25件中 11 - 20件表示
  • 転職

    転職から見た有効求人倍率求人倍率

    バブル崩壊後の不況期は、有効求人倍率(求人数/求職者数)が恒常的に1を下回っていた(労働市場における供給超過)。ただし、IT化によって必要とされる各種技術者については、求人数が求職者数を上回る需要超過の状態が続いていた。一方、一般事務職などは、有効求人倍率が持ち直しても求職者数が求人数を上回る供給超過状態が続いている。転職 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のデフレーション

    日本のデフレーションから見た有効求人倍率求人倍率

    エコノミストの嶋中雄二は「賃金は前年度の消費者物価、有効求人倍率、企業収益などを参考にして決められる。消費者物価と毎月1対1で対応するものではない。賃金と消費者物価は直結しない」と指摘している。日本のデフレーション フレッシュアイペディアより)

  • ワンコールワーカー

    ワンコールワーカーから見た有効求人倍率求人倍率

    景気の低迷により有効求人倍率が1.0を割り込む(競争率が1.0を超える)一方で、低賃金労働者の需要が高い社会背景に加え、携帯電話の個人普及率の高さが生み出した就労形態である。ワンコールワーカー フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン

    サラリーマンから見た求人倍率求人倍率

    サラリーマンの多くは新中間層に含まれ、自作農や商店主などの旧中間層と対比される。通常の社会学では新中間層は旧中間層とともに中産階級を構成するが、マルクス主義の立場ではサラリーマンは被雇用者であるため、労働者階級に含まれる統計的にも職業別の平均資産額はサラリーマン(民間職員・労務作業者)がもっとも低い。また、民間企業の求人倍率は歴史的に定員割れ(求人が求職者を上回る)状態で推移しており倍率の高い公務員や初期投資を必要とする自営業に比べて就業するのが容易である。植木等の歌にも「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」というものがあり(『ドント節』)、こういった社会的位置づけや当時の世相を反映している歌詞としてしばしば取り上げられる。サラリーマン フレッシュアイペディアより)

  • 就職活動

    就職活動から見た求人倍率求人倍率

    次の表は、高卒者の求人倍率及び就職率の推移である。詳細は独立行政法人 労働政策研究・研修機構業務統計を活用した新規指標?2006を参照。就職活動 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見た有効求人倍率求人倍率

    この経済政策に関しては当初から専門家などの間で賛否両論が入り混じっており、安倍の首相就任からちょうど1年後の2013年(平成25年)12月の産経新聞社・FNNの合同世論調査では81.0 %の人が「景気回復を実感していない」と回答している。その一方で株価や有効求人倍率などの経済指標は改善している。また、アベノミクスの効果は大企業を中心に現れているが、中小・零細企業にはその効果は一部を除いていまだ波及してはいない。。また、2013年(平成25年)に発表した「不動産市場における国際展開戦略」は円安のおかげで成果を上げ、外国人投資家による日本の不動産買いは着々と進んでいる。一方、安倍政権成立後、貿易収支は赤字に転落し、3年連続で史上最大の貿易赤字を更新している。いずれにせよ、安倍の試みはまだ道半ばであり、評価も定まっていない。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 長野工業高等専門学校

    長野工業高等専門学校から見た求人倍率求人倍率

    就職に関しては求人倍率が30倍(1人の学生に対して約30件の求人)近くあり、全国的に見ても高く、就職率は100%に至っている。長野工業高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • バブル景気

    バブル景気から見た有効求人倍率求人倍率

    有効求人倍率は、1991年に1.40倍を記録。リクルートの調査では、同年の大卒最高値は2.86倍になった。この時代に大量に採用された社員を指してバブル就職世代とも言われる。バブル景気 フレッシュアイペディアより)

  • 定年

    定年から見た有効求人倍率求人倍率

    この改正案について、当時は企業内の労働者の利益を代表する労働組合が「希望者全員の雇用」を求めたのに対し、経済界は「他の社員の給与を減らすか、若年層の採用を減らすかという選択を迫られかねない」として、反発を強めていた。定年者の再雇用拡大に伴って、非正規社員の削減を検討している企業は3割に上る。しかし、政権交代後のアベノミクスで少し景気が上向くと、即座に労働供給の壁に突き当たって売り手市場の人手不足の状態に変化した以降は有効求人倍率がバブル経済期を上回った。そのため中小企業だけでなく大企業でも人手不足感が高まって、定年後の再雇用への年齢上限を撤廃する動き強まった。2017年には社員の「生涯現役」を求めて活躍するシニア社員が発生するなど、人手不足の企業と働き続けたい労働者の利害の一致により定年年齢を労働者が決めることが見受けられるようなった。定年 フレッシュアイペディアより)

  • 労働力調査

    労働力調査から見た求人倍率求人倍率

    この他の雇用関連の統計としては、求人倍率を発表している職業安定業務統計(厚生労働省)、就業者の給与や労働時間を発表している毎月勤労統計調査(厚生労働省)などがある。労働力調査 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「失業率」のニューストピックワード