前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た求人倍率求人倍率

    大卒者の雇用環境もこの時期に厳しく悪化した。リクルートワークスの調査によれば、1991年をピークに求人倍率は低下傾向で推移し、2000年にはついに1倍を下回った。多少の変動はあるものの、2002年を谷とする景気の回復に伴い求人数が増加するまで、長期間にわたって雇用環境は厳しい状況となった。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の経済

    1993年の経済から見た有効求人倍率求人倍率

    労働省、10月の有効求人倍率0.67倍、完全失業率2.7パーセントと発表。1993年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居徹也

    鳥居徹也から見た求人倍率求人倍率

    鳥居の自説は、フリーターやニートの増加の要因として一般的な認識であるバブル経済の崩壊に伴う企業の採用抑制によって発生した就職氷河期や、フリーターなど非正規労働者の「安い労働力」に依存している企業側の問題については一切言及しようとせず、「有効求人倍率は若い方が高いのだから、採用されないのは努力が足りないからだ」などと自己責任論にすり替えたり、「大学全入時代が若者の競争力を低下させ、フリーターが増えた」といった、若者側に責任を転嫁する主張をしており、評論家の後藤和智をはじめ、鳥居の主張を訝しがる者も多い。鳥居徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 労働力調査

    労働力調査から見た求人倍率求人倍率

    この他の雇用関連の統計としては、求人倍率を発表している職業安定業務統計(厚生労働省)、就業者の給与や労働時間を発表している毎月勤労統計調査(厚生労働省)などがある。労働力調査 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の労働界

    2009年の労働界から見た有効求人倍率求人倍率

    8月28日 -総務省が7月の完全失業率を発表し、5.7%で過去最悪を更新、7月の有効求人倍率も厚生労働省から発表され0.42で過去最悪を更新。2009年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • ワンコールワーカー

    ワンコールワーカーから見た有効求人倍率求人倍率

    景気の低迷により有効求人倍率が1.0を割り込む一方で低賃金労働者の需要が高い社会背景に加え、携帯電話の個人普及率の高さが生み出した就労形態である。ワンコールワーカー フレッシュアイペディアより)

  • 転職

    転職から見た有効求人倍率求人倍率

    バブル崩壊後の不況期は、有効求人倍率(求人数/求職者数)が恒常的に1を下回っていた(労働市場における供給超過)。ただし、IT化によって必要とされる各種技術者については、求人数が求職者数を上回る需要超過の状態が続いていた。一方、一般事務職などは、有効求人倍率が持ち直しても求職者数が求人数を上回る供給超過状態が続いている。転職 フレッシュアイペディアより)

  • 長野工業高等専門学校

    長野工業高等専門学校から見た求人倍率求人倍率

    就職に関しては求人倍率が30倍(1人の学生に対して約30件の求人)近くあり、全国的に見ても高く、就職率は100%に至っている。長野工業高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た有効求人倍率求人倍率

    1970年代から80年代の前半までは、日本の労働市場における新規求人倍率は 0.9〜1、有効求人倍率は 0.6〜0.7 の間で推移した。しかし1985年のプラザ合意と円高をきっかけに、日本経済はバブル景気に入り、企業が過剰な設備投資と雇用をおこなったため、有効求人倍率は 1.4 まで跳ね上がり、1988年から1992年まで 1 を上回る状況が起きた。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た新規求人倍率求人倍率

    1970年代から80年代の前半までは、日本の労働市場における新規求人倍率は 0.9〜1、有効求人倍率は 0.6〜0.7 の間で推移した。しかし1985年のプラザ合意と円高をきっかけに、日本経済はバブル景気に入り、企業が過剰な設備投資と雇用をおこなったため、有効求人倍率は 1.4 まで跳ね上がり、1988年から1992年まで 1 を上回る状況が起きた。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「失業率」のニューストピックワード