1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • 北陸地方

    北陸地方から見た有効求人倍率求人倍率

    有効求人倍率・女性就業率が高く、通勤時間が短い傾向にある。北陸地方 フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン

    サラリーマンから見た求人倍率求人倍率

    サラリーマンの多くは新中間層に含まれ、自作農や商店主などの旧中間層と対比される。通常の社会学では新中間層は旧中間層とともに中産階級を構成するが、マルクス主義の立場ではサラリーマンは被雇用者であるため、労働者階級に含まれる。統計的にも職業別の平均資産額はサラリーマン(民間職員・労務作業者)がもっとも低い。また、民間企業の求人倍率は歴史的に定員割れ(求人が求職者を上回る)状態で推移しており倍率の高い公務員や初期投資を必要とする自営業に比べて就業するのが容易である。植木等の歌にも「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」というものがあり(『ドント節』)、こういった社会的位置づけや当時の世相を反映している歌詞としてしばしば取り上げられる。サラリーマン フレッシュアイペディアより)

  • 高等専門学校

    高等専門学校から見た求人倍率求人倍率

    求人倍率と就職(内定)率の高さが特長である。各高専によって若干異なるが、基本的に理工系大学生と同じように、学校が学生と話し合って受験企業を一社に絞って受けさせる「一人一社制」によって就職活動を行う場合が多いが、文科系大学生と同じように、企業が高専卒採用枠を設けてインターネットなどで採用情報を公開し、全国の高専生を対象とした選考をすることもある。また大学卒と同一の採用枠・試験枠となる場合や、企業によっては現役生として考えると同じ年齢である、短大・専門学校卒業対象となることもある。高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • バブル景気

    バブル景気から見た有効求人倍率求人倍率

    数値的に確認できる「バブルの崩壊」と、体感的な「バブルの崩壊」にも最大で数年程度のずれがある。データ上、バブルの崩壊は1990年11月頃始まったが、必ずしも誰もが直ちにそれを体感したわけではない。バブルの崩壊を経済学的現象ではなく深刻な社会問題ととらえるとき目安となる時期は、全国的に地価の下落が明確となり、有効求人倍率や新卒の求人倍率が大きく低下し、企業の業績悪化により学生の内定取り消しも相次いだ(就職氷河期も参照)1993年頃から、不良債権問題や株価低迷によって大手金融機関が次々と破綻に追い込まれた1997年-1998年頃にかけての間であり、それまでは(事実としてバブル崩壊が始まっていたにもかかわらず)それを認識できずに楽観的でいたり、そうでなくても、まだ持ち直すかもしれないと期待していた人々がほとんどだったと見られる(後述のように、バブル崩壊後に金融機関が抱えた不良債権を、株価・地価の再上昇を当てこんで処理を後回しにした結果、雪だるま式に額が膨れ上がって破綻に追い込まれた企業も少なくなかった)。また、経済政策の失敗によって1999年以降の景気が急速に悪化し、企業の倒産や人員削減による失業、新規採用の抑制による苛酷な就職難が発生し、本格的に実害をこうむった1990年代後半から2000年代前半を特にバブル崩壊(2000年のITバブル崩壊も含む)による景気悪化と振り返って捉えている人も多い。バブル景気 フレッシュアイペディアより)

  • 失われた20年

    失われた20年から見た有効求人倍率求人倍率

    有効求人倍率(これはアルバイトや派遣労働者といった非正規雇用を含むことに注意すべきである)も1991年頃をピークに急落に転じ、求人数よりも求職者数が上回るようになり、大卒生の就職率も7割前後にまで下落。就職氷河期と呼ばれるようになった。失われた20年 フレッシュアイペディアより)

  • 就職活動

    就職活動から見た求人倍率求人倍率

    次の表は、高卒者の求人倍率及び就職率の推移である。詳細は独立行政法人 労働政策研究・研修機構業務統計を活用した新規指標?2006を参照。就職活動 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年

    1992年から見た求人倍率求人倍率

    10月 - この月の有効求人倍率が1.0を下回り、この後、2005年12月に1.0に回復するまで13年2ヶ月にわたりいわゆる就職氷河期となる。1992年 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「失業率」のニューストピックワード