317件中 31 - 40件表示
  • 金生山神社

    金生山神社から見た吉野吉野

    明星輪寺の寺伝によれば、明星輪寺は686年(朱鳥元年)、持統天皇の勅命により、役小角が開山。2年後に建立したという。この時役小角が蔵王権現宮を吉野より勧請したと伝承がある。明星輪寺の本尊は虚空蔵菩薩であり、蔵王権現は虚空蔵菩薩の鎮守として祀られたという。別の説では奈良時代中期(750年頃)創建という。金生山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 脇屋義治

    脇屋義治から見た吉野吉野

    建武3年(1336年)、後醍醐天皇が足利尊氏と和議を結び、義貞が恒良親王と尊良親王を奉じて北陸に下ると、父義助と共に越前金ヶ崎城に入る。義治は瓜生氏の杣山城に入り、諸氏への働きかけを行ったまもなく金ヶ崎城は高師泰・斯波高経に包囲される。瓜生保と義治は援軍を組織し救援に向かうが失敗する。義貞、義助兄弟は援軍を組織するために金ヶ崎城から抜け出し、瓜生氏の下に身を寄せる。義貞は援軍を組織し包囲軍に攻撃をかけるが、救援に失敗し、金ヶ崎城は建武4年(1337年)3月6日落城した。同年夏頃に義貞は勢いを盛り返し、斯波高経を越前北部に追い詰めた。翌建武5年(1338年)閏7月2日に義貞が不慮の戦死を遂げると、北陸の宮方の総指揮を義助が執ることとなる。義治は義助と共に北陸経営を行うが、徐々に斯波高経が勢いを盛り返し興国2年(1341年)夏には杣山城が陥落し、越前の宮方は駆逐された。脇屋父子は美濃、尾張と落延び、吉野に入る。脇屋義治 フレッシュアイペディアより)

  • 畿内七道地震

    畿内七道地震から見た吉野吉野

    河角廣(1951)は吉野付近(北緯34.3°、東経136.1°)に震央を仮定し規模MK = 4.3 を与え、マグニチュードは M = 7.0に換算されている。宇佐美龍夫(2003)は震央や規模は不明としている。畿内七道地震 フレッシュアイペディアより)

  • 蘇我安麻呂

    蘇我安麻呂から見た吉野吉野

    天智天皇4年(671年)に天智天皇が病気によって重態となった際、大海人皇子(後の天武天皇)を病床に呼ぶための使者を務める。しかし、安麻呂は以前より大海人皇子と親しくしていたことから、「有意ひて言へ」(よく注意してお話なさいませ)と大海人皇子に忠告した。この安麻呂の一言により、大海人皇子は天智天皇からの譲位の申し出を辞退して出家し、吉野に脱出することができたという。蘇我安麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 関戸峠

    関戸峠から見た吉野吉野

    宇陀市大宇陀栗野(南方)と大宇陀関戸(北方)との間にある高低差は100m程度の緩やかな峠道で、現在は国道370号が通る。全区間2車線道路。峠は北へ流れる宇陀川と南へ流れる津風呂川の分水嶺に位置する。口宇陀盆地と吉野とを結ぶ南北道となっている。関戸峠 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野葛

    吉野葛から見た吉野吉野

    当時、阪神間岡本に住んでいた谷崎は、説経節「葛の葉」に取材し、吉野をたびたび訪れ、吉野を舞台とした「葛の葉」を執筆していたが、これを破棄して、改めて友人・妹尾健太郎をモデルとする「津村」の母恋いを主題として、この「吉野葛」を書いた。随筆風に書かれており、曲亭馬琴の『開巻驚奇侠客伝』の、後南朝自天王の物語を書いてみたいと思っていたという書き出しから、とりとめなく筆は進み、発表当初は失敗作、あるいはただの随筆と見る意見が強かったが、水上滝太郎は高い評価を与えた。はじめは中央公論社の『盲目物語』に併録され、1937年創元社より「潤一郎六部集」の一つとして単行本化された。吉野葛 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢貞行

    伊勢貞行から見た吉野吉野

    応永年間に入ると大御所となった義満は毎年1月4日に貞行の屋敷で風呂に入るようになり、以後は恒例の行事となる。応永8年(1401年)に出家して吉野に隠居する。応永17年(1410年)7月5日に死去。享年53。伊勢貞行 フレッシュアイペディアより)

  • 逢志摩

    逢志摩から見た吉野吉野

    大海人皇子は、6月24日に吉野で行動を起こす際に、倭(大和国)の京の留守司高坂王に使者を遣わし、駅鈴を求めた。このときの使者に、大分恵尺、黄書大伴、逢志摩の3人が選ばれた。皇子は「もし鈴を得られなかったら、志摩はすぐに還って復奏せよ。恵尺は急いで近江(大津京)に行き、高市皇子と大津皇子を連れ出し、伊勢で(私と)会え」と命じた。恵尺らは高坂王のもとにいって駅鈴を求めたが、得られなかった。命令に従い大分恵尺は近江に向かい、逢志摩は大海人皇子のもとに引き返して、「鈴を得ず」と復奏した。逢志摩のその後の行動については、記録がない。逢志摩 フレッシュアイペディアより)

  • 忍坂大摩侶

    忍坂大摩侶から見た吉野吉野

    翌日に高市皇子は書薬と忍坂大麻呂を捕らえたことを大海人皇子に報せた。その言葉によると、尋問された二人は、「吉野にいらっしゃる大皇弟のことで、東国の軍を発するため遣わされた韋那公磐鍬の徒である。しかし磐鍬は兵が起ったのを見て逃げ返った。」と答えたという。忍坂大摩侶 フレッシュアイペディアより)

  • 書智徳

    書智徳から見た吉野吉野

    弘文天皇元年(672年)壬申の乱の勃発時、書智徳は大海人皇子の舎人であり、6月24日に皇子が挙兵を決意して吉野を発った際、草壁皇子・忍壁皇子や20人ほどの他の舎人とともに智徳は皇子に当初から従った。書智徳 フレッシュアイペディアより)

317件中 31 - 40件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード