317件中 91 - 100件表示
  • 雲龍 (笛奏者)

    雲龍 (笛奏者)から見た吉野吉野

    鞍馬、出雲、吉野、富士山、高千穂など様々な場所で笛を演奏している。雲龍 (笛奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 3600

    3600から見た吉野吉野

    熊野三千六百峰:南近畿、特に吉野と熊野の山地の呼称。森林が生い茂り、山が広く険しい為にこう呼ばれて来た。3600 フレッシュアイペディアより)

  • 五條順教

    五條順教から見た吉野吉野

    大正15年、東南院住職、五條覚澄の長男として吉野に生まれる。旧制五條中学校を経て旧制京都第三中学校に転校。出征して復員後に叡山学院に入学。箱崎文應から四度加行を受ける。叡山学院を卒業後に大正大学文学部史学科に編入、書道部部長になる。五條順教 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸朝廷

    北陸朝廷から見た吉野吉野

    湊川の戦い後、比叡山に逃れた後醍醐天皇は京に入った足利尊氏との間で和議の交渉を進めていた。これに危機感を抱いた新田義貞・脇屋義助は恒良親王・尊良親王を奉戴して1336年(南朝:延元元年、北朝:建武3年)10月に北陸へ落ちて行った。後醍醐天皇はこの時期に多くの皇子を下向させており、恒良・尊良の下向もこの計画のひとつである。『太平記』巻17には、恒良親王に皇位を譲ったとの記述がある(ただし、後醍醐天皇は尊氏との和議を成立させて比叡山を降り、後に京を脱出して吉野において南朝を開いたことで、皇位は無意味化される)。北陸朝廷 フレッシュアイペディアより)

  • 花山院

    花山院から見た吉野吉野

    その後、三条天皇皇后の藤原娍子とその子敦儀親王らが入ったが、1014年(長和3年)に火災で焼失した。その後、再建されて藤原頼通から師実に継承されて後冷泉天皇皇后の藤原寛子が居住したが、後に師実が改築して同母兄の藤原定綱に譲り、定綱はこれを師実の子で自分の娘婿でもあった藤原家忠に譲った。家忠は「花山院」と号し、その子孫は花山院流と呼ばれて、その宗家である花山院家が代々花山院を領した。建武の新政の崩壊後、後醍醐天皇が足利尊氏によって花山院に幽閉された後、壊れた築地から秘かに脱出して吉野に向かったことが、『太平記』などに書かれている。花山院 フレッシュアイペディアより)

  • 番茶

    番茶から見た吉野吉野

    吉野の日干(にっかん)番茶番茶 フレッシュアイペディアより)

  • 石山寺

    石山寺から見た吉野吉野

    『石山寺縁起絵巻』によれば、聖武天皇の発願により、天平19年(747年)、良弁(東大寺開山・別当)が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのがはじまりとされている。聖武天皇は東大寺大仏の造立にあたり、像の表面に鍍金(金メッキ)を施すために大量の黄金を必要としていた。そこで良弁に命じて、黄金が得られるよう、吉野の金峰山に祈らせた。金峯山はその名の通り、「金の山」と信じられていたようである。そうしたところ、良弁の夢に吉野の金剛蔵王(蔵王権現)が現われ、こう告げた。「金峯山の黄金は、(56億7千万年後に)弥勒菩薩がこの世に現われた時に地を黄金で覆うために用いるものである(だから大仏鍍金のために使うことはできない)。近江国志賀郡の湖水の南に観音菩薩の現われたまう土地がある。そこへ行って祈るがよい」。夢のお告げにしたがって石山の地を訪れた良弁は、比良明神(≒白鬚明神)の化身である老人に導かれ、巨大な岩の上に聖徳太子念持仏の6寸の金銅如意輪観音像を安置し、草庵を建てた。そして程なく(実際にはその2年後に)陸奥国から黄金が産出され、元号を天平勝宝と改めた。こうして良弁の修法は霊験あらたかなること立証できたわけだが、如意輪観音像がどうしたことか岩山から離れなくなってしまった。やむなく、如意輪観音像を覆うように堂を建てたのが石山寺の草創という。(その他資料としては『元亨釈書』 や、後代だが宝永2年(1705年)の白鬚大明神縁起絵巻がある。)石山寺 フレッシュアイペディアより)

  • 良泰親王

    良泰親王から見た吉野吉野

    南北朝合一の際、北朝側は後亀山上皇の皇子を後小松天皇の皇太子とする約束をしたたが、後小松天皇は実際には南朝側に皇位を継がせることを快く思っていなかった。そのため、応永17年(1410年)、後亀山上皇、良泰親王らは吉野に逃亡する。その理由としては経済的理由を自ら挙げているが、後小松天皇をはじめとする北朝側を牽制する目的があったのではないかという説がある。良泰親王 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉宮

    小倉宮から見た吉野吉野

    足利義満がまとめた南北朝合一のさい、南朝の後亀山天皇の子である恒敦を後小松天皇の皇太子とする約束であったが、南朝系の天皇誕生を嫌う後小松天皇の思惑により、応永19年(1412年)8月、称光天皇が践祚する。それより以前にこの動きを察知していた後亀山上皇と恒敦は、応永17年(1410年)吉野に経済的困窮を理由として逃亡するが、本当は後小松天皇をはじめとする北朝側を牽制する目的があったのではないかとされる。しかし、この行動は結局何の意味もなさず、応永23年(1416年)に後亀山上皇は室町幕府の要請で京に帰還する。が、このときに恒敦は父に同行しておらず、この後も吉野でさらに抵抗を続けたと言われる。その後、恒敦は応永29年(1422年)7月15日に父に先立って亡くなる。小倉宮 フレッシュアイペディアより)

  • 和珥部君手

    和珥部君手から見た吉野吉野

    壬申の乱において、君手は舎人として大海人皇子に仕えたと考えられており、大海人皇子が挙兵を決断したとき、君手は吉野にいた皇子のそばにいた。皇子自身か行動をおこす2日前、6月22日に、和珥部君手は村国男依、身毛広と3人で美濃国に先行するよう命じられた。彼らの任務は、安八磨郡(安八郡)の湯沐令多品治に連絡し、まずこの郡を挙兵させることであった。彼らは無事にその任を果たし、美濃の兵3千が大海人皇子のために不破道を塞いだ。和珥部君手 フレッシュアイペディアより)

317件中 91 - 100件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード