前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • 鹿男あをによし

    鹿男あをによしから見た奈良公園奈良公園

    奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。2007年4月10日に幻冬舎より刊行され、2007年夏には第137回直木賞候補にもなった。さらに2008年1月には「2008年本屋大賞」の10作品にノミネートされた。発行部数は当初7万部と発表されていたが、ドラマ化の影響もあり、2009年3月現在では20万部を突破した。2010年4月6日に文庫が刊行された。鹿男あをによし フレッシュアイペディアより)

  • ニホンジカ

    ニホンジカから見た奈良公園奈良公園

    なお、現代の日本における鹿のイメージは奈良公園や厳島神社にいる「神鹿」によるところが多いが、そのイメージは鹿せんべいに群がる愛らしくおとなしい動物というようなものである。また、子供動物園で放し飼いにされている子鹿によるところもある。無論そのイメージは「かわいい」というものである。なお、子鹿は「バンビ」と呼ばれることが多いが、同名の児童文学はオーストリアの作品である。なお、ニホンジカの子供を「バンビ」と呼ぶのは誤用ではないが、「バンビ」はノロジカの子供をモデルにしているために、ニホンジカとは別種であることは理解しておきたい。ニホンジカ フレッシュアイペディアより)

  • 興福寺

    興福寺から見た奈良公園奈良公園

    江戸時代は21000石の朱印を与えられ保護された興福寺だが、慶応4年(1868年)に出された神仏分離令は、全国に廃仏毀釈の嵐を巻き起こし、春日社と一体の信仰が行われていた興福寺は大きな打撃をこうむった。興福寺別当だった一乗院および大乗院の門主は還俗し、それぞれ水谷川家、松園家と名乗った(奈良華族)。子院はすべて廃止、寺領は1871年(明治4年)の上知令で没収され、僧は春日社の神職となった。境内は塀が取り払われ、樹木が植えられて、奈良公園の一部となってしまった。一乗院跡は現在の奈良地方裁判所、大乗院跡は奈良ホテルとなっている。一時は廃寺同然となり、五重塔、三重塔さえ売りに出る始末だった。五重塔は250円(値段には諸説ある)で買い手がつき、買主は塔自体は燃やして金目の金具類だけを取り出そうとしたが、延焼を心配する近隣住民の反対で火を付けるのは取りやめになったという。ただし、五重塔が焼かれなかった理由はそれだけでなく、塔を残しておいた方が観光客の誘致に有利だという意見もあったという。興福寺 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見た奈良公園奈良公園

    木下優樹菜が奈良県の名所の「ならこうえん」と書いた。大桑の珍解答には「よく間違うんですよ。」と寛容だった紳助が容赦なく突っ込むと、木下は「訳があるんですよ。」と言い、「中学校の時に修学旅行で京都、奈良って行ったんですよ。京都に奈良はあるって言う風に覚えてて。」と言って周りを呆れさせた後、紳助に「京都の中に奈良がある(と思っていたのか)!?」と聴かれて肯き、「東京で言うと渋谷みたいなもんで」と付け加えた。クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • 名勝奈良公園

    名勝奈良公園から見た奈良公園奈良公園

    名勝奈良公園 フレッシュアイペディアより)

  • ナラノヤエザクラ

    ナラノヤエザクラから見た奈良公園奈良公園

    奈良県 - 奈良市 - 古都奈良の文化財(平城宮、春日山原始林、興福寺、東大寺、奈良公園ナラノヤエザクラ フレッシュアイペディアより)

  • なら・シルクロード博覧会

    なら・シルクロード博覧会から見た奈良公園奈良公園

    平城宮跡会場以外は奈良公園周辺の会場で行われた。なら・シルクロード博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮通り

    大宮通りから見た奈良公園奈良公園

    登大路(のぼりおおじ)は、奈良県奈良市にある街路。近鉄奈良駅より奈良公園を東西に横断して春日大社に至る。大宮通り フレッシュアイペディアより)

  • 寺院法

    寺院法から見た奈良公園奈良公園

    近代に入ると、法の制定権限は最終的には国家に帰属することとなり、治教権による法に法的な効力が認められなくなり、寺院法ももっぱら統教権に基づく法令が占めるようになる。明治初期の廃仏毀釈や神道国教化政策の影響で仏教・神道ともに大きな影響を受ける。明治4年(1871年)、地租改正の前提として全ての免税地が廃せられ、それを口実に寺院領が国家に収公された(興福寺の現在の敷地が奈良公園の中にある体裁になっているのは、興福寺の境内を収公してこれを潰して跡地を公園化する政策(後に中止)の名残である)。また、同年神道を国家の祭祀として社家の廃絶が決定され、神官は国家が任命するものとされた。だが、寺社側からの反発もあり、神祇官の職掌は神祇省、教部省を経て内務省の管轄下に移行された。明治17年(1884年)、国家によって任命されていた教導職が廃止され、国家による統制を条件に宗派による内部自治が許容され、それに対応した本末制度の改革が行われた(明治17年8月11日太政官布達第19号)。続いて大日本帝国憲法では制限付ながら「信教の自由」が掲げられた。その後、仏教各派は宗教法制の整備と国家に収公された境内敷地の返還を求める運動を起こした。昭和14年(1939年)に定められた宗教団体法(法律77号)は、戦時体制強化のための宗教統制のための法規であったが、その一方で寺院に初めて法人格を認めたという意味では画期的であった。一方、神社においては国家神道が推進され、昭和15年(1940年)に神祇院が設置された。昭和20年(1945年)に宗教団体法に代わって宗教法人令(昭和20年勅令719号)が出され、翌年政府機関から自立した神社本庁も設置された。更に日本国憲法では政教分離と信教の自由が掲げられた。昭和26年(1951年)には日本国憲法に基づく現在の宗教法人法(昭和26年法律126号)が出され、現在の宗教行政の基本法となっている。寺院法 フレッシュアイペディアより)

  • 中村直三

    中村直三から見た奈良公園奈良公園

    中村直三農功之碑 - 奈良市・奈良公園中村直三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示

「奈良公園」のニューストピックワード