245件中 21 - 30件表示
  • 大伴馬来田

    大伴馬来田から見た吉野吉野

    6月24日に大海人皇子が挙兵を決意して行動を起こすと、馬来田らは大海人皇子に味方することを決めた。吹負は大和に残って同志を募り、馬来田はまず吉野宮に行った。しかし大海人皇子は去った後で、馬来田は黄書大伴とともに皇子を追い、その日のうちに莬田(大和国宇陀郡)の吾城で追いついた。黄書大伴はこの日に倭京(飛鳥の古都)に使者にたって戻るところで、どの時点で馬来田と会ったかは『日本書紀』に明記されないが、大伴兄弟に事を知らせた当人である可能性が高い。大伴馬来田 フレッシュアイペディアより)

  • 二条師基

    二条師基から見た吉野吉野

    和睦成立後、比叡山にいた官軍の大部分は、後醍醐天皇と共に京都へ帰る者と、皇太子恒良親王を奉じて新田義貞と共に越前へ下る者とに分かれたが、師基はどちらにも加わらず、中院定平らと共に河内国へ落ちのびた。後醍醐天皇は京都で幽閉されるが、12月21日に脱出に成功し、吉野において朝廷(南朝)を開く。こうして南北朝時代が始まり、師基は翌4年(1337年)1月に吉野朝廷に参内する。二条家は、甥の道平が北朝に、叔父の師基が南朝に仕えたため、両家に分裂した。二条師基 フレッシュアイペディアより)

  • 花町宮邦省親王

    花町宮邦省親王から見た吉野吉野

    時は流れ、建武3年(1336年)、後醍醐天皇の建武政権を破って、持明院統の光明天皇(光厳上皇の弟)を擁立した足利尊氏は、当初は鎌倉幕府の両統迭立の原則を守る事を名目として後醍醐天皇の皇子成良親王を皇太子に擁立するが、間もなく後醍醐天皇が吉野に逃れて南朝を開いたために、成良親王は皇太子を廃されて、代わりに益仁親王(光厳上皇の子、崇光天皇)が皇太子となった。貞和4年/正平3年(1348年)、光明天皇が皇太子に譲位すると知った邦省親王は室町幕府に対して両統迭立の原則に則って次の皇太子に自分を立てるように要望した。だが、幕府執事(後の管領)上杉重能の籌策(計略)によって握り潰された。重能は足利尊氏の弟直義の側近であり、皇統を北朝に一本化しようとする直義の意向を受けたものと考えられている。花町宮邦省親王 フレッシュアイペディアより)

  • 紀北

    紀北から見た吉野吉野

    ただし基本的に、和歌山県と三重県のそれぞれで県土の紀伊国部分の北部を紀北と呼び、県外は考慮しない。紀伊国はU字型をしているため、その北部であっても両県の紀北は接しておらず(間に奈良県吉野がある)、全体を合わせて紀北と呼ぶことはまずない。紀北 フレッシュアイペディアより)

  • 洞院公定

    洞院公定から見た吉野吉野

    暦応3年11月21日叙爵。ところが後に父と不仲となって廃嫡され、替わりに弟の洞院公頼が後継者とされた。ところが、貞治6年(1367年)5月10日に権中納言となっていた公頼が急死、続いて6月1日には実夏も薨去した。実夏は公頼に支障がある場合にはその弟を当主にするように命じていたが、朝廷は幼少を理由に保留、更に公賢が薨去の際に実夏との家督争いに敗れて吉野に奔った公賢の弟(養子)の洞院実守までが京都に帰還して当主に任ぜられるように動いたために洞院家の家督争いが紛糾した。そのため、室町幕府は、応安3年(1370年)頃に将軍足利義満の名で公定に洞院家を継がせて内紛を終結させるように武家執奏を行い、これを受けて応安4年1月19日後光厳天皇によって公定の洞院家門継承の勅裁が下されて洞院家を継ぐことになったのである。洞院公定 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉将軍府

    鎌倉将軍府から見た吉野吉野

    1336年、尊氏は宮方に敗れて九州落ちするが、5月には湊川の戦いで新田・楠木正成らを撃破して再上洛、光明天皇(北朝)を奉じて京都に武家政権を成立させる。後醍醐天皇は吉野へ逃れて朝廷を開く(南朝の成立、南北朝時代の始まり)。鎌倉将軍府 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野物語

    吉野物語から見た吉野吉野

    奈良県吉野で和紙作りに賭けた女の一代記。吉野物語 フレッシュアイペディアより)

  • 芳野

    芳野から見た吉野吉野

    吉野 - 奈良県南部の地域。雅称として芳野と呼んだ。芳野 フレッシュアイペディアより)

  • 大峯奥駈道

    大峯奥駈道から見た吉野吉野

    大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。大峯奥駈道 フレッシュアイペディアより)

  • 城長茂

    城長茂から見た吉野吉野

    頼朝の死後、梶原景時の変で庇護者であった景時が滅ぼされると、1年後に長茂は軍勢を率いて上洛し、京において幕府打倒の兵を挙げる。正治3年(1201年)、軍を率いて景時糾弾の首謀者の1人であった小山朝政の三条東洞院にある屋敷を襲撃した上で、後鳥羽上皇に対して幕府討伐の宣旨を下すように要求したが、宣旨は得られなかった。そして小山朝政ら幕府軍の追討を受け、最期は大和吉野にて討たれた(建仁の乱)。享年50。城長茂 フレッシュアイペディアより)

245件中 21 - 30件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード