前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
317件中 1 - 10件表示
  • 天武天皇

    天武天皇から見た吉野吉野

    天皇の仏教保護も手厚いものがあった。即位前には出家して吉野に退いた経歴を持つ。即位後、2年(673年)3月に川原寺で一切経書写の事業を起こした。5年(676年)には使者を全国に派遣して『金光明経』と『仁王経』を説かせ、8年(679年)には倭京の24寺と宮中で『金光明経』を説かせた。『金光明経』は、国王が天の子であり、生まれたときから守護され、人民を統治する資格を得ていると記すもので、天照大神の裔による現人神思想と軌を一にするものであった。本人・家族の救済ではなく、護国を目的とした事業である。天武天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 井上士朗

    井上士朗から見た吉野吉野

    寛政5年(1793年)3月、騏六を従えて暁台の墓参に上京し、吉野を回って帰り、『桜日記』を刊行した。寛政6年(1794年)秋頃金華山に行き、寛政7年(1795年)9月には三河国大樹寺、滝山寺、遠江国有玉村、近江国大津、粟津、竜が丘俳人墓地を巡った。寛政9年(1797年)夏、丈芝坊白居からの奥羽行の誘いを断り、羅城を見送った。秋、伊予国松山の栗山樗堂を訪れたという。寛政11年(1799年)3月30日、吉野を巡り、西行の足跡を辿る。井上士朗 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和歌子

    佐藤和歌子から見た吉野吉野

    「十年前も夢見桜を探して吉野中を歩いた――角川春樹が行く「吉野」―案内随行記―」(『ランティエ』2005年5月号)佐藤和歌子 フレッシュアイペディアより)

  • 大和の古道

    大和の古道から見た吉野吉野

    中ツ道は、上ツ道と下ツ道の間約2.1kmの所を平行して通り、橿原市の天香具山北麓から奈良市北之庄町に至る直線道である。道筋は現在の奈良県道51号天理環状線と概ね合致・平行している。南は藤原京の東京極をなし、北ではのちの平城京の東京極となった。更に南は香具山を迂回し橘寺へ至るため、近世は橘街道と呼ばれた。中ツ道また飛鳥の中心部を通っている。南の延長線上に「ミハ山」があり、『万葉集』 (13-3230) にも詠まれている。その「ミワ山」が「神名火山」で、「神岳」である吉野に通ずる道しるべであるかも知れない。更に南下すれば芋峠を経て吉野に至る。近江朝廷を脱出した大海人皇子は、この中ッ道を通って吉野の嶋宮に入ったと推測されている。大和の古道 フレッシュアイペディアより)

  • 岩橋山

    岩橋山から見た吉野吉野

    岩橋山は、明神山や二上山、葛城山や金剛山などとともに金剛山地を構成している峰の一つであり、大阪府山岳連盟が制定した大阪50山に入っている。場所は竹ノ内峠の南にあり、山頂は大阪府南河内郡河南町と奈良県葛城市にまたがっている。府県境上を縦走するように走るダイヤモンドトレールが、山頂を通過している為、二上山や葛城山と合わせて縦走する人も多い。役行者が、地元の御所市に鎮座する一言主神をはじめとする、日本の神々に命じて、奈良県の吉野地方にある金峰山まで、岩の橋を架けようとしたという伝説が伝えられている事から、岩橋山という名前がついたとされている。岩橋山 フレッシュアイペディアより)

  • 明徳の和約

    明徳の和約から見た吉野吉野

    この和約に従って同年閏10月5日(ユリウス暦1392年11月19日)、南朝の後亀山天皇が吉野から京都に帰還して、北朝の後小松天皇に三種の神器を譲って退位して南北朝の合一が図られた。これによって、建武3年(1336年)以来の朝廷の分裂状態が終了した。明徳の和約 フレッシュアイペディアより)

  • 廃太子

    廃太子から見た吉野吉野

    後醍醐天皇の皇子。足利尊氏の計らいで皇太子に立てられるが、まもなく後醍醐が京都から吉野に逃れて南北朝の分立が明確になると廃太子となった。廃太子 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室長翁

    氷室長翁から見た吉野吉野

    天保14年(1843年)京都で景樹が死去すると、遺児景周を世話し、弘化3年(1846年)春嵐山、1846年弘化4年(1847年)秋須磨・明石へ旅行に連れ、『須磨日記』を書かせた。嘉永元年(1848年)には妻と吉野に旅行して『芳野日記』を著し、嵐山・吉野の桜と高雄の楓を庭に植え、隅に一室を建てて三老居と号した。氷室長翁 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本梅林公園

    岡本梅林公園から見た吉野吉野

    「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われている事で有名である。岡本梅林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大和野菜

    大和野菜から見た吉野吉野

    吉野や宇陀市、五條市、田原本町などで現在も生産され「自然薯(じねんじょ)」「やまいも」「つくね芋」「長芋」等の名で地方青果市場や農産物直売所に流通するイモは「仏掌薯(つくねいも)」であると考えられる。(ギャラリー写真参照)大和野菜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
317件中 1 - 10件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード