前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た山中伸弥

    またバイオサイエンスでは2012年のノーベル生理学・医学賞受賞者である山中伸弥が京都大学に移籍する前に在籍、初めて自分の研究室を持ちiPS細胞の研究を開始、人生の決定的な転機となったところである。一番弟子の高橋和利らに出会ったのもここである。山中が研究に使用した機材は今も保管されている。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た高橋和利

    またバイオサイエンスでは2012年のノーベル生理学・医学賞受賞者である山中伸弥が京都大学に移籍する前に在籍、初めて自分の研究室を持ちiPS細胞の研究を開始、人生の決定的な転機となったところである。一番弟子の高橋和利らに出会ったのもここである。山中が研究に使用した機材は今も保管されている。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た大阪大学

    1989年5月: 大阪大学に先端科学技術大学院(奈良)の創設準備室及び創設準備委員会を設置。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た京都大学

    またバイオサイエンスでは2012年のノーベル生理学・医学賞受賞者である山中伸弥が京都大学に移籍する前に在籍、初めて自分の研究室を持ちiPS細胞の研究を開始、人生の決定的な転機となったところである。一番弟子の高橋和利らに出会ったのもここである。山中が研究に使用した機材は今も保管されている。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見たマサチューセッツ工科大学

    日本国内では最初に全学共同利用分散コンピュータネットワークである「曼陀羅(Mandara)」の運用を開始した。同様の全学規模のプロジェクトしては、マサチューセッツ工科大学の「アテナプロジェクト」が上げられる。当時としては、最先端のグラフィックスワークステーション100台規模の学内LANによって基盤ネットワークが構築された。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た国立大学法人

    2004年4月: 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学を設立。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た自然言語処理

    NAISTでなされた自然言語処理の研究およびソフトウェア開発は、多くの他のプロジェクトで使われている。例として、日本語の分かち書き解析ソフトである、ChaSenは本学の松本研究室で開発された。このソフト及びフリーソフトであるKakashiによって、日本語コーパスのデータベース化が促進され、フリーソフトであるNamazuや日立基礎研究所及び国立情報学研究所らのチームによる、連想検索システムGETA(Namazuに下駄を履かせるに由来)が開発された。その後、GETAの開発に基づき、現在の国立情報学研究所におけるWeb検索サービスが構築され現在に至る。さらに、ChaSenの後継であるMeCab、および係り受け解析器のCaboChaも松本研究室(当時)の工藤拓によって開発されたものである。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た大学院大学

    関西文化学術研究都市の中核。第一線の教授陣と最先端研究に資する充実した設備、既存の学部概念を取り払った柔軟な教育・研究体制が特徴。国家戦略「科学技術立国」を目的に、大学院に特化した研究教育機関、国立理工系大学院大学として設置。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た国立情報学研究所

    NAISTでなされた自然言語処理の研究およびソフトウェア開発は、多くの他のプロジェクトで使われている。例として、日本語の分かち書き解析ソフトである、ChaSenは本学の松本研究室で開発された。このソフト及びフリーソフトであるKakashiによって、日本語コーパスのデータベース化が促進され、フリーソフトであるNamazuや日立基礎研究所及び国立情報学研究所らのチームによる、連想検索システムGETA(Namazuに下駄を履かせるに由来)が開発された。その後、GETAの開発に基づき、現在の国立情報学研究所におけるWeb検索サービスが構築され現在に至る。さらに、ChaSenの後継であるMeCab、および係り受け解析器のCaboChaも松本研究室(当時)の工藤拓によって開発されたものである。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良先端科学技術大学院大学

    奈良先端科学技術大学院大学から見た依存文法

    NAISTでなされた自然言語処理の研究およびソフトウェア開発は、多くの他のプロジェクトで使われている。例として、日本語の分かち書き解析ソフトである、ChaSenは本学の松本研究室で開発された。このソフト及びフリーソフトであるKakashiによって、日本語コーパスのデータベース化が促進され、フリーソフトであるNamazuや日立基礎研究所及び国立情報学研究所らのチームによる、連想検索システムGETA(Namazuに下駄を履かせるに由来)が開発された。その後、GETAの開発に基づき、現在の国立情報学研究所におけるWeb検索サービスが構築され現在に至る。さらに、ChaSenの後継であるMeCab、および係り受け解析器のCaboChaも松本研究室(当時)の工藤拓によって開発されたものである。奈良先端科学技術大学院大学 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「奈良先端科学技術大学院大学」のニューストピックワード