439件中 71 - 80件表示
  • 奈良県

    奈良県から見た雪害

    気温の年較差・日較差の大きいいわゆる内陸性気候で、奈良における年平均気温は14.6°Cと全国の気象官署の中でほぼ平均的な気温である。降水量は年間を通じて1333.2mmと比較的少なく、奈良盆地(奈良市・橿原市などの地域)では降雪の観測日数は多くない(年平均23.3日)。一方、五條地域・吉野地域・宇陀地域などは降雪・積雪に見舞われることがあり、天川村・上北山村にはスキー場も存在する(大阪市から津市以南の近畿では両村だけ)。これらの地域では積雪が交通に影響を与えており、奈良県の道路政策には「雪害対策」の文言が含まれている。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た

    イチゴ、スイカ、柿、茶葉(大和茶)の有数の産地でもある。特にイチゴは県内の地名が付いた“あすかルビー”という有名品種がある。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た奈良県選挙区

    参議院議員の選挙区選出における奈良県選挙区の定数は2であり、3年ごとに1議席を改選する。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た36協定

    奈良県が運営する奈良県立奈良病院と五條病院の2病院が、当直勤務の産科医らに違法な時間外労働を課した上、残業代も支払っていなかったとして、奈良県が奈良労働基準監督署から書類送検されていたことが判明している。また、両病院は労働基準法で義務付けられている労使間で時間外労働や休日労働などについて取り決めることを求めた、いわゆる『36協定』も締結していなかったことも発覚している。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た奈良文化財研究所

    奈良文化財研究所平城宮跡資料館奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た観光

    奈良県は観光産業が発達しており、各地の神社仏閣や遺跡、万葉の故地などが観光客を集めている。東大寺二月堂修二会(お水取り)や春日若宮おん祭などの伝統行事や若草山の山焼き、また正倉院展・なら燈花会などの新しいイベントなどが多くの観光客に親しまれている。奈良県への年間観光客数は約4000万人。一方で宿泊施設は少なくホテルの軒数は2006年度において全国都道府県別で46位、客室数は47位(最下位)であった。そのためホテルの多い京都や大阪に宿泊者の多くを奪われている状況である。奈良県ではホテル誘致を推進している。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た時間外労働

    奈良県が運営する奈良県立奈良病院と五條病院の2病院が、当直勤務の産科医らに違法な時間外労働を課した上、残業代も支払っていなかったとして、奈良県が奈良労働基準監督署から書類送検されていたことが判明している。また、両病院は労働基準法で義務付けられている労使間で時間外労働や休日労働などについて取り決めることを求めた、いわゆる『36協定』も締結していなかったことも発覚している。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た鉄道

    奈良県内の鉄道路線は全線が電化されており、これは日本初であり、日本全国で当県を含め1都1府3県しかない(旅客営業を行う路線のみ)。また、県内には気動車による定期列車が存在しない。JRの駅は33駅、近鉄の駅は90駅と近鉄の方が多く駅を有し、列車の設定本数などもおおむね多い。特に、人気の観光地の最寄駅はその殆どが近鉄の駅である。1972年3月に急行「紀伊」の奈良行き編成が廃止されたことにより、本州では初めて東京駅ないし上野駅から1本の定期列車で行くことのできない県となった。また、2006年3月に急行「かすが」が廃止されたことにより、奈良県はJRの鉄道路線がある46都道府県で唯一、定期特急・急行列車が1本も走っていない県となった。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た平城京

    ヤマト王権成立以来8世紀末まで、この地域に大和朝廷の累代の天皇の宮があり、都が置かれた。大和時代から飛鳥時代にかけては、橿原市や高市郡に宮が置かれていることが多かった(飛鳥京跡)。特に藤原京は、持統天皇4年(690年)に着工され、持統天皇8年(694年)に完成した条坊制による中国風都城として知られる。その後、和銅3年(710年)に平城京遷都が行われた(奈良時代の始まり)。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た修二会

    奈良県は観光産業が発達しており、各地の神社仏閣や遺跡、万葉の故地などが観光客を集めている。東大寺二月堂修二会(お水取り)や春日若宮おん祭などの伝統行事や若草山の山焼き、また正倉院展・なら燈花会などの新しいイベントなどが多くの観光客に親しまれている。奈良県への年間観光客数は約4000万人。一方で宿泊施設は少なくホテルの軒数は2006年度において全国都道府県別で46位、客室数は47位(最下位)であった。そのためホテルの多い京都や大阪に宿泊者の多くを奪われている状況である。奈良県ではホテル誘致を推進している。奈良県 フレッシュアイペディアより)

439件中 71 - 80件表示

「奈良のできごと」のニューストピックワード