前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た求人倍率求人倍率

    大卒者の雇用環境もこの時期に厳しく悪化した。リクルートワークスの調査によれば、1991年をピークに求人倍率は低下傾向で推移し、2000年にはついに1倍を下回った。多少の変動はあるものの、2002年を谷とする景気の回復に伴い求人数が増加するまで、長期間にわたって雇用環境は厳しい状況となった。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の労働界

    2009年の労働界から見た有効求人倍率求人倍率

    8月28日 -総務省が7月の完全失業率を発表し、5.7%で過去最悪を更新、7月の有効求人倍率も厚生労働省から発表され0.42で過去最悪を更新。2009年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の経済

    1993年の経済から見た有効求人倍率求人倍率

    労働省、10月の有効求人倍率0.67倍、完全失業率2.7パーセントと発表。1993年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の経済

    2014年の経済から見た求人倍率求人倍率

    2014年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消費税議論

    日本の消費税議論から見た有効求人倍率求人倍率

    安倍首相は、甘利明経済財政・再生相から「集中点検会合」の報告を受け、消費増税について、「判断は10月上旬にする」と表明し、10月1日に日本銀行が発表する全国企業短期経済観測調査(日銀短観)を「最後の経済指標として確認したい」述べた。なお、10月1日には、日銀短観の他、完全失業率、有効求人倍率、家計調査、毎月勤労統計調査(賃金の動向)の8月分結果も公表され、同日までに主要な経済指標の最新結果が出そろう。日本の消費税議論 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方

    北陸地方から見た有効求人倍率求人倍率

    有効求人倍率・女性就業率が高く、通勤時間が短い傾向にある。北陸地方 フレッシュアイペディアより)

  • 小野田紀美

    小野田紀美から見た有効求人倍率求人倍率

    経済的格差による教育格差の解消に注力し「有効求人倍率向上等の実績およびアベノミクスの継続」を選挙運動において主張している。小野田紀美 フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た有効求人倍率求人倍率

    1970年代から1985年(昭和60年)までは、日本の労働市場における新規求人倍率は 0.9倍から1倍、有効求人倍率は 0.6倍から0.7倍の間で推移していた。しかし1985年のプラザ合意と円高をきっかけに、日本経済はバブル景気に入り、企業が過剰な設備投資と雇用をおこなったため、有効求人倍率は 1.4倍まで跳ね上がり、1988年から1992年まで1倍を上回る状況が起きた。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見た新規求人倍率求人倍率

    1970年代から1985年(昭和60年)までは、日本の労働市場における新規求人倍率は 0.9倍から1倍、有効求人倍率は 0.6倍から0.7倍の間で推移していた。しかし1985年のプラザ合意と円高をきっかけに、日本経済はバブル景気に入り、企業が過剰な設備投資と雇用をおこなったため、有効求人倍率は 1.4倍まで跳ね上がり、1988年から1992年まで1倍を上回る状況が起きた。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 失われた20年

    失われた20年から見た有効求人倍率求人倍率

    有効求人倍率も1991年頃をピークに急落に転じ、求人数よりも求職者数が上回るようになり、大卒生の就職率も7割前後にまで下落。就職氷河期と呼ばれるようになった。失われた20年 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「失業率」のニューストピックワード