317件中 11 - 20件表示
  • 奈良県

    奈良県から見た吉野吉野

    県内の地区を北和、中和、西和、宇陀(東和)、吉野(南和)などと区分されることもあるが、それぞれの境界線は曖昧であり、近年は単に中央構造線によって北部、南部と表記されることも多い。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 後醍醐天皇

    後醍醐天皇から見た吉野吉野

    後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての第96代天皇にして、南朝の初代天皇(在位:文保2年2月26日(1318年3月29日) - 延元4年/暦応2年8月15日(1339年9月18日))。ただし、以下で記述するとおり、歴史的事実としては在位途中に2度の廃位と譲位を経ている。諱は尊治(たかはる)。鎌倉幕府を倒して建武新政を実施したものの、間もなく足利尊氏の離反に遭ったために大和吉野へ入り、南朝政権(吉野朝廷)を樹立した。後醍醐天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 日本書紀

    日本書紀から見た吉野吉野

    吉野の猟と宍人部の貢上日本書紀 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄特急

    近鉄特急から見た吉野吉野

    大阪、名古屋の2大都市をはじめ、四日市、津、橿原等の地方都市、京都、奈良、飛鳥、吉野、伊勢志摩等の観光地に路線網を張る近畿日本鉄道は、路線の大半で座席指定の有料特急を運行し、都市間輸送、レジャー輸送、通勤輸送、観光輸送など様々なニーズに対応した特急運用を行なっている。近鉄特急 フレッシュアイペディアより)

  • 14世紀

    14世紀から見た吉野吉野

    後醍醐天皇の討幕運動に足利尊氏・新田義貞ら有力御家人が参入した結果鎌倉幕府は滅亡し、後醍醐天皇は建武の新政と呼ばれる天皇親政を開始する。新政は天皇が中華皇帝的な専制統治を行う方向性を志向しており、唐突な改革による混乱と恩賞のあり方などが武士のみならず公家の不満を招き、離反した尊氏が京都に室町幕府を開いて北朝を立て、吉野に逃れた後醍醐天皇の南朝と対立する(南北朝時代)。14世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 木の子 (妖怪)

    木の子 (妖怪)から見た吉野吉野

    奈良県の吉野地方や兵庫県の山間部や森の中にいるという妖怪で、同じく山にいる妖怪である山童の一種。木の子 (妖怪) フレッシュアイペディアより)

  • 建武年中行事

    建武年中行事から見た吉野吉野

    建武年中行事(けんむねんちゅうぎょうじ)は、後醍醐天皇によって書かれた有職故実書、全3巻。建武元年(1334年)成立とされるが、天皇が吉野へ逃れた延元2年(1337年)成立説(木藤才蔵説)もある。仮名年中行事・和字年中行事など多くの異名がある。建武年中行事 フレッシュアイペディアより)

  • 芳野

    芳野から見た吉野吉野

    吉野 - 奈良県南部の地域。雅称として芳野と呼んだ。芳野 フレッシュアイペディアより)

  • 真興 (僧)

    真興 (僧)から見た吉野吉野

    興福寺仲算(ちゅうざん)に法相教学を学び、のち吉野の仁賀(にんが)から密教の法を受けた。初め壺坂寺に、その後子嶋寺に住して寺内に観覚寺を創建し、東密子島流を開いた。1003年(長保5年)興福寺維摩会の講師をつとめ、翌1004年(長保6年)この功により権律師に任じられたが真興はこれを辞退している。この間、一条天皇の病気平癒を祈願し、子島寺両界曼荼羅図を賜ったという。寛弘元年(1004年)に御斎会の講師を務めて権少僧都に補されたが、同年5月23日に71歳で入滅した。真興 (僧) フレッシュアイペディアより)

  • 延元

    延元から見た吉野吉野

    後醍醐天皇が京都を脱出して吉野に南朝を開く。延元 フレッシュアイペディアより)

317件中 11 - 20件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード