36件中 21 - 30件表示
  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た浜松市

    太田 吉彰(おおた よしあき、1983年6月11日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身のプロサッカー選手。ポジションはMF。Jリーグ・ジュビロ磐田に所属。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た徳島ヴォルティス

    2015年1月7日、約6年ぶりにジュビロ磐田へ完全移籍で復帰することが発表された。背番号は、かつて中山雅史が付けていた9番。開幕戦となったギラヴァンツ北九州戦では、ジェイのゴールをアシストしたり、プレー面ではチームに貢献していたが、なかなか得点が奪えなかったが第30節の徳島戦で移籍後初ゴールを決めた。2015年シーズンは39試合に出場し、ジュビロのJ1昇格へ貢献した。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見たアルビレックス新潟

    2004年10月24日 - プロ初ゴール (Jリーグ) - アルビレックス新潟戦 (ヤマハスタジアム)太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見たFC東京

    2004年10月17日 - リーグ戦初出場 - FC東京戦 (国立霞ヶ丘陸上競技場)太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た2009年

    怪我から復帰した2009年、開幕から中盤右サイドのレギュラーを任されるが不調で、李根鎬の加入によりサイドハーフに回ったジウシーニョなどにレギュラーを奪われた。その後、海外挑戦するため、7月に磐田を退団したが獲得クラブは現れず、年内いっぱいは無所属となったが、2010年にベガルタ仙台へ完全移籍加入。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見たやべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    加入初年度こそチャンスに恵まれなかったものの、2011年は途中退団したマルキーニョスに代わってFW起用される。東日本大震災後、J再開川崎戦にて、両足が激しく攣った状態でゴールを挙げ、その直後に負傷交代した。このゴールは「やべっちF.C.」にて名波浩により「魂のゴール」と評されている。2012年は本職のサイドハーフとしてプレーし、MF梁勇基の負傷により開幕から先発。梁が復帰すると今度はMF関口訓充に代わって引き続き先発。関口の復帰後も先発を明け渡すことなく、フィールドプレーヤーで唯一のリーグ戦全試合出場を果たした。2013年、2014年もリーグ戦全試合に出場。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    2004年10月17日 - リーグ戦初出場 - FC東京戦 (国立霞ヶ丘陸上競技場)太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た日本プロサッカーリーグ

    太田 吉彰(おおた よしあき、1983年6月11日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身のプロサッカー選手。ポジションはMF。Jリーグ・ジュビロ磐田に所属。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た前十字靭帯

    クロスの精度や守備力に難があったが、磐田の世代交代の波に乗りトップデビューを果たすと、初先発の試合でいきなりゴールを決めるなどして一気にレギュラー格に定着。2005年シーズンはMF陣最多得点をあげ、2006年はアジウソン体制で完全に攻撃の中心として位置付けられ、2007年からは再びFWもこなすようになるなど、当時の磐田を支えた選手の1人であった。2008年シーズンは右サイドの駒野友一の移籍加入と、4月に練習試合で前十字靭帯断裂の怪我を負ったためシーズンの大半を棒に振っている。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た浜北区

    太田 吉彰(おおた よしあき、1983年6月11日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身のプロサッカー選手。ポジションはMF。Jリーグ・ジュビロ磐田に所属。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「太田吉彰」のニューストピックワード