64件中 31 - 40件表示
  • 奈良女子大学附属中等教育学校

    奈良女子大学附属中等教育学校から見た奈良公園奈良公園

    2001年に完成(2002年4月より使用を開始)した総合教育棟(通称 新館)では、コンピューター、情報、国際などの様々な機器や資料が備えられている。多目的ライブラリーや生協食堂・購買、多目的ホール、ゼミ室・マルチメディア語学教室などがある。近くに奈良公園があるため、以前は時折校内に鹿が迷い込むことがあった。しかし、子供を標的とした犯罪を防ぐため門の戸締りや柵の補修が徹底された結果、近年そのような迷い込みは稀なものとなっている。正門付近には鹿が入るので門を閉めるように促す旨の看板がある。奈良女子大学附属中等教育学校 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良ホテル

    奈良ホテルから見た奈良公園奈良公園

    春日大社一の鳥居前から天理方面へ向かう国道169号(天理街道)沿いにある、荒池と呼ばれる農業用灌漑池の畔、かつては興福寺の塔頭である大乗院が所在した跡地の小高い丘に建っており、興福寺、春日大社、奈良公園などの観光地にも近い。奈良ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 鹿せんべい

    鹿せんべいから見た奈良公園奈良公園

    鹿せんべい(しかせんべい)は、奈良市の奈良公園周辺に生息している野生の鹿へ観光客が与えるために販売されている餌である。奈良の鹿愛護会が製造販売している餌で、同会の登録商標となっている。公式のせんべいは鹿のマークが入った証紙でせんべいを束ねているが、一部で非公式の鹿せんべいも販売されており、これらは無地の紙でせんべいが束ねられている。公式の鹿せんべいの売上金は同会の活動資金になっている。鹿せんべい フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通

    奈良交通から見た奈良公園奈良公園

    奈良公園内の東大寺・大仏殿、春日大社、興福寺の3ヶ所を中心に若草山を追加したものなどいくつかの種類がある。いずれも 3,4時間の半日コースである。奈良交通 フレッシュアイペディアより)

  • 月ヶ瀬梅林

    月ヶ瀬梅林から見た奈良公園奈良公園

    以上の努力の結果により、1922年、当時の内務省は日本国が指定する初めての名勝に奈良公園、兼六園とともに「月瀬梅林」を指定した。月ヶ瀬梅林 フレッシュアイペディアより)

  • 阪奈道路

    阪奈道路から見た奈良公園奈良公園

    国道1号終点・国道2号起点・国道25号終点・国道26号起点・国道176号終点として有名な、JR大阪駅前の梅田新道交点から国道1号京都市方面へ東進すると、道なりにカーブは存在するものの、交差点の右左折を一度もすることなく、近鉄奈良駅や奈良県庁前や奈良公園と言った奈良市街に達することができる。一方、奈良市から大阪市を目指す場合には、左折1回のみで梅田新道交差点に達することができる。阪奈道路 フレッシュアイペディアより)

  • 土倉庄三郎

    土倉庄三郎から見た奈良公園奈良公園

    林業家としては吉野郡内で九千町歩の山林経営い、伝来の山林培法によって造林に努める。明治20年(1887年)から同30年(1897年)にかけては静岡県天竜川流域、群馬県伊香保、兵庫県但馬地方、滋賀県西浅井町や台湾でも造林事業を行った。また奈良公園の森林改良にも携わる。このような功績から還暦には山縣有朋から「樹喜王」の祝号を贈られている。土倉庄三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄3220系電車

    近鉄3220系電車から見た奈良公園奈良公園

    3222Fと3223Fは、京都市営地下鉄烏丸線から近鉄奈良駅までの直通急行の運転開始を記念し、京都・奈良への観光客誘致を兼ねてラッピングを施して登場した。国際会館・京都・大阪難波側から先頭(ク3720形)、3両目(モ3620形)、5両目(モ3220形)にはピンク色の下地に「KYOTO」の文字と、京都に関係のある絵(金閣、清水の舞台、舞妓、祇園祭など)が入り、2両目(モ3820形)、4両目(サ3520形)、最後尾(ク3120形)には薄緑色の下地に「NARA」の文字と奈良に関する絵(東大寺大仏殿、薬師寺、奈良公園の鹿など)が入っている。ただし、3222Fは2011年4月にラッピングが撤去され、シリーズ21標準塗装に戻った。3223Fは2011年7月にラッピングが撤去され、シリーズ21標準塗装に戻った。。近鉄3220系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄12400系電車

    近鉄12400系電車から見た奈良公園奈良公園

    デッキと客室の仕切りには「奈良大和路」(長谷寺のぼたん、奈良興福寺の五重塔、奈良の鹿、吉野の桜)・「伊勢志摩」(伊勢神宮内宮正殿、大王埼灯台、はまゆう)のイラストがプリントされている。デッキとの仕切りドアは、ブロンズカラーの全面強化ガラスとなり、こげ茶色の横縞模様を入れた。近鉄12400系電車 フレッシュアイペディアより)

  • なら燈花会

    なら燈花会から見た奈良公園奈良公園

    なら燈花会(ならとうかえ)は、1999年から毎年8月上旬(10日間)に、奈良市内(奈良公園一帯)で開催される、ろうそくを使用した行事。燈花とは、灯心の先に形成される花の形をしたろうの塊のことで、仏教においてこれを縁起の良いものとすることに由来して「燈花会」と命名されている。期間中は世界遺産に囲まれた奈良公園一面にろうそくを並べ、幻想的かつ神秘的な雰囲気が演出され、奈良における夏の風物詩として定着した。当初のろうそく使用本数は一日当たり約1万本だったが、年々増加し、2007年には約2万本を使用。開催エリアは下記であるが、奈良市内の各自治会や商店街がこの期間独自で燈花会を開催することがあり、2007年は計20カ所に及ぶこととなった。なら燈花会 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「奈良公園」のニューストピックワード