317件中 101 - 110件表示
  • カッパの飼い方

    カッパの飼い方から見た吉野吉野

    主人公。かぁたんの飼い主。サラリーマンの独身男性で東京のアパートに居住。奈良県の山奥(奥吉野)で生まれ育った。坂本さんに好意を抱いている。カッパの飼い方 フレッシュアイペディアより)

  • 671年

    671年から見た吉野吉野

    11月23日 (天智天皇10年10月17日) - 大海人皇子が吉野に退隠671年 フレッシュアイペディアより)

  • トロと旅する

    トロと旅するから見た吉野吉野

    奈良・吉野(12月11日〜15日)トロと旅する フレッシュアイペディアより)

  • 大覚寺統

    大覚寺統から見た吉野吉野

    建武の新政により、一時は皇統が大覚寺統(後醍醐天皇系)に統一されたかに見えたが、2年半にして崩壊。吉野に逃れた大覚寺統の天皇(南朝)と、足利尊氏に擁立された持明院統の天皇(北朝)の対立時代=南北朝時代となる(以後の詳細は南朝の項目を併せて参照のこと)。大覚寺統 フレッシュアイペディアより)

  • 実孝

    実孝から見た吉野吉野

    天文22年(1553年)1月26日没。享年59。没するまで長らく吉野地方の門徒の指導・統制に尽力した。死後、本善寺の住持は長男証祐が継承したが翌天文23年(1554年)に18歳で早世し、実孝の血統は断絶した。その為、本善寺は娘婿であり実孝が生前より目をかけていた証珍(実従2男)が継承することになった。実孝 フレッシュアイペディアより)

  • 義昭

    義昭から見た吉野吉野

    翌月には義昭が吉野で還俗して挙兵したという情報が入り、翌永享10年(1438年)3月には大和国に討伐軍が派遣されて、9月には吉野で反抗していた大覚寺の僧侶と山名氏旧臣が討たれた。これを「大覚寺義昭の乱」と呼ぶこともあるが、実際のところは一連の騒動の期間に義昭が吉野に滞在していた証拠も、挙兵の中に義昭当人がいたことも、それを確認できる文献は存在せず、風説が独り歩きしたことも考えられる。その後の義昭の行動にも、すくなくとも鎌倉公方との関係を示唆する史料は残されていない。義昭 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮貞泰

    宇都宮貞泰から見た吉野吉野

    南北朝時代当初は北朝方であり、四国の宮方(南朝)の得能通宗、忽那重清、土居通増らと戦う。だが、後醍醐天皇の第11皇子・懐良親王が征西大将軍に任命され九州を目指して吉野を出立し、瀬戸内海の海賊衆である熊野水軍の援助を得て、伊予忽那島(現愛媛県松山市 - 旧中島町)へ渡った際、暫く喜多の貞泰の館に滞在した。これを踏まえると、当初は北朝方であった貞泰が、この頃には宮方に変わっていたことになる。宇都宮貞泰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯子麻呂

    佐伯子麻呂から見た吉野吉野

    同年11月には中大兄皇子に命じられて、阿倍渠曽倍とともに40人の兵士を率いて、入鹿暗殺後に出家して吉野に隠棲していた古人大兄皇子を攻撃して、皇子とその子息を殺害したともされる。佐伯子麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 坊門清忠

    坊門清忠から見た吉野吉野

    尊氏の京都奪回に伴い、12月に後醍醐は吉野に潜幸して南朝(吉野朝廷)を樹立したが、延元2年/建武4年(1337年)3月頃に清忠はこれを追って吉野入りし、南朝政権の一角を占めたようである。坊門清忠 フレッシュアイペディアより)

  • 北条時輔

    北条時輔から見た吉野吉野

    一方で時輔生存説もあり、『興福寺略年代記』には「誅されるも、逐電」したと記し、『保暦間記』は、「天誅されるが、京都を脱出して吉野へ逃れて行方知れずになった」と記している。また勘仲記には、1274年、文永の役のさなか、その混乱に乗じて時輔が時宗の叔父時定と結託して鎌倉へ侵攻しようとしているという風聞が流れたという記述がある。弘安7年(1284年)に時輔父子を捕縛するよう命ずる関東御教書が発給されている。時輔の子供は父の死後も諸国を流浪していたとみられ、時宗の死から6年後の正応3年(1290年)11月に次男とされる人物が三浦頼盛と謀反を共謀したとして六波羅探題に捕縛され、拷問を受けて斬首された。名は伝えられていない。長男については消息不明のままである。『系図纂要』には、時輔の子として時朝(ときとも、常陸前司)という名がある。北条時輔 フレッシュアイペディアより)

317件中 101 - 110件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード