奈良南部のできごと ニュース&Wiki etc.

吉野(よしの)は、大和国南部(現在の奈良県南部)一帯を指す地名である。特に吉野山から大峰山にかけての山岳地帯をいう。狩りに適した良い野という意味である。吉野は口吉野と奥吉野に分かれる。奥吉野は山々が連なる山岳地帯で、古くは大峰とよばれ、厳密には吉野に含まれなかった。大峰の山々は熊野まで連なる。大峰への道は修験者によって、… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「吉野」のつながり調べ

  • 蔵王権現

    蔵王権現から見た吉野

    蔵王権現は、役小角が、吉野の金峯山で修行中に示現したという伝承がある。釈迦如来、千手観音、弥勒菩薩の三尊の合体したものとされ、今でも吉野山の蔵王堂には互いにほとんど同じ姿をした三体の蔵王権現像が並んで本尊として祀られている。(蔵王権現 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野行宮

    吉野行宮から見た吉野

    延元元年/建武3年(1336年)の暮、足利尊氏の京都占領によって建武政権が崩壊(建武の乱)し、幽閉されていた後醍醐天皇が京都を脱出して穴生(賀名生)を経由して吉野吉水院に入り、数日後に近くの金峯山寺の塔頭・実城寺を「金輪王寺」と改名して行宮と定めた。これが吉野行宮である。(吉野行宮 フレッシュアイペディアより)

「吉野」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード