前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • 犬塚友輔

    犬塚友輔から見た太田吉彰太田吉彰

    磐田ユース時代は太田吉彰と同期で個人的にも親しかった。当時はボランチの選手だった。犬塚友輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕希

    中島裕希から見た太田吉彰太田吉彰

    2010年のJ1昇格直後こそスタメンを確保していたが、チームの得点力不足が深刻で自身も極端なスランプに陥り、後半にはFC東京から移籍してきた赤嶺真吾や好調のフェルナンジーニョ、太田吉彰にポジションを奪われ、守備固めのフォーメーションのみの起用となって出場機会を失い、去就が注目されたが結局残留した。中島裕希 フレッシュアイペディアより)

  • 細川淳矢

    細川淳矢から見た太田吉彰太田吉彰

    本職はセンターバックであったが、渡辺広大・エリゼウなどがいた為出場機会に恵まれなかった。2010年のナビスコ杯・準々決勝、ジュビロ磐田との第1戦で朴柱成と交代してサイドバックとして出場、太田吉彰のゴールをアシストし、リーグ戦でベンチ入りする機会も得た。2011年も層の薄いサイドバックでプレーし出場機会を増やしたが、契約満了となり退団した。細川淳矢 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦拓弥

    松浦拓弥から見た太田吉彰太田吉彰

    磐田では左右両アウトサイドを学び(ただし起用はもっぱら右)、守備面でも貢献できるようになったことから、2008年になるとポジション争いに割って入り、日本代表の駒野友一と怪我の太田吉彰が不在の間にトップチームでデビューを果たす。シーズン途中にハンス・オフトが監督に就任すると重用されトップ下に定着。ベガルタ仙台と対戦した12月のJ1・J2入れ替え戦では2試合で3ゴール、チームの全得点を挙げる活躍を見せ、チームのJ1残留に大きく貢献した。松浦拓弥 フレッシュアイペディアより)

  • 太田圭輔

    太田圭輔から見た太田吉彰太田吉彰

    太田 圭輔(おおた けいすけ、1981年7月23日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー (右サイドハーフ)。サッカー選手の太田吉彰は弟。太田圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • 川口信男

    川口信男から見た太田吉彰太田吉彰

    磐田では太田吉彰らの台頭を受けて徐々に出場機会を失い、2006年にFC東京に完全移籍。ここでもサイドアタッカーとして攻撃の一翼を担うが、2007年は公式戦を通して無得点に終わった事もあり、リーグ戦終了後に戦力外通告を受け、Jリーグ合同トライアウトにも参加した。しかしその直後の天皇杯でチーム1の運動量でチームを鼓舞した事、主力級の選手の移籍が相次いだ事から、数週間後に再契約するという珍しいケースでFC東京へ残留した。2008年も競争の激しいMF陣の中で途中交代でピッチに投入され健在振りを示したが、大竹洋平や鈴木達也にスーパーサブの役割を譲る事が増え、12月に戦力外通告を受けた。真摯に練習に取り組む姿は若手の見本となっており、この年特別指定選手としてチームに加わり、後にFC東京に入団することになる高橋秀人は、「ノブさんがいなかったらFC東京に入っていなかったかもしれない。」と述懐している。川口信男 フレッシュアイペディアより)

  • 西紀寛

    西紀寛から見た太田吉彰太田吉彰

    2004年以降は負傷に見舞われて戦線離脱していることも少なく、2005年以降は右サイドの太田吉彰の台頭で、元来のポジションであるフォワードやトップ下として起用されることも増えた。西紀寛 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た太田吉彰太田吉彰

    背番号下のネームは、Jチームでは珍しくオ段の伸びる音「H」が表記されている(ネーム導入後に在籍していた選手では大井健太郎→OHI、太田吉彰→OHTA)。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た太田吉彰太田吉彰

    手倉森体制3年目。札幌から期限付き移籍中だったGK林卓人が完全移籍に移行。柏からDF鎌田次郎、鳥栖からMF高橋義希、前年7月まで磐田に在籍していた太田吉彰、大分からフェルナンジーニョがそれぞれ完全移籍、ブラジル・クルゼイロからはFWレイナルドが期限付き移籍で新加入した。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た太田吉彰太田吉彰

    6月11日 - 太田吉彰、サッカー選手1983年 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「太田吉彰」のニューストピックワード