭を受けて徐々に出場機会を失っていった。2005年12月、同年限りでの退団を決意。川口信男 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕希

    中島裕希から見た太田吉彰太田吉彰

    2010年のJ1昇格直後こそスタメンを確保していたが、チームの得点力不足が深刻で自身も極端なスランプに陥り、後半にはFC東京から移籍してきた赤嶺真吾や好調のフェルナンジーニョ、太田吉彰にポジションを奪われ、守備固めのフォーメーションのみの起用となって出場機会を失い、去就が注目されたが結局残留した。中島裕希 フレッシュアイペディアより)

  • 太田圭輔

    太田圭輔から見た太田吉彰太田吉彰

    太田 圭輔(おおた けいすけ、1981年7月23日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー (右サイドハーフ)。サッカー選手の太田吉彰は弟。太田圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • 犬塚友輔

    犬塚友輔から見た太田吉彰太田吉彰

    磐田ユース時代は太田吉彰と同期で個人的にも親しかった。当時はボランチの選手だった。犬塚友輔 フレッシュアイペディアより)

  • 西紀寛

    西紀寛から見た太田吉彰太田吉彰

    2004年以降は負傷に見舞われて出場機会も少なく、2005年以降は右サイドの太田吉彰の台頭で、元来のポジションであるフォワードやトップ下として起用されることも増えた。西紀寛 フレッシュアイペディアより)

  • 細川淳矢

    細川淳矢から見た太田吉彰太田吉彰

    本職はセンターバックであったが、渡辺広大・エリゼウなどがいた為出場機会に恵まれなかった。2010年のナビスコ杯・準々決勝、ジュビロ磐田との第1戦で朴柱成と交代してサイドバックとして出場。太田吉彰のゴールをアシストし、リーグ戦でベンチ入りする機会も得た。2011年も層の薄いサイドバックでプレーし出場機会を増やしたが、契約満了となり退団した。細川淳矢 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦拓弥

    松浦拓弥から見た太田吉彰太田吉彰

    磐田では左右両アウトサイドを学び(ただし起用はもっぱら右)、守備面でも貢献できるようになったことから、2008年になるとポジション争いに割って入り、日本代表の駒野友一と怪我の太田吉彰が不在の間にトップチームでデビューを果たす。シーズン途中にハンス・オフトが監督に就任すると重用されトップ下に定着。ベガルタ仙台と対戦したJ1・J2入れ替え戦では2試合で3得点、チームの全得点を挙げる活躍を見せ、チームのJ1残留に大きく貢献した。松浦拓弥 フレッシュアイペディアより)

  • 6月11日

    6月11日から見た太田吉彰太田吉彰

    1983年 - 太田吉彰、サッカー選手6月11日 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た太田吉彰太田吉彰

    広島から井波靖奈、岐阜から中村祐輝、ルフ・ホジューフからカミンスキー、ムアントンからジェイを完全移籍で獲得したことに加え、元磐田の選手である上田康太と太田吉彰が大宮と仙台から完全移籍で復帰した。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「太田吉彰」のニューストピックワード