84件中 31 - 40件表示
  • イチイガシ

    イチイガシから見た奈良公園奈良公園

    本州(関東以西の太平洋側)・四国・九州・済州島・台湾・中国に分布する。神社に植栽されることが多く、特に奈良公園で多く見られる。イチイガシ フレッシュアイペディアより)

  • なら燈花会

    なら燈花会から見た奈良公園奈良公園

    なら燈花会(ならとうかえ)は、1999年から毎年8月上旬(10日間)に、奈良市内(奈良公園一帯)で開催される、ろうそくを使用した行事。燈花とは、灯心の先に形成される花の形をしたろうの塊のことで、仏教においてこれを縁起の良いものとすることに由来して「燈花会」と命名されている。期間中は世界遺産に囲まれた奈良公園一面にろうそくを並べ、幻想的かつ神秘的な雰囲気が演出され、奈良における夏の風物詩として定着した。当初のろうそく使用本数は一日当たり約1万本だったが、年々増加し、2007年には約2万本を使用。開催エリアは下記であるが、奈良市内の各自治会や商店街がこの期間独自で燈花会を開催することがあり、2007年は計20カ所に及ぶこととなった。なら燈花会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマビル

    ヤマビルから見た奈良公園奈良公園

    しかしそれ以上に、吸血対象となる大型ほ乳類の生息域に依存していて、ときには、開けたところやちょっとした藪でも遭遇することがある。人里ではあるが、奈良公園の春日神社などには多く、ときおり藪に潜り込んだカップルが血を流しながらあわてて飛び出すのが見られたという。ヤマビル フレッシュアイペディアより)

  • 堺県

    堺県から見た奈良公園奈良公園

    第2代知事には税所篤が就任し、明治4年に堺県令となった。明治9年の第2次府県統合により奈良県を編入。県師範学校・医学校・病院・女紅場(女学校)・堺版教科書の発行など教育行政や、堺灯台の建造など港湾改修、紡績所・レンガ工場の建設、堺博覧会など商工業振興のほか、浜寺公園、大浜公園、奈良公園の開設など、先進的に県政が進んだ。堺県 フレッシュアイペディアより)

  • 餌付け

    餌付けから見た奈良公園奈良公園

    自然公園等において、餌付けによって動物を呼び、観光にする例もある。古くは奈良公園でもシカに鹿煎餅をやっている。上記のようなサルの餌付けの地も観光に転用された例があり、他でも餌付けによって集めたサルを観光の対象とする地が各地に現われた。餌付け フレッシュアイペディアより)

  • 南都八景

    南都八景から見た奈良公園奈良公園

    春日野鹿 - 春日野(かすがの)周辺に遊ぶ鹿。春日野を含む 奈良公園 周辺に約1400頭の鹿が生息している。公園内に鹿園があり、角切りが年中行事として10月に行われている。また12月には鹿寄せも行われる。南都八景 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良の鹿

    奈良の鹿から見た奈良公園奈良公園

    thumb|奈良公園で撮影奈良の鹿(ならのしか)は、奈良県奈良市にある奈良公園とその周囲・山間部に生息するシカ(偶蹄目シカ科シカ属ニホンジカ亜種)。出産直後は3000g前後、成獣で雄鹿は60から100kg、雌は40から60kgになる。角は雄鹿だけで毎年生え代わり、生後1年で1本角を1対、成獣では3つに枝分かれした立派な角を1対もつ。1957年(昭和32年)に奈良市一円の鹿が、「奈良のシカ」として国の天然記念物に指定されている野生動物であり、所有者はいない。鹿と人との関係には長い歴史の変遷がある。奈良の鹿 フレッシュアイペディアより)

  • 食害

    食害から見た奈良公園奈良公園

    シカ - ニホンジカが植林された木々の表皮を食害することで枯死に至らしめる。ただし、奈良県の奈良公園のシカは天然記念物に指定されているため駆除が難しい。えびの高原では天然記念物に指定されているノカイドウをシカによる食害から守るため、稚樹にヘキサチューブと呼ばれる六角形の半透明プラスチックカバーが掛けられている。食害 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺バスセンター

    法隆寺バスセンターから見た奈良公園奈良公園

    国道25号沿いに設置されており、世界遺産で知られる法隆寺の最寄バス停の一つ。奈良公園、西ノ京、大和郡山、王寺駅、筒井駅、法隆寺駅等各方面へのバスが発着し、鉄道の駅からやや遠い斑鳩・法隆寺地域における観光・交通の拠点となっている。1、2番のりばの隣にはレンタサイクルとタクシー乗り場があり、3番のりば隣には法隆寺iセンター(斑鳩の里観光案内所)がある。法隆寺バスセンター フレッシュアイペディアより)

  • 千葉クロスカントリー大会

    千葉クロスカントリー大会から見た奈良公園奈良公園

    前身は1962年に創設されて1965年までの間、例年1月に千葉市検見川および習志野市の会場で開催されていた全国断郊競走大会である。1966年に全日本クロスカントリー大会へ改組となり、第1回大会が2月に奈良公園を会場として開催された。翌年以降は隔年交替で東京大学検見川総合運動場と奈良公園が会場として使用された。1987年の第22回大会以降は日本人選手に加えて外国人選手が招待されるようになり、会場も奈良公園と検見川総合運動場に替えて昭和の森公園へと変更された。1989年第24回大会から千葉国際クロスカントリー大会へと改称された。千葉クロスカントリー大会 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「奈良公園」のニューストピックワード